« ANIME JAPAN FES 2009 “冬の陣” | トップページ | エビナ演芸場を観に行く♪ 2009冬 »

アニメ映画祭り♪ 2009・1月

年明け早々風邪でダウンしてたので映画が溜まってました。(^^ゞ

そんなわけで今回は年明けに観たアニメ映画をまとめてドドッと

紹介♪ レッツ・アニメ!(←造語)

***************************

●ティンカー・ベル

Dscf0040「アニメのキャラが好き」ってのはどうも抵抗

があるんで、今まであまり口にしてませんで

したが・・・ぢつはオイラ、ティンク大好き

今回ついにティンクが主役の映画が登場した

 んで観に行ってきました。(* ̄▽ ̄*)

 もうストラップ欲しさに前売券も買ったくらいの勢いで!(笑)

 いい大人が90分間デレデレしっぱなし! 可愛い~♪ もうね

 いちいち仕草とか表情とか・・・たまんない!!ヾ(@^▽^@)ノ

 お話しは流石ディズニーって感じで、王道ながらちゃんとステキ

 なファンタジーにまとまってました。Dscf0046

 画面の隅までファンタジーに拘ってる

 のがよい! 妖精達が人間界に春を

 届けるシーンなんてかなり圧巻です。

 ステキすぎる~☆

 春夏秋冬・・・四季を通じての4部作になるんだそうなんで、この後

 まだ3回はスクリーンでティンクに会えるにゃ。(* ̄▽ ̄*)

***************************

●WALL・E / ウォーリー

 こちらもディズニーのフルCGアニメ。 ただこっちはピクサー

 の色が強めって感じで、上記のティンクとはまた違ったSF系

 のファンタジー映画です。

Dscf0049 ロボット同士のタル~いラブストーリー程度か

と思いきや、これ意外にも大人が観ても充分に

楽しめますよ♪ 遠まわしに伝えようとしてる

 メッセージもかなり大きい!

 まぁそれを差し置いてもウォーリーはじめ色々なロボット達の

 動きが楽しいこと楽しいこと☆ 1つの命令に忠実ゆえに純粋

 な感じが可愛くてちょっと切なくて・・・。 やんちゃな子供達を

 見てる様でぢつに愛しくなってきちゃいます。(* ̄▽ ̄*)

 女の子ならティンクだけど、男の子向けならがぜんこっちが

 オススメかな? かなりの秀作です♪

***************************

●劇場版 ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂!!

 西洋妖怪の首領・バックベアードとの戦いがDscf0054

 描かれるかなと思ってたら、今回はタイトル

 通り日本妖怪と日本を舞台に戦うお話しで

 した。(^^ゞ それこそ日本全土を舞台にした

 発想がなかなか面白い、そんな点にも注目☆ 

 今期(第5期)の鬼太郎ネコ娘目当てに

 見始めたわけですが・・・内容や映像の面白さでも今回は

 飛びぬけて面白いんで今でも時々観ては一喜一憂して

 しまいますねぇ。(^-^)b

 今作はメインの妖怪達だけでなく日本の妖怪が大挙出演!

 アニメ版『妖怪大戦争』の様な豪華さは流石“劇場版”と名

 打っただけあります♪ なんせ京極夏彦先生を作品監修に

 迎えての気合いの入り様・・・ハンパぢゃないッス!

Dscf0055 特にラスボスのヤトノカミのデカさは圧巻!

アニメ映画ならではのスペクタクルが存分に

楽しめる作品です。

 鬼太郎、カッコよかったわぁ~。(* ̄▽ ̄*) やっぱ鬼太郎

 はウェ○ツよりもアニメのが好み!

 個人的にはヒロインのよりも、マヤ先生の魅力にメロメロ

 だった解りやすいオイラです。(^^ゞ

**************************

●ピュ~と吹く!ジャガー/いま、吹きにいきます

 まぁ・・・こんな感じでしょうね。(^^ゞDscf0063

 うすた京介蛙男商会 の割合で言うと

  くらい。 それでも昨年個人的に

 ワーストに挙げた実写版よりは

 数百倍よく頑張ったって気もします。

 それでも「このキャラはそんな事言わない」とか思って少々

 イラっとしてしまうのが悲しい。

 まぁ実験要素も今回色々楽しめるし、蛙男商会ファンなら

 けっこう楽しめる一本と思えます。

 むしろ同時上映された短編『ETO-エト-』が秀作!!

