« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月の4件の記事

飛び出せ!!チキチキ秋の3D祭りヾ(@^▽^@)ノ

3D! なんて甘媚な響き♪(* ̄▽ ̄*)

オイラは3D映画と聞くだけでテンション上がるのです☆

「『センター・オブ・ジ・アース』は3Dで観なアカン!」との神の

啓示を受けたんで、今回はちょっと足を延ばして普段とは違う

シネコンに出掛けてきました☆

今回は同劇場でもひとつ別の3D映画が上映されてたんで勢い

にのってこちらも鑑賞! いいご身分です。(^^ゞ

***************************

ポケモン3Dアドベンチャー

普段ポケモンはTVも映画も観てないオイラですがポケモンの

キャラはけっこう好きなのが多いんで、人間が登場しない今回

みたいのは大歓迎です。(* ̄▽ ̄*)

特に今回は3Dの2本立て! こりゃテンション上がるっしょ♪

 ●ポケモン3D/ミュウを探せ!

 ピカチュウニャースを主役にイタズラなミュウを求めて世界

 狭しと追い掛け回す愉快なお話し。(^-^)b TVや映画に登場した

 色々な属性のポケモン達が随所に登場してぢつに楽しいです♪

 オイラお気にぃのソーナンスもちょい役で出演!(笑)

 ●ポケモン3D2/ピカチュウの海底大冒険

 ニャースピカチュウがお宝を求めての大冒険! 舞台は海底

 に限定されますが、その分海や水のポケモンが存分に活躍する

 のが楽しめます♪ 特にラティアス&ラティオスの活躍が光る!

やぁ~、2本とも短編ながらぢつに楽しかったです♪(* ̄▽ ̄*)

可愛いポケモンたちのデザインや動きに癒されまくり! 大きい

のも小さいのもどことなく愛嬌あるのがいいね。

ニャースピカチュウのかけあいがまた楽しい! 子供達だけで

なく、大人も一緒に楽しめます☆

別段3Dでなくても充分に面白いと思うのだけど・・・。(^^ゞ

***************************

センター・オブ・ジ・アース 3D

ぢつはディズニーシーはまだ行ったことが無いのですが、同名の

アトラクションの評判はそんなオイラにも届いております♪

座席に座って偏光サングラスをかけたらアトラクションの世界へ

GO!GO!ヾ(@^▽^@)ノ いざ、地球の中心へ!!

この映画に普段の感覚で映画の評価をするのは野暮ってもん

です。 テキトーな役者さん、デタラメなストーリー、思いつきの

ありきたりな設定や展開・・・ そういう意味ではこの映画を通常

の2Dで観る価値は皆無に等しいでしょう。 だってこれ最初

から3Dで観るのを前提に製作されてるんだも~ん☆

この「3D映像ありき」の映画にやたら凝ったストーリーや複雑な

設定や日常的な場面なぞあるだけムダ・・・っつ~か邪魔なだけ!

“アトラクション映画”を謳うならこういうシンプルなバカ映画こそ

うってつけなのです☆(^-^)b

や~これも思った以上に楽しい映画でしたね~♪ TVやビデオ

ではこの楽しさは1割も伝わりません。 もしこの映画観るなら

多少は遠出してでも3Dで上映してる劇場で観てくるべきです!

・・・でも1つだけ注意! 周りでは途中で飽きてグズる子供達が

続出してました。 セリフにやたら小中学クラスの科学用語が多く

正直言って小さなお子様には向いてない内容なんで、科学に興味

のない通常の子供連れの場合は素直にレスキューフォース

プリキュアを選んで下さい。 ディズニー映画だからと言って必ず

しも子供が楽しめるとは限らね~ぞ・・・ってことです。(⌒▽⌒)b

| | コメント (2) | トラックバック (0)

答えよう! そのバトンとやらを!!

いつもお世話になってるブログ友達のとらねこさんからバトンと

やらが送られてきました♪(^-^)b

「なんだそれは? 食い物か?」などとお約束のボケをかましつつ

せっかくなんで答えてみましょう☆

***************************

1.年に何回ぐらい映画館で映画を見ますか?

  ここ数年は平均60本くらいかな。

2.最後に見た映画は?

  X-ファイル:真実を求めて

3.初めて見た映画は?

  子供のころ兄キに連れられて『東映マンガまつり』を♪

  『マジンガーZ対暗黒大将軍』は今観ても名作!!

4.映画館では飲み食いしますか?

  ドリンクは基本。(^-^)b

  たまにフードも買いますが、集中して鑑賞したいんで

  だいたい本編が始まるまでに食い終わらせます。

  キャラメル味のポップコーンってけっこう好きさ♪ 

5.主に誰と観に行きますか?

  たまに好みが合いそうな人を誘う場合もあるけど、

  基本は「あ!今日は観たい!」と衝動的に出掛ける

  奴なので一人の事が多いです。

6.映画館でうれしかった思い出

  『仮面ライダー剣』を観終わった後に「なんだこりゃ・・・」

  つぶやいたら、見知らぬ隣の人が「ですよねぇ(^^ゞ」

  返してくれたこと。(笑)

7.映画館で悲しかった思い出

  『ヤマトタケル』 始まって5分で寝落ち → 気がつい

  たらスタッフロールだったこと。(T△T)

8.映画館で困った思い出

  古い映画館で、前の座席の背もたれからゴキちゃんが

  顔出して目が合っちゃったこと。(^^ゞ 

9.パンフレットは買いますか?またそのタイミングは?

  パンフは好きなんでだいたい買います☆

  学生時代はキネマ旬報の通販で買ってたほど!

  欲しいパンフがあれば観てなくても買ってしまいます♪

10.次に回す人(3人~5人)

  ん~・・・ 誰かやりたい人いればどぞ。(⌒▽⌒;

***************************

とらねこさん、こんなんでいかがでしょう?(^^ゞ

なんせバトン初めてなもんで・・・。(汗

| | コメント (4) | トラックバック (1)

X-ファイル:真実を求めて

要らない 何も 捨ててしまおう!

       君を探し 彷徨うマイ・ソウ~ル♪

う~む・・・何を間違ったのか初日に観てきちゃいました。(^^ゞ

確か前作は映画館に3回も観に行って3回とも寝落ちしたの

に懲りてないというか・・・。┐( ̄- ̄)┌

オイラ、ちょっと聞いてみたいんだけど・・・『X-ファイル』

ファンの皆さんはこのシリーズに何を期待してるのかな?

や、オイラは1stシーズンをTVで半分くらい観た程度なんだけど、

UMAとか超能力とか超常現象とかはあくまで扱う要素の1つ

で本筋は“宇宙人の謎を追うモルダー”が骨格になってると

思ってた。 だから前作も「映画になってもX-ファイルだもんね」

とけっこう許せたわけですが・・・ 今回のはいかがなものかな?

この映画はファンサービスの一本だと思うのですが、肝心の

ファンの皆さんはこういうのを待ち望んでたのであろうか?

・・・や、「もちろんその通り!ヾ(@^▽^@)ノ」と言うなら問題ない

わけなんですがねぇ。

なんだか『X-ファイル』のタイトルを付けなくてもいいような

内容にガッカリ。 ま、久々にモルダースカリーのコンビが

見れたってだけでもよしとしますかね。( ̄- ̄;

あ、スタッフロールは必ず最後まで観てください! きっと

「ムダな時間を過ごした・・・」と心地良い虚脱感で劇場を後に

できますよ♪(^▽^)b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洋画3連コンボ!

う~ぬ・・・ここんとこ更新サボり気味です。(^^ゞ

今回はちと手を抜いて、観てきた洋画を3本まとめてレポ!

すいませんねぇ、いい加減な奴なもので。(爆)

*************************

● 僕らのミライへ逆回転

 爆笑するようなコメディでもないし、強烈な皮肉や批判がある

 ってわけでもなく、何かメッセージがあるわけでもない。

 ゆる~いドタバタ系のコントとでも言いましょうか・・・。(^^ゞ

 でもね、そんな映画もあっていいんぢゃないか☆

 有名作品の“逆リメイク”とでもいうのかな? ジェリーマイク

 の撮る作品は内容こそムチャクチャだけど、アイデアと工夫で

 シーンを再現していって「そうそう! そんな感じだった!」

 観てる方も嬉しくなるのがぢつに楽しい♪(^-^)b

 まぁ、普通ならこんなビデオ置いてたらお客に怒られちゃうところ

 だけど、舞台となったこの街の人柄なんだねぇ・・・怒るどころか

 一緒になって楽しんぢゃってる! これがまたたまらない魅力!

 これ、観る人選びますねぇ。(^^ゞ 真面目な映画ファンではなくて、

 どっちかっつ~とオイラみたいな“ミーハーな映画好き”くらいの

 人が丁度楽しめるかと思います。

 いい歳しても特撮映画を楽しめる・・・そんなあなたに観て欲しい

 一本です。(^-^)b

  

● ハロウィン

 あうあう~! 久々に本格的に怖ぁ~い映画観ちゃった!(T△T)

 上映時間中ずっと「後ろから金属バットで殴られたら嫌だな」とか

 「背中から長いナイフで刺されたら・・・」とか考えちゃって、落ち着い

 て座ってられないかったほど。(^^ゞ

 マイケルが怖いのは手当たり次第なこと。 それこそ家族だろうが

 親切にしてくれた人だろうがたまたまそこに居合わせた人だろうが

 無差別に、かつ衝動的にためらいもなく殺人に走るのが何より

 の怖さ! 彼の少年時代の環境に多少は同情の余地はあっても、

 彼の行動原理や心理は理解できないし、したいとも思わない。

 きっと彼の気持ちが少しでも理解できたら・・・そん時はオイラも

 同じ行動に出てしまうことでしょう。( ̄- ̄; そこが一番怖い!

 彼は妹のローリーをどうしたかったのでしょう? 自分の身内

 を根絶やしにしたかったのか? それとも唯一の安らぎを彼女

 に求めたのか? それすらも曖昧なのがまた恐ろしい。

 それにしても・・・ローリーは可愛かったにゃぁ♪(* ̄▽ ̄*)

 (もはやオイラの好みは説明不要ですわね。 萌え!)

 

● イーグル・アイ

 凄いな、これ!( ̄- ̄; これって数年も後・・・や、もしかしたら

 現代でも起こりえる可能性あんぢゃね?

 もはや日本でも監視カメラの死角はほとんど無く、誰もが気軽に

 ケータイで写真撮ってデータを飛ばしてる今、これが絶対に起き

 ないって保障は無いわけですよね。

 テロは遠い外国の出来事ではなく、今や日本人でも被害にあった

 人も居るし、日本自体が狙われてる可能性も否定できない昨今。

 不安定な社会情勢と情報社会がこの映画を妙に現実味ある内容

 にしてしまった気がします。

 単なるサイバーサスペンスとして観てももちろん充分に面白いの

 ですが、今の情報社会と“国の裏の顔”なんかも踏まえながら

 観ると数倍ワクワクドキドキできます。

 我々は常に何かに監視されている! そして本人が知る以上に

 自分はどんな人間かデータ化されている!

 いい映画だ! これはかなりオススメの一本☆ (^▽^)b 

| | コメント (2) | トラックバック (3)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »