« アニメ映画を観に行く♪ 2008・春 | トップページ | 東京国際アニメフェア2008 へ行ってみた♪ »

劇場版 ワンピース 9

何度泣かせりゃ気が済むんだ! ONE PIECE!(T△T)

ONE PIECE

           エピソード・オブ・チョッパー +

                   冬に咲く、奇跡の桜

昨年はあれだけ文句言ってたのに、結局観てきました♪(^^ゞ

だって“ドラム王国編”大好きなんだも~ん☆

だって・・・チョッパー大好きなんだも~ん☆(* ̄▽ ̄*)

やぁ・・・ね、昨年の“アラバスタ編”みたいに投げやりなやっつけ

仕事だったら今回で見切りをつけようと思ってたんだけど・・・今回

「どうしちゃったんだ?∑( ̄▽ ̄;って心配になるくらい出来が

よかったんでビックリです! なんつっても、ちゃんとストーリーが

流れてるぢゃん! これは評価高くしてやっていいんぢゃなかろう

か? ・・・まぁ、ファンだって贔屓目を差し引いてでもね。(^^ゞ

しかも今回は総集編ではなく「新たに撮りましたよ~♪」って自己

主張があちこちに散りばめられています。 原作やアニメではまだ

登場してなかったロビンフランキーをあえて登場させて、敵側に

も新オリジナルキャラ・ムッシュールを登場させて絵的に違いを出

しています。 内容も少々マイナーチェンジ。 ドルトンが能力者で

なかったり、ワポルの目的が微妙に違ってる事でお話しが滞りなく

テンポよく進む様に修正されております。

まぁ、難を言っちゃうと・・・絵がちょっと全体的に荒いかなって感じ

です。 なんとなく『クレヨンしんちゃん』のイメージを感じたのは

オイラだけかな? それと、やっぱムッシュールは要らないなぁ。

今回の話しに最終的に彼の存在設定が必要だったし、みの氏の

熱演も悪くなかったけど・・・やっぱジャマ!( ̄- ̄;

後半に生きてこなかったんで、前半のラパーンの群れとの戦いも

意味が無かったのが残念。 いっそ削ってもいいんぢゃない?

まぁ、気に入らない所もあることはありますが、総合的にはかなり

「頑張ってくれたな!」って気持ちがビンビン伝わります♪

原作は何度も読んだし、アニメでもこの辺はけっこう観た。 その

都度いっぱい泣かされたから「もう流石に免疫ついたよ~ん♪」

ってつもりで挑んだ今回の映画だったけど・・・みごと惨敗!!!

映画館で人目もあるっつ~のに30歳越えたいいオトナがアニメ

映画で何度も泣ぐんでしまいました・・・。(T△T)

くっそ~! 何度観ても、いい話しぢゃねぇ~かコンニャロ~!!

見所はいっぱいありますが、注目して欲しいのはDr.くれはです。

TV版と同じ野沢雅子さんが演じております。 多くのアニメでは

元気な男の子の声あてる事が多いお方でありますが、今回は

かなりトーンを抑えたそれこそ深みのある大人のレディー(!)と

して熱演しております。 ラストのセリフも彼女! 泣かす!!!

うう・・・これぢゃまた原作読み直したくなっちゃうぢゃん。(>_<)

まぁ、「話しが解かりやすい」と言っても、それはあくまで少しでも

原作やアニメに触れた事がある人に限定されるわけで、全く興味

の無い人にとっては感情移入もし辛いお話しかもしれません。

それはTVアニメやドラマの映画化が抱える宿命とジレンマなんで

その辺は自分の価値観と照らし合わせて・・・ってことで。(^^ゞ

お! 来年は映画10周年かぁ☆(* ̄▽ ̄*) どうやら次回は映画

オリジナルになりそうですね。 行くか、来年も!ヾ(@^▽^@)ノ

|

« アニメ映画を観に行く♪ 2008・春 | トップページ | 東京国際アニメフェア2008 へ行ってみた♪ »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/11661231

この記事へのトラックバック一覧です: 劇場版 ワンピース 9:

« アニメ映画を観に行く♪ 2008・春 | トップページ | 東京国際アニメフェア2008 へ行ってみた♪ »