 オイラも大好きなこの作品をここまで忠実にアニメ化した事

 のが凄い! 設定等が少々変更されてますが、絵や動きは

 そのまま原作が動き出したかの様な見事さ

 Dscf0064 加えて声もいい! 頭の中で描いてた声質や

アクセント、セリフの間なんかも期待してた

ものにえらく近くて感動もんでした。(* ̄▽ ̄*)

これこれ! これがうすた先生の作品なんだ♪

 きっとうすた先生のファンはむしろこっちの方を

 楽しみにしてたことと思います。 少なくともオイラはそうです☆

 まぁ、欲を言えば・・・ラストにエトが街のみんなに色々な名前

 で呼ばれるシーンでセリフがカットされたのが残念! あれが

 あってちょっとクスって笑って終わるのがいいのにな・・・。

**************************

そんなこんなでアニメ映画を4つ。 とりわけてDscf0066

「CGだから」とか「子供向けだから」とか知ったか

ぶって観ないのがいっちゃんもったいないくらい

どれもなかなかの秀作揃いでした。

「今年も気になる映画はなるべく観ておこう!」と心に誓った

今年のガンヘッド♪です。(^▽^)v 

|

« ANIME JAPAN FES 2009 “冬の陣” | トップページ | エビナ演芸場を観に行く♪ 2009冬 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

ティンカー・ベルheart04可愛いですね~
あと3作作られるそうですが、今回はウェンディとニアミスしたので、今度は船長やワニさんが出たりするかな?(笑)
どうやってピーターパンと出会うのかも・・・楽しみです。

ウォーリーはDVDを買ったのですが、、、劇場で観た時よりも見直ししたらますます好きになりました!!健気で可愛いウォーリーを何度も観ていますhappy01

投稿: 由香 | 2009年7月27日 (月) 13時25分

由香さん、いらっさ~い♪(^▽^)/

『ティンカー・ベル』は公開前からすでに
さほど話題にもならなかった感じですね。(^^ゞ
このままだと残りの話しはOVAか、最悪は
企画倒れになる可能性もあります。
ファンなだけに複雑な気分・・・。

オイラも『ウォーリー』のDVD買いましたよ♪
いいですよね~(* ̄▽ ̄*)
せっかくなんで何度でも観ましょう☆

投稿: ガンヘッド♪→由香様 | 2009年7月27日 (月) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/27228009

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ映画祭り♪ 2009・1月:

» 「ピューと吹く!ジャガー ~いま、吹きにゆきます~/エト」映画感想 [Wilderlandwandar]
「週刊少年ジャンプ」で連載中の、うすた京介の人気ギャグ漫画を、『秘密結社 鷹の 爪』シリーズが大ヒットしたFROGMAN [続きを読む]

受信: 2009年1月17日 (土) 23時45分

» 「ウォーリー(WALL・E)」映画感想 [Wilderlandwandar]
ツンデレ乙女ロボットは人類を救えるのか? という事でディズニー嫌いのオジサンが始めて劇場でディズニーアニメを見てきました [続きを読む]

受信: 2009年1月17日 (土) 23時46分

» WALL・E/ウォーリー [★YUKAの気ままな有閑日記★]
子どもと吹き替え版で鑑賞―【story】西暦2700年の地球。宇宙に逃れた人間が残したゴミを、700年もの間片付け続ける“ゴミ処理型ロボット”WALL・E(ウォーリー)。ある日、地球にイヴという名のロボットが現れた。ずっと孤独だったウォーリーはイヴに恋をするが、イヴが宇宙船にさらわれてしまい―     監督 : アンドリュー・スタントン 『ファインディング・ニモ』【comment】健気なウォーリーの姿に、何度も何度も胸が熱くなった―実はあまり期待せずに観に行ったの。「子どもに付き合ってやるかぁ〜」っ... [続きを読む]

受信: 2009年1月18日 (日) 08時21分

» WALL・E (ウォーリー) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆ウォーリーとイヴ(のつもり)『WALL・E/ウォーリー』は、ピクサー・アニメーション・スタジオとウォルト・ディズニー・ピクチャーズが製作したCGの長編アニメーション映画です。実は先月、劇場に観に行ったんですが、記事にするのが遅れてしまいました。●導入部のあらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2009年1月31日 (土) 16時50分

» ティンカー・ベル [★YUKAの気ままな有閑日記★]
レンタルで鑑賞―最近、子どもたちがアニメ映画を劇場で観たがらなくなってきた。でも、レンタルして観る気はあるのよね〜(笑)【story】ネバーランドの妖精の谷、ピクシー・ホロウにティンカー・ベルというかわいらしい妖精が誕生する。自然界に起こる“すばらしい事”は特別な才能を持った妖精たちの仕事で、彼女は“物作りの妖精”だったが―     監督 : ブラッドリー・レイモンド【comment】とっても可愛らしい映画でした〜赤ちゃんの初めての笑い声から生まれるという“妖精”たちの物語は、夢があって楽し〜い世界... [続きを読む]

受信: 2009年7月27日 (月) 13時16分

« ANIME JAPAN FES 2009 “冬の陣” | トップページ | エビナ演芸場を観に行く♪ 2009冬 »