« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月の6件の記事

スーパーロボット魂2008“春の陣”

今年もスパロボ魂の季節がやってまいりました♪(* ̄▽ ̄*)/

整理券の番号は・・・800番代。_| ̄|○ なんか年々番号が後ろ

になってる気がすんのは気のせいか、相方よ?

それいしても、今回は例年に無いくらい開場&開演時間が遅れま

したねぇ。(^^ゞ まぁ、出演者も多くなったし、リハや準備にも時間

がかかっていたのでありましょう。

でも、内容はすこぶる満足です☆ヾ(@^▽^@)ノ

やっぱ年に一度はスパロボソングにドップリ浸らないとね♪

それが鋼(はがね)の魂だ!

          OK! レッツ・ゴォォォ~!(爆)

 <出演>

  水木一郎、堀江美都子、影山ヒロノブ、MIQ、森口博子、

  鮎川麻弥、米倉千尋、福山芳樹、遠藤正明、YUKA、

  三浦秀美、鈴木けんじ

 <司会>

  ショッカーO野

                         (順不同/敬称略)

オリジナルではほとんど聴くの初めてだった“勇者シリーズ”の曲

が色々聴けたり、キングゲイナーで会場じゅうが踊ったり、少々

レアなガンダムソングも色々聴けたり・・・今回もぢつに楽しいライン

ナップです。(* ̄▽ ̄*)

個人的にはアニキのゴライオン、影ちゃんのマジンカイザー

遠藤くんのサイバスターが嬉しかったな♪

今回はけっこう女性陣の活躍が目覚しかったですね。

やっぱ森口さんはよいね~。(* ̄▽ ̄*) お綺麗なのに歌も上手!

喋りも柔らかさがあってステキ! 惚れますよね~☆

( ↑ これ、去年も言ってた気がする?)

今年のアコギコーナーの選曲よかったですねぇ♪ マクロス

アコギ&合唱でやると、オリジナルとはまた違ったカッコよさが

あって聴き入ってしまいます。 拳突き上げて、合いの手入れる

のもいいけど、選曲によってはアコギも悪くないなと思った今回

のライブです。(^-^)b

ラストはアニキの還暦と芸能生活40周年を祝ってのサプライズ!

60曲ライブの時に負けないくらい色々なアニソンの歌い手さん達

がステージに上がってお祝いしました♪ すっごい豪華です!!

3時間半ノンストップの長丁場をスタンディングなのはけっこう辛い

けど、でもそれを差し引いても満足で素晴らしいライブでした☆

さぁ、次は7月のアニキの単独ライブ、そして8月には恒例の

AJF(アニメジャパンフェス)の地獄の3日間が待ってます!

皆さん、また次のライブでお会いしましょ~♪(^O^)ノシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

( ̄▽ ̄)y-~~~ <休憩>

TOHOシネマズさんのポイントが溜まったんで迷うことなく

1ヶ月フリーパスを頂いてきましたよん♪(* ̄▽ ̄*)v

2 早いもので、今回で3度目のフリーパスです。

こんなんで複製するアホは居ないとは思います

が、念のためピンボケ気味に写しています。(^^ゞ あ、ちなみに

写真部分は愛用のバルタンさんが出しゃばってくれてます♪(笑)

そんなわけで、ここんとこ時間を見つけては映画館に通う生活を

送っていますよ~ん☆ アハハ ~(* ̄▽ ̄*)~ ウフフ 

このブログに遊びに来てくれてる日本でも稀な皆様方、新記事は

いましばらくお待ちくださいまし~。m(_ _)m

そだ! 最近観た映画の中間報告だけでもしとこう♪

  ●うた魂♪

  ●ぼくたちと駐在さんの700日戦争

  ●魔法にかけられて

  ●ブラックサイト

  ●仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事

  ●ヒットマン

  ●クロサギ

| | コメント (4)

クローバーフィールド/HAKAISHA

このブログに遊びに来てくれてる常連さん達なら、オイラがどんな

映画が好みかだいたい理解してくれてると思うので・・・。

これ映画館で観なきゃダメだよ~☆

映画館で観なかったら

    一生後悔するよ~!ヾ(@^▽^@)ノ

う~む・・・みんなにもぜし観てもらいたい! 観てもらいたいけど

なんか説明すんのがもどかしい!!!

そんなわけで・・・後日もっかいくらい観に行ったら改めてレポしよう

と思います。(^^ゞ

とりあえず、オイラは今年のベスト3に入れたい一本です♪

<鑑賞前の注意> 

  ●全編これ「遊園地のアトラクションか?!」ってくらい画面が

   揺れて動きまくるので、乗り物に酔い易い人は特に注意。

  ●睡眠不足時、食後すぐ、体調が優れない・・・等の場合も

   控えた方がよろしいでしょう。

  ●容赦なく緊張感とスリルを味わうことを強制される映画に

   つき、心臓の弱い方や大きな音が苦手な人は充分に覚悟

   が必要です。 

| | コメント (0) | トラックバック (12)

デッド・サイレンス/ジャンパー

今回の2本、すでに先月鑑賞してたんですが・・・なんか気が乗らな

かったんで今頃のレポです。m(_ _)m

どちらもほどほどに面白かったけど、忘れるのも早そう。(^^ゞ

***************************

『デッド・サイレンス』

けっこう楽しみにしてんだけどなぁ~・・・。( ̄- ̄; イマイチぱっと

しない内容でしたよ。 あちこちに伏線ぽく意味深なシーンが散ら

ばってるけど実際はさほど意味のない思わせぶりな流れでしか

なかったり、けっこう気になる部分ほど曖昧にされててストレスが

溜まったり・・・。

「恐怖で叫ぶと死ぬ」って部分、せっかく面白い発想なのに・・・

それに特に意味をもたせなかったのが個人的に不満!ヾ( `Д´ )

『ソウ』のプロデューサーが関わってるからってこの映画が『ソウ』

っぽくなるわけではないとは思ってたけど、でもやっぱ期待しちゃう

ぢゃん! ダメ? 期待したオイラが間違いかなぁ~?(;´д` )

や、けっこう場面場面では「を!!」ってシーンもあるんだけど、

なんかお話しも映像もいきあたりばったりな感じがして、あんまし

共感できないまま映画が終わっちゃう・・・そんな感じ。

きっとこれはストーリーや理屈ではなく、雰囲気を楽しむ映画なの

でありましょう。 うん! きっとそうなんだ♪ 決定!ヾ(@^▽^@)ノ

とりあえず・・・生まれてから1度でも「人形って怖っ!!」と思った事

がある人ならけっこう楽しめます。

『蝋人形の館』『エルム街の悪夢』を足して、5で割った感じ☆

***************************

『ジャンパー』

ヒーローであるべき主人公が、ダメ人間で犯罪者。

もうこの時点でオイラは拒否反応!(>_<)

そんな主役をヒーローにする為に、敵対する相手をもっと酷い

悪者にしなきゃいけないわけだけど・・・「どっちもどっちだよ」って

気もします。┐( ̄- ̄)┌

こんなダメヒーローに惚れられたせいで自分まで命狙われて、しまい

には自分の部屋をメチャメチャにされちゃうヒロインが不憫。 憧れ

だったローマ旅行の代償はずいぶん大きかったんぢゃない?

予告やCMのイメージで“世界を駆け巡るクールなダークヒーロー”

って感じの期待してたけど、かなり肩透かしくっちゃいました。(^^ゞ

まぁ、映像はけっこう凄いものがあります。 テレポート後に空間

が歪んでる表現はけっこう好きです♪

見せ場はほとんどCMと予告で観れます。 映画館で観るかどうか

はあなた次第。(^-^)b

それにしても・・・90分に満たない作品なのに、やたら上映時間が

長く感じたのはオイラだけ?

| | コメント (2) | トラックバック (6)

ライラの冒険/黄金の羅針盤

ファンタジー系の洋画が当たり年ですね。(* ̄▽ ̄*)

この後公開される『スパイダーウィックの謎』『ナルニア国物語

/第二章』もしかり。 『ハリーポッター』シリーズに続けとばかり

にファンタジー小説の映画化が目白押し!

や、これっていい事だと思うんです♪ 数年前なら「映像化不可能」

なんて言われてた作品が、今ではしっかり映画になってる。 これ

って素直に嬉しいではないですか。(* ̄▽ ̄*)

さて、今回の『ライラの冒険/黄金の羅針盤』ですが、この手の

映画化ではすっかりお約束となった“3部作の第一章”って位置

の映画です。 当然次回作に続くんで、その為の伏線が散り

められて終わるのがもどかしい人も居ることでしょう。(^^ゞ

が、意外にもお話しは思ったよりもいい所で区切ってくれた気が

しますね♪ 『スターウォーズ』のEP4みたいな、「問題は解決

してないけど、まずはひとヤマ終了~♪」って感じで好印象☆

まぁ、お話しは人によって好みがあるから一概には言えません

けどね。(^^ゞ

正直言って主役のライラダコタ・ブルー・リチャーズ)は好みで

なかったのと、特に前半で描かれるライラが“気が強くて生意気”

ってイメージが災いしてなかなか物語に馴染めないオイラでした。

やたら説明的な展開が多い前半で少々飽き気味・・・。( ̄- ̄;

「こりゃ、ハズレ引いたかなぁ?」とか思ってたんですが、ライラ

コールター夫人から逃げ出したあたりから一転! 話しが動き出

してがぜん面白くなります。(^-^)b

気球乗りのリー・スコーズビー、魔女のセラフィナ・ペカーラ

そして白熊のイオレク・バーニソン・・・科学と超常現象が入り

乱れた世界をあちこち飛び回りながらけっこう展開はスピーディー

に進みます。

ライラがぢつは“好奇心旺盛で、咄嗟の機転が利く”ってキャラ

に気づいたころにはすっかりこの映画の世界に入り込んでいます♪

特にイオレクの描かれ方は見事! 彼の男意気が何気にこの

映画で一番の見せ場って気もします。(^^ゞ

動物達がよく描かれてますね~♪ よく動いてる! 『ジュマンジ』

以来だわ、こんなに動物の描き方に感動したの。(笑)

動物達の動きもいいし、面白いキャラも多いし、ロケーションもよく

計算されてる・・・ だけど、この映画でオイラがいっちゃん気に入っ

たのは音楽です。(^-^)b 一曲一曲の出来もさることながら、それ

らが「あ、ここ曲欲しいな・・・」ってシーンにぢつにいいタイミングで、

またそれがいい曲が入ってくるの!ヾ(@^▽^@)ノ これって何気に

大事なことよ☆

観る人の好みにもよるだろうけど、この映画オイラは好きだな~♪

好みの要素がいっぱい詰まってるんだもん。 上出来!

難を言えば・・・やっぱライラ役の・・・ ま、それはいいか。(^^ゞ

次回作が楽しみですね。 きっと次も観に行きます!

それにしても・・・飛行船や車に使われてたあの謎の青い動力

いったいどんな理屈の動力源なのであろう? この映画一番の

謎は何気にあれだと思うのですが。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

JAM Project 2008 No Border

ツアーのチケットは瞬刹でした。(T△T)

結成8年。 今年はいよいよ世界ツアーを前提にしたライブ!

・・・「凄い人気なんだなぁ~」と今更ながら感心します。(^^ゞ

幸い追加公演のチケットが無事GETできたんで、会社を半休して

渋谷のNHKホールへ向かいます♪

Dscf0002 昨年のライブは2F席からちょっと落ち着いて

堪能したわけですが、今回は逃げ場の無い

怒濤の1F席! これは気合い入れて臨まね

ば痛い思いしますぞ~☆ ヘ(^^ヘ)))

会場となったNHKホールは初めて入ったのですが、キレイだし

ロビーも広くてなかなか充実してますね。 入口から入ると2階席

へ通じるロビーが広がって、ここではグッズや飲食物の販売が

行われててけっこう賑わっております。

もちろんオイラもグッズを物色♪ヾ(@^▽^@)ノDscf0009

パンフとTシャツとロングタオルと・・・今年は思い

切ってサイリウムも買ってみました。(^^ゞ これで

見た目も立派にJAMラーです!(笑)

階段降りて1Fに通じるロビーに行くと、流石に開演10分前なんで

比較的人は少なめです。 こっちにもトイレと喫煙所、あと軽食の

売店なんかもあるんで、並ぶのが嫌いな人はこっちに来ると何気

に居心地いいかもしれませんね♪

ほぼ時間どおりにライブは始まりました。(^-^)b

メンバー6人登場と同時に1F席のお客はほぼスタンディング

まぁ覚悟はしてましたが・・・みんな早いよ。(^^ゞ

ステージにはビジョンが設置されてて、曲に合わせてメッセージや

映像が流れます。 これ1つあるだけでも演出が豪華に見えて

いいよね♪ 何気にこのビジョンはラストのサプライズにも一役かっ

てたりしてニクいです。(^-^)b

やっぱ慣れない事するもんぢゃありませんね・・・。 サイリウムは

はたから見ると「キレイでいいなぁ♪」と思ったけど、普段のオイラ

拳系の腕振り屋なんで違和感が。(^^ゞ 始まって数曲で隣の

友達に託して、オイラはいつもの拳系に戻りました。 やぁ・・・

やっぱこっちのが性に合ってるわ☆ 楽しいです!(* ̄▽ ̄*)

Dscf0006 たまに周りを見るとけっこう愉快。 一緒に

行ったオイラ含め3人は動きがバラバラで

笑っちゃう感じ。(^^ゞ こういうのって個性が

出まねぇ~♪(←何見てるんだか?)

3F席には水木一郎さんが来てたんですねぇ。 アニキってばあん

な遠くに居ても一目で「あ!アニキだ!」って識別できるから凄い

ね。 次回はぜしまたステージにも登場願いたいものです。 

休憩無しで約3時間! 思ったよりも知ってる曲も多くて楽しかった

です。 JAMの6人もみんなテンション高くて愉快! うん、今年

もいいライブだった☆(* ̄▽ ̄*) やっぱ来てよかったよ♪

翌日が休みだったら3人で「延長戦だぁ~!」って感じだったけど、

悲しいかなサラリーマンは翌日も仕事なので帰宅。(^^ゞ

家についても耳はキーンってなってるし、叫びすぎて声がガラガラ

になってるし、腕・・・っつ~か全身筋肉痛だし・・・ぢつにハードな

ライブだったか身をもって知りました。

でも・・・楽しかったんで全てOK!!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »