« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月の7件の記事

水木一郎デビュー40周年記念ライブ~道~

一月の還暦祝いライブから半年・・・ 今回はアニキ芸能生活

40周年を祝うライブがあったので今回も参加♪(^-^)b

水木一郎デビュー40周年記念ライブ ~道~

Dscf0142 前回がなんだかんだで4時間半かけて

60曲歌いきったんで、今回はちょっと

肩の力を抜いた感じで・・・それでも3時間半

ほとんど出ずっぱりでまたもや歌いきったアニキってやっぱ

凄いです。(* ̄▽ ̄*)

やっぱ「こんなオヤジになりたいなぁ♪」って憧れる一人です☆

これだけ歌ってもほとんどが代表曲ばかりになっちゃうのがまた

凄い! 普通なら持ち歌から100曲も歌えばDscf0154

「人前で歌うの初めてなんだぁ~(^^ゞ」なんて

レアな曲なんかも出てくるもんだけど、これだけ

歌ってもほとんどがスタンダードなのが凄い!

・・・でも、ホントは密かに『きかんしゃやえもん』

とか『我ニ敵ナシ』とかなかなか生で聴けない歌

Dscf0151を期待してたんだけど、それはまた欲張りっ

てもんですかねぇ。(^^ゞ

それでも大好きな歌をめっぱい堪能できたん

で満足でした♪

前回の赤のサイリウムに続き、今回は会場

全員にオリジナルの団扇が配られました。 お祝いの時には

全員で赤い方を向けて振ろうってことで、今回も会場が

アニキカラーの真っ赤に染まりました。(* ̄▽ ̄*)

イキな演出! こういうのってファンが一つになったDscf0156

感じがしてステキです☆

やぁ~今回もいいライブだった!

「ファンでよかった!」とはこういう事なんだなぁ♪

こんな感じで50周年、60周年もまた会場で

アニキが観れたらいいなと思うオイラでした。(⌒▽⌒)v

アニキの直筆サイン色紙に釣られてCDも購入! 満足です☆

でもひとつだけ・・・みんな、せめて自分で出したゴミくらいゴミ入れ

に捨てるか、持ち帰ろうよ。(>_<) せっかくいい気分だったのに、

終了後の会場は空のペットボトルがあちこち転がってて悲しくなっ

たよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国

最高ギガント!!!ヾ(@^▽^@)ノ

期待以上に面白かったんで、もはや言うこと無いや♪

迷わず映画館で観なさいっ☆

・・・あ、これ観る前に一作目『失われた聖櫝<アーク>』と、

できたら3作目『最後の聖戦』は観ておきましょうね。(^-^)b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秘密結社鷹の爪 THE MOVIE Ⅱ~私を愛した黒烏龍茶/ミラクル7号

『秘密結社鷹の爪 THE MOVIE Ⅱ

           ~私を愛した黒烏龍茶~』

あれ~・・・??? 期待し過ぎちゃったかな?(;´Д`)

面白かったし、好みのネタも多かったし、前作も踏まえて更に一歩

進んだ感じも好印象だし、笑い所も泣き所もしっかり押さえた映画

らしい出来になってるのに・・・どうしたんだろう? 前作ほどの衝撃

が無かったのは。( ̄- ̄;

きっと今回は安定しちゃったんだね♪ どことなく手探り感のあった

前作は初々しかった分、先の読めない新鮮さがよかったのだと思う

のですがどうか?(^^ゞ

とは言え、今作もぢつによく出来た一本で好きよ☆

これは自信もってお薦めできます!(^-^)b

ファンなら・・・や、ファンならずとも、むしろ映画好きな人ほど解かる

ネタも多いんでぜし観て欲しい一本です♪

特に吉田くんのファンなら必見! 彼の大活躍ももちろんですが、

内に秘めてた総統への想いも今回は爆発させてて・・・つい泣けて

しまいました。(T_T) そしてその想いを受けて再び奮い立つ総統

もまたカッコよかった!(* ̄▽ ̄*)

もちろん“リラックス体操”はちと恥ずかしいの抑えてしっかり参加

しましたよん♪ その効能は・・・ぜしとも皆さんも実際にやってみて

実感してくださいね。(⌒▽⌒)b

いいなぁ~・・・気兼ねなく笑える映画☆ 会場が一体になる感じが

すごくいい! DVDで観るのもいいけど、なるべくなら映画館に

足運んでもらって、見ず知らずの人達と一緒におもっきし笑っ

いただきたいと思います♪

****************************

『ミラクル7号』

「チャウ・シンチーだなぁ~♪(* ̄▽ ̄*)」って感じの一本!

万人受けの『少林サッカー』より、『食神』『カンフーハッスル』

の様なクセの強い作品のが好きな人向けと言えましょう。

CMや予告では伝わらなかったけど、実際に本編で動くナナちゃん

はぢつにキュートです!(⌒▽⌒)/ 3DCGで描かれていながらも

この安っぽさがぢつにたまらない!(笑)

何よりいっちゃん誉めたいのがユエン先生役のキティ・チャン

美しさでありましょう☆ アジアンビューティー、万歳!(爆)

まぁ、こちらは個人的にはけっこう好きですが、クセが強いので

「お好みの人は映画館で」って感じでしょうかね。(^^ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (3)

『世界最大の翼竜展』に行く♪

久々にお台場に遊びに行ってきました。(^-^)vDscf0061

ライブやイベント目的でないお台場はかなり

久しぶりです♪

浜松町で相方と合流して、バスで移動。 目的地

はお台場の日本科学未来館です。ヾ(@^▽^@)ノ

期間限定の企画展として『世界最大の翼竜展』

が開催されてるのでそれを目当てに☆

Dscf0007翼竜・・・空を飛ぶ物は基本的に好きなれど、

恥ずかしながら翼竜に おいてはプテラノドン

くらいしか知らないビギナーです。(笑)

一口に翼竜と言っても色々な時代に渡って

色々な種類がいた事にまず驚き! そんな彼らの化石から

最新技術によって導き出された当時の生態が絵やDscf0027

CGによって細かく解説されています。

個人的に興味深かったのが翼竜達の

離陸と着陸の方法ですね。 基本的には

鳥とは体の骨格も大きさも違う翼竜達がどんな方法で、

Dscf0046そしてどんな理由で大空を飛べる様に

なったのか・・・子供達にも解かる様に

優しく丁寧に解説されています。

せっかくなので未来館の通常展示も

観て周りましょう♪

TVでもよく紹介される巨大な地球儀、ゲームDscf0052

感覚で地球から宇宙を観て周る3D映像、

実際に触ったり遊んだりして知る数々の科学

・・・子供達はもちろん科学にちょっとでも興味

ある大人なら一日遊んで学んでしまうことでしょう。(^-^)b

Dscf0067 そして目玉は天井ドーム型のスクリーンで観る

映画。 内容は時間でプラネタリウムと映画に

切り替わります。

ちなみに、オイラ達は宇宙エレベーター

題材にしたCGアニメを観てきましたよ♪(^-^)b

未来館を堪能した後はお台場を周る無料バスで Dscf0057

メディアージュへ移動。 シネマ・メディアージュ

一度来たかったんだ~☆ 新しくてなかなか綺麗

な映画館ですねぃ。ヾ(@^▽^@)ノ 

今回は『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』を観て

来たわけですが・・・こちらのレポはまた別レポにて♪

Dscf0056 映画館を出ると夜のお台場は昼間とはまた

雰囲気の違った顔になってステキです。

(* ̄▽ ̄*)マロンチックネー

お台場に遊びに来るのは久々だったけど、やっぱ楽しい☆

また次回は違う施設も巡ってみましょ。 そん時もまたレポいたし

ます。(^-^)b

| | コメント (2) | トラックバック (0)

僕の彼女はサイボーグ

「あんたはサイボーグぢゃなくって

 アンドロイドだろううにっ!!!ヾ( `Д´ )ノ」

・・・とツッコミ入れたいがために観に行った一本♪

ターミネーターはアンドロイドで、ロボコップはサイボーグです!

こういう定義はきちんとしとかないと石ノ森先生に起こられるぞ☆

ところが、これ最後まで観ればタイトルも納得! 恐らく、広い意味

で言えばこれも一種のサイボーグと言えましょう。(^-^)b

CMや中盤部分だけ見たら、深夜アニメでよくある“俺の嫁”系の

陳腐でくっだらないコメディーでしかなかった所を、前半の謎と

後半の説明が加わることでいい感じに裏切ってくれたのが映画

らしくなった部分と言えましょう♪

それでもB級って事に変わりないけどね。(^^ゞ

でも、思ったより面白かったんでOKです☆ なんだ、いい映画

ぢゃんか!(笑)

綾瀬はるかがオイラの好みには合わなかったけど、ロボットの

彼女が夜になると窓の外をずっと見てる姿が健気でいいね♪

とりあえず「好きになったら、相手が同性だろうがロボットだろうが

宇宙人だろうが・・・関係ないぢゃん♪」って気持ちが解かる人なら

けっこう楽しめるお話しかと思いますにょん。(⌒▽⌒)ゞ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛

基本はディズニー映画なんで、内容も映像も良質と言えましょう。

『第1章』は予想を裏切ってなかなか見事な一本に仕上げたこと

から、その続編ともなれば期待も大きくなるのが当然!(^-^)b

しかし・・・蓋を開けてみたらなんだかイマイチ煮え切らない映画

になっちゃった気がします。

なんだろう? 話しも映像もスケールUPしてるはずだし、ちょっと

成長したとはいえ前作の4人兄弟姉妹もちゃんと出演してるし、

それぞれにもちゃんと見せ場が用意されてるのに・・・何がダメ

なんだろう?

オイラ個人が考えるに、単に「前作がインパクトあり過ぎた!」

ってだけかもしれませんな。(^^ゞ なんつうか・・・『第1章』は敵も

味方も魅力的ないいキャラが多くて、かつ4人の兄弟姉妹の描き方

も上手だったからあれだけまとまった一本になったのかと。

な~んか今回は出てくる連中が揃いも揃って腹黒そうな性格悪そう

な感じがして、やたらと好戦的なのが嫌! 4兄弟姉妹も躊躇いも

なく人をバンバン殺してるのも嫌! 特に今回のキーであるはずの

カスピアン王子が何のヒネリもない優等生タイプでしかなかったの

が一番イヤだ!!!ヾ( `Д´ )ノ

まぁ、決してつまらない映画ではなく、むしろファンタジーの王道って

感じなんで観て損は無いと思います。 好きな人は好きだろうし。

こういうの観ちゃうと、同じ方向性を持っている『ハリー・ポッター』

シリーズが長年安定して続いてるのって凄いなと思うのです。

やっぱ続編って前作を越えて欲しいぢゃん♪

でも世界観は変えて欲しくないぢゃん♪

その辺のファンのワガママな期待に応えるってのはえらく大変なの

だなと実感させられた一本であります。

こういうの観ちゃうと『ライラの冒険』の続編って不安になってきちゃ

うけど・・・どうなんでしょうねぇ?(^^ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS

裏切り、御免っ!!

う~む・・・。(^^ゞ 「なかなか面白かったな♪」とは思ったけど、

飛びぬけてレポしたいほど心に残ってないのも事実。

なんせ観てから1ヶ月も経ってしまうと、ただでさえ忘れっぽい

オイラには「どんな映画だったっけ?」ってのすら出てこなくなる

から悲しい。(;´Д`)

なんつうか・・・やたらと人の命を軽く見て差別するのが嫌なんだ

けど、これがこの時代の日本では当たり前だったのでしょうかね?

そんな時代だからかな? 意外と「ヒトヤマ当ててやるぜ!」って

野望に燃える主人公がけっこうカッコ良く見えたり♪(^^ゞ

思ったよりもアクションシーンが多いのは嬉しい!

そういう意味ではあんまし深いこと考えないでパァ~っと気分転換

に観るにはもってこいの一本なのでありましょう♪

これってオリジナルもこんなにワイルドでアクション満載な映画だっ

たのかな? それなら観てみたい気もする。(^-^)b

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »