« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月の6件の記事

東京国際アニメフェア2008 へ行ってみた♪

凄い人出だ!!!∑( ̄△ ̄;

開場30分前に東京ビックサイトに着いたんだけど、入場待ちの

列が凄いことになってました・・・。 ホールの入口からエントランス

通って外にまで並ぶあたりまでは予想してたけど、そっからさらに

りんかい線の国際展示場駅の方に向かってパナソニックセンター

のあたりで折れてTFTビルの前も通って・・・そして辿り着いた列の

最後尾は夢の大橋の目前!(;´Д`) 遠い道のりだわ~。

Dscf0016 ジワジワと入場していってやっとこ会場に

入れた喜びもつかの間、会場は既に人が

充満しててもの凄いことに!!!Σ(゚ロ゚ノ)ノ

最初の目的だったステージは集合時間に間に合わなかったんで

ついたて越しに僅かに見えるスクリーンを人波に紛れて観る。

しょこたん、生で観たかったよ・・・。_| ̄|○

気を取り直して目的その2のステージを目指す!ヾ(@^▽^@)ノ

人波をかきわけてかきわけて・・・かきわけても人波。(;´Д`)

ステージ入口までなんとか辿り着いたのに、人が詰まってて中に

入れねぇ!!! おいおい、時間が迫ってるんだぜっ!( ̄△ ̄;

 「これはもう・・・強行突破ってやつですかぁぁぁ!ふんぎぃぃぃ☆」

決意した人間の行動は確立では測れないのだっ♪Dscf0018

荷物を頭に載せて整理券を頭上に翳しつつ

「通して!すいません!」を連呼しながら・・・やっと

ステージに入れた~☆(* ̄▽ ̄*)

もうこの時点でオイラの今日の体力は8割がた失われたことで

ありましょう。(^^ゞ

ステージはavexのライブ♪ きただにひろし、桃井はるこ、野川

さくら、田中雅之、古谷徹、瀬戸康史・・・(順不同・敬称略)に加え

て、イマジン5人衆(モモ・ウラ・キン・リュウ・デネブ)が歌って

踊る豪華なステージ!(* ̄▽ ̄*) もちろんイマジン&キバット

声優さん達も登場してぢつに賑やかで華やかなステージ☆ うむ、

これは早起きして並んだ甲斐があったってもんです♪ 感激ッス!

Dscf0003 それと、運良く観れた『ケータイ捜査官7』

のステージが印象的。 ヴァンパイアホスト

ハリケンブルーを生で観れたのが感激☆

・・・アニメのイベントなのに、思考はどうしても特撮方面に向いて

しまうダメなオイラです。(^^ゞ

まぁ~人間の多さにかなり苦戦したけど、それでもDscf0011

多くの新旧のアニメの情報やグッズを楽しめたり、

最新映像なんかも観れちゃうし、製作サイドや声優

さん達に会えるステージもあちこちで開催されてて、

ちょっとでもアニメが好きならかなり楽しめる催しと言えましょう♪

早くも来年も開催決定だそうなんで、行こうか迷ってるくらいなら

思い切ってド~ンと行ってみな!(笑)

とりあえずオイラは・・・今期は『マクロスF』『仮面のメイドガイ』

そしてこの秋公開予定の『劇場版・グレンラガン』に大きく期待

しとりますよ~ん。(* ̄▽ ̄*)

 PS:後で知ったんだけど『ウルトラヴァイオレット』がアニメ化、

   『お姉チャンバラ』が実写映画化されるんだそうな☆

    こっちも超期待大です!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

劇場版 ワンピース 9

何度泣かせりゃ気が済むんだ! ONE PIECE!(T△T)

ONE PIECE

           エピソード・オブ・チョッパー +

                   冬に咲く、奇跡の桜

昨年はあれだけ文句言ってたのに、結局観てきました♪(^^ゞ

だって“ドラム王国編”大好きなんだも~ん☆

だって・・・チョッパー大好きなんだも~ん☆(* ̄▽ ̄*)

やぁ・・・ね、昨年の“アラバスタ編”みたいに投げやりなやっつけ

仕事だったら今回で見切りをつけようと思ってたんだけど・・・今回

「どうしちゃったんだ?∑( ̄▽ ̄;って心配になるくらい出来が

よかったんでビックリです! なんつっても、ちゃんとストーリーが

流れてるぢゃん! これは評価高くしてやっていいんぢゃなかろう

か? ・・・まぁ、ファンだって贔屓目を差し引いてでもね。(^^ゞ

しかも今回は総集編ではなく「新たに撮りましたよ~♪」って自己

主張があちこちに散りばめられています。 原作やアニメではまだ

登場してなかったロビンフランキーをあえて登場させて、敵側に

も新オリジナルキャラ・ムッシュールを登場させて絵的に違いを出

しています。 内容も少々マイナーチェンジ。 ドルトンが能力者で

なかったり、ワポルの目的が微妙に違ってる事でお話しが滞りなく

テンポよく進む様に修正されております。

まぁ、難を言っちゃうと・・・絵がちょっと全体的に荒いかなって感じ

です。 なんとなく『クレヨンしんちゃん』のイメージを感じたのは

オイラだけかな? それと、やっぱムッシュールは要らないなぁ。

今回の話しに最終的に彼の存在設定が必要だったし、みの氏の

熱演も悪くなかったけど・・・やっぱジャマ!( ̄- ̄;

