« バイオハザード ディジェネレーション | トップページ | X-ファイル:真実を求めて »

洋画3連コンボ!

う~ぬ・・・ここんとこ更新サボり気味です。(^^ゞ

今回はちと手を抜いて、観てきた洋画を3本まとめてレポ!

すいませんねぇ、いい加減な奴なもので。(爆)

*************************

● 僕らのミライへ逆回転

 爆笑するようなコメディでもないし、強烈な皮肉や批判がある

 ってわけでもなく、何かメッセージがあるわけでもない。

 ゆる~いドタバタ系のコントとでも言いましょうか・・・。(^^ゞ

 でもね、そんな映画もあっていいんぢゃないか☆

 有名作品の“逆リメイク”とでもいうのかな? ジェリーマイク

 の撮る作品は内容こそムチャクチャだけど、アイデアと工夫で

 シーンを再現していって「そうそう! そんな感じだった!」

 観てる方も嬉しくなるのがぢつに楽しい♪(^-^)b

 まぁ、普通ならこんなビデオ置いてたらお客に怒られちゃうところ

 だけど、舞台となったこの街の人柄なんだねぇ・・・怒るどころか

 一緒になって楽しんぢゃってる! これがまたたまらない魅力!

 これ、観る人選びますねぇ。(^^ゞ 真面目な映画ファンではなくて、

 どっちかっつ~とオイラみたいな“ミーハーな映画好き”くらいの

 人が丁度楽しめるかと思います。

 いい歳しても特撮映画を楽しめる・・・そんなあなたに観て欲しい

 一本です。(^-^)b

  

● ハロウィン

 あうあう~! 久々に本格的に怖ぁ~い映画観ちゃった!(T△T)

 上映時間中ずっと「後ろから金属バットで殴られたら嫌だな」とか

 「背中から長いナイフで刺されたら・・・」とか考えちゃって、落ち着い

 て座ってられないかったほど。(^^ゞ

 マイケルが怖いのは手当たり次第なこと。 それこそ家族だろうが

 親切にしてくれた人だろうがたまたまそこに居合わせた人だろうが

 無差別に、かつ衝動的にためらいもなく殺人に走るのが何より

 の怖さ! 彼の少年時代の環境に多少は同情の余地はあっても、

 彼の行動原理や心理は理解できないし、したいとも思わない。

 きっと彼の気持ちが少しでも理解できたら・・・そん時はオイラも

 同じ行動に出てしまうことでしょう。( ̄- ̄; そこが一番怖い!

 彼は妹のローリーをどうしたかったのでしょう? 自分の身内

 を根絶やしにしたかったのか? それとも唯一の安らぎを彼女

 に求めたのか? それすらも曖昧なのがまた恐ろしい。

 それにしても・・・ローリーは可愛かったにゃぁ♪(* ̄▽ ̄*)

 (もはやオイラの好みは説明不要ですわね。 萌え!)

 

● イーグル・アイ

 凄いな、これ!( ̄- ̄; これって数年も後・・・や、もしかしたら

 現代でも起こりえる可能性あんぢゃね?

 もはや日本でも監視カメラの死角はほとんど無く、誰もが気軽に

 ケータイで写真撮ってデータを飛ばしてる今、これが絶対に起き

 ないって保障は無いわけですよね。

 テロは遠い外国の出来事ではなく、今や日本人でも被害にあった

 人も居るし、日本自体が狙われてる可能性も否定できない昨今。

 不安定な社会情勢と情報社会がこの映画を妙に現実味ある内容

 にしてしまった気がします。

 単なるサイバーサスペンスとして観てももちろん充分に面白いの

 ですが、今の情報社会と“国の裏の顔”なんかも踏まえながら

 観ると数倍ワクワクドキドキできます。

 我々は常に何かに監視されている! そして本人が知る以上に

 自分はどんな人間かデータ化されている!

 いい映画だ! これはかなりオススメの一本☆ (^▽^)b 

|

« バイオハザード ディジェネレーション | トップページ | X-ファイル:真実を求めて »

「映画」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、ガンちゃん。
この3つ全部カブってるね♪

『僕のミライへ逆回転』は、ガンちゃんがミーハーな映画ファンだから楽しめたというより、
きっと温かい心の映画ファンだったから楽しめたんだと思いまする。
なんか、この監督さんの映画って、自分は全部見ているんだけれど、
少しクセがあるというか、どことなくヨーロッパテイストだったりもして、
あんまりハリウッド的ではないんですよね。
自分は好きだけど、人を選ぶ作品ではありましたよね。

投稿: とらねこ | 2008年12月13日 (土) 12時38分

とらねこさん、いらっさ~い♪(^▽^)/

こんだけジャンルがバラバラな映画でも3つ
ともカブるとは・・・とらねこさんもけっこうな
映画好きですなぁ。(* ̄▽ ̄*)

『僕のミライへ逆回転』を観たら
「映画って技術やお金だけぢゃないんだな~」
って思うのです。アイデアや時には勢いでも
映画は面白くなったりつまらなくなったりも
するのですなぁ☆(* ̄▽ ̄*)
作り手の気持ちと、時には観る側のテンション
にも左右されるのだな~って考えさせてくれた
印象に残る一本です。

まだまだ年末年始に向けていい映画が続々公開
されています。お互いゆ~るゆる頑張ってまいり
ましょう♪ とぅっとぅる~☆

投稿: ガンヘッド♪→とらねこ様 | 2008年12月13日 (土) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/24740588

この記事へのトラックバック一覧です: 洋画3連コンボ!:

» 「僕らのミライへ逆回転(BE KIND REWIND)」映画感想 [Wilderlandwandar]
これまた、ちょっと微妙な邦題で、チケット買うとき言いにくいし、良く考えると別に未来でも逆回転でもないんじゃないかな?と思 [続きを読む]

受信: 2008年11月 5日 (水) 03時32分

» 「イーグル・アイ(EAGLE EYE)」映画感想 [Wilderlandwandar]
スピルバーグ製作総指揮、シャイア・ラブーフ主演のSF超大作という事で話題の「イーグル・アイ(EAGLE EYE)」を見て [続きを読む]

受信: 2008年11月 5日 (水) 03時33分

» やっぱり格好イイぜー! [映画館には行った?インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国]
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 映画館 劇場版 第4作 スピルバーグ ハリソンフォード DVD [続きを読む]

受信: 2008年11月13日 (木) 17時59分

« バイオハザード ディジェネレーション | トップページ | X-ファイル:真実を求めて »