後半に生きてこなかったんで、前半のラパーンの群れとの戦いも

意味が無かったのが残念。 いっそ削ってもいいんぢゃない?

まぁ、気に入らない所もあることはありますが、総合的にはかなり

「頑張ってくれたな!」って気持ちがビンビン伝わります♪

原作は何度も読んだし、アニメでもこの辺はけっこう観た。 その

都度いっぱい泣かされたから「もう流石に免疫ついたよ~ん♪」

ってつもりで挑んだ今回の映画だったけど・・・みごと惨敗!!!

映画館で人目もあるっつ~のに30歳越えたいいオトナがアニメ

映画で何度も泣ぐんでしまいました・・・。(T△T)

くっそ~! 何度観ても、いい話しぢゃねぇ~かコンニャロ~!!

見所はいっぱいありますが、注目して欲しいのはDr.くれはです。

TV版と同じ野沢雅子さんが演じております。 多くのアニメでは

元気な男の子の声あてる事が多いお方でありますが、今回は

かなりトーンを抑えたそれこそ深みのある大人のレディー(!)と

して熱演しております。 ラストのセリフも彼女! 泣かす!!!

うう・・・これぢゃまた原作読み直したくなっちゃうぢゃん。(>_<)

まぁ、「話しが解かりやすい」と言っても、それはあくまで少しでも

原作やアニメに触れた事がある人に限定されるわけで、全く興味

の無い人にとっては感情移入もし辛いお話しかもしれません。

それはTVアニメやドラマの映画化が抱える宿命とジレンマなんで

その辺は自分の価値観と照らし合わせて・・・ってことで。(^^ゞ

お! 来年は映画10周年かぁ☆(* ̄▽ ̄*) どうやら次回は映画

オリジナルになりそうですね。 行くか、来年も!ヾ(@^▽^@)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ映画を観に行く♪ 2008・春

ちょっと映画館通いをサボってました。(^^ゞ

今回は多くの親子連れに紛れて、春恒例のアニメ映画を2本観て

きたんでまとめてレポります♪

***************************

超劇場版・ケロロ軍曹3

      ケロロ対ケロロ 天空大決戦であります!

お馴染みケロロ軍曹の劇場版の3作目です♪

先に言っちゃえば・・・今回は「しっかりケロロ軍曹してる!」って

事でかなり面白かったです。(* ̄▽ ̄*)

前作は夏美をメインに描いた事で全体的に抑え目な感じで物足り

なかったけど、今回はしっかりケロロが主役! んでもって敵役に

ダークケロロ達を出すことでギロロをはじめタママクルルドロロ

にもしっかり活躍どころが描かれるのがよいところ☆

加えて今回はケロロ達が人間とタッグを組むのがよい! ケロロ

はもち冬樹ギロロ夏美タママ桃華クルルサブロー

ドロロ小雪・・・もちろん彼らも活躍の見せ場が用意されてます。

メンバーとは別行動ながらクルルサブローの活躍は今回特に

目覚しい! アクション要素だけでなく、メカや頭脳戦においても

Photo楽しませてくれるのもケロロの楽しいところ♪

出番が少なかった桃華ですが、大破した自宅

よりも住民やチームを気にするセリフがあって

ちょっと見直しました。 普段は腹黒いキャラだ

けど、きっと根は優しい女の子なんだ。(^-^)b

モアちゃんは前回活躍した分、今回は控え目。 まぁ、彼女が活躍

しちゃうとみんな出番無くなっちゃうもんね。(^^ゞ それでも彼女が

登場する度に劇場のお父さん達の「おお~!」って低い声

あちこちから聞こえてくるんだけど・・・けっこう年配男性のファンが

多いのかな? 確かに女子高生モードは可愛いですが。(^^ゞ

個人的には大好きなギロロのカッコ良さが光るシーンが多かった

のが嬉しい♪ デンドロビウムで重武装のドルルを相手に、彼が

選んだのが普段から愛用してるビームライフル2丁のみってのが

イカす! それもタッグの夏美を気使いながらの戦闘! くぅ~、

漢(おとこ)だねぇ~!(* ̄▽ ̄*)

普段は悲惨な役どころのドロロが、今回は小雪と一緒に破壊工作

に大活躍するのもまた見物! カッコいいです。(≧∇≦)ノ彡☆

敵キャラながらシヴァヴァの熱血ヒーローっぽい言動も面白い!

そしてケロロ冬樹の絆が恥ずかしいくらいストレートに描かれる

のがまたステキです。(* ̄▽ ̄*) やっぱケロロはこの2人が前面

に出なきゃ面白くないよね♪

この映画のいい所は「どんな敵役であろうとも死なない」って事。

こういうのはコアなアニメファンには甘く見えるかもしんないけど、

やっぱメインターゲットは子供達なんだからやたら人を殺しちゃう

のって見せたくないもんね。 いいぢゃん、最後はみんな笑って

終わるのってやっぱ理想でしょう☆(⌒▽⌒)/ オイラは好きよ♪

また、今回はキャラだけでなく中盤にガンダム絡みのお遊びも

あります。 もちろんお馴染みのあのシーンやあのセリフが登場

するんで、ファンだけが笑えるお楽しみってことで。(^-^)b

「ED曲がいいなぁ♪」って思ったら、つじあやのさんが歌ってん

ぢゃん!∑( ̄▽ ̄; おお~、これ買いだわ! 買い!(笑)

やぁ~前作が前作だったんで期待してなかった分、今回はえらく

面白かったです♪ 映画ならではのスケールのデカい迫力の

シーンも満載なんで、ぜしファンなら映画館で観ましょう☆ 

***************************

ドラえもん/のび太と緑の巨人伝

こちらも先に結論言っちゃえば・・・「ちょっと背伸びし過ぎちゃった

かも?(^^ゞ」って感じです。 3代目ドラえもん初のオリジナル長編

ってことで気合い入ってるのも分かるし、テーマに“緑を守ろう”って

盛り込んだ意欲もすごくいいと思います。 ・・・が、いかんせん全体

的に消化不良気味なのが拭えないのが残念!(>_<)

まぁ2時間程度の映画一本で“自然と人間の共存”

に簡単に答えが出せるわけもないんでこういうPhoto_2

内容にならざるえないのは仕方ないのかもしれ

ないけど・・・それにしてもドラえもんを観に来て

子供にこの話しはちょっとまだ難しかったん

ぢゃなかろうか?(^^ゞ

今回は『風の谷のナウシカ』をはじめジブリ映画を意識したの

かもしれないけど、ドラえもんにその要素は要らないなぁ~。

なんだろう? 絵も全体的に手ぇ抜いた感じなんだけど気のせい?

去年の『新・魔界大冒険』「よく描けて、よく動いてる!」って感じ

で今作にも期待してたんだけど・・・なんか今回は微妙。( ̄- ̄;

始まって30分後にはあちこちで子供達が飽きてグズり始めた様子。

そりゃそうだ。 大人のオイラですら「なんだか盛り上がらない話し

だなぁ・・・」って飽き気味だったくらいなんで。(^^ゞ

良かった点は・・・出番は少なかったけどのび太のパパ&ママ

いい感じに描かれたのがよいね。(* ̄▽ ̄*) 特にラストのパパ

のドラえもんへの一言が何気にこの映画で一番ジ~ンときました。

(>_<) 家族っていいよね! きっと今回の影のテーマは“家族”

だったのではなかろうか?(^^ゞ

それから、ゲストキャラでは長老ジイがぢつにいい役どころ! この

キャラをSETの三宅裕司さんが見事に演じてるので注目です♪

あれ? ラストに登場したあのキャラ・・・チャミー?∑( ̄▽ ̄;

ってことは、来年は”あれ”のリメイクなのかな?

***************************

う~む、小さいお子さん達を暗い劇場で2時間近く座席に縛り付け

るのは難しいのかもしれませんなぁ。(^^ゞ この手の映画に来る度

親御さん達の苦労も目に入って「大変だなぁ~」と思ってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

またまた、空劇場へゲキレンジャーを観に行く!

飽きず、にまたしてもスカイシアターゲキレンジャーショー

観に行ってしまいました!

だって大好きなんだも~ん♪(* ̄▽ ̄*)

まぁ、結局毎週観に来てた相方には負けますが・・・。(^^ゞ

Photoゲキレンジャーの皆さんに生で会えるのもこれ

が最後! 撮影が出来ない分、自分の目にしか

と焼き付けてまいりましたよ~☆

ショー内容については・・・もはやレポりません! これは観に行った

ファンだけが味わえる特権なのです!ヾ(@^▽^@)ノ とりあえず・・・

「最高だった!燃え!」とだけ書いておきましょ♪

以前から迷ってたけど、今回ついに色紙を買ってPhoto_2

しまいました。(^^ゞ

 売り子のお姉さん 「どちらにしますか?

 ガンヘッド♪    「え~と・・・ 両方!

“迷った時は両方とも買っておけ!”と、かの明智光秀も言って

たので(←言ってません)せっかくだから俺は両方いただくぜぇ!

Photo_3 素顔の皆さんの方の色紙もイカすけど、スーツ

の方の色紙も何気にイカす! 誰が書いたのか

デカく“ゲキレンジャ”って書いてるのがたまり

ません!(笑) しかもこっちは下敷きとステッカー

も付いてくる特典付き! これで200円はお買い得です!

これはいい買い物をしたって気がしますよ☆(* ̄▽ ̄*)

相方も好奇心旺盛な人で“ゲキレンジャーせんべい”Photo_4

を買ってました♪ おすそ分けしてもらったので、

せっかくなんで写真載せちゃいましょ!

えい☆ヾ(@^▽^@)ノ

Photo_5 すでにTVでは次のスーパー戦隊が活躍して

るんで、ゲキの玩具やグッズは一掃セール

してるお店も多いです。 

「欲しいけど値段がねぇ・・・」と思ってたそこのあなた! 今こそ

買いですぜ!(≧∇≦)ノ彡☆

・・・ってわけでオイラも念願だった品を衝動買いしてみました♪

ゲキヌンチャク! これは昨年のプレミア発表会Photo_6

の時から欲しかった一品! ゲキグッズの中で

特にお気にぃで、以前買ったにも関わらず、今でも

気が向くとブンブン振り回して遊んでます☆

Photo_7シャーフーのソフビ。

猫系のキャラは好きさ!(* ̄▽ ̄*)

マジのスモーキーに続く猫系キャラ。

ショーでもオチャメでカッコいい姿を

いっぱい見せてくれましたね♪

ゲキトンファー。 見た目は出来が良くて飾るのPhoto_8

にはよい感じ♪ バトン、ロングバトンにも変形

可能のスグレモノ! ・・・が、流石に大人が遊ぶ

にはちと小さいです。(T△T) 取っ手が短いのと

前後のバランスの悪さが災いしてうまく回せない

のが悲しい。_| ̄|○

Photo_9 まぁ、定価で買ったなら怒りまくるとこですが、

予想通りって言えば予想どおりなんでよしと

しましょうかねぇ。(^^ゞ

ゴー○ンジャーは今のとこトキメく所が無いので、Photo_10

スカイシアターに来る機会はしばらく無さそうです。

でも来年の4月以降は新しい劇場に移行するそう

なんで、それまでにはまた遊びに行ってみようと

思いますよん♪

ゲキレンジャー、楽しい時間をありがとう! ・・・でもまだオイラ

は昨年11月以降を観てないからまだまだTVでは会えるね。(爆)

いい加減に追いつかないと色々な人達にそろそろ怒られそうなん

で、これから頑張って録画した分追いかけます!(^^ゞ

オイラはまだまだ

     ニキニキにクライマックスだぜぇぇぇ!!! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若手の邦画3連発!

映画レポをサボってたんで、今回は溜まってた邦画を一気に3本

ドドッと紹介しちゃいましょう♪ヾ(@^▽^@)ノ

や! 実際はどれも面白かったんで個別でレポしたいほどなんだ

けど・・・「面白い映画=レポりたい映画」ではないヒネクレ者に

つきこんな扱いに・・・ファンの人が居たらごめんなさい。(^^ゞ

***************************

『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』

 「チェーンソー? ホラー物か?」と思って何気に観に行って

 みたところ、なんとファンタジーアクション物だった事に驚き!

 や! むしろ学園ヒーロー映画か?(^^ゞ これジャンル分け

 難しいね。(笑)

 チェーンソーを振り回す黒尽くめの大男と、可憐な美少女が戦っ

 てるのを見てしまった主役の男の子が巻き込まれていくアクション

 ファンタジー・・・と書いても、多分この映画の面白さは1割も伝わ

 らないことでしょう。(^^ゞ

 CGやワイヤーアクションによる見事なアクション描写は圧巻!

 でもそれ以上に、気楽に見えながらも実際は色々な事に悩んで

 もがいてる若者達の描写が観ている者の胸を打つ。

 決してお金はかかってないけど、ときどきとても美しく描かれる

 シーンが多くて観てて飽きませんでした♪

 邦画もバカにしたものではない! 今どきの若い日本の映画人

 にも才能はゴロゴロしてるってのを教えてくれる意欲作です♪  

『リアル鬼ごっこ』

 “若手の映画人”って点で、上記と繋がるものがありますね。

 アプローチは違えど、こちらも邦画の鎖を断ち切って飛び出した

 若さ溢れる意欲作って気がします♪(^-^)b

 幸いなことに原作は読んでませんでしたが、この突拍子も無い

 設定を映画にしちゃった意気込みは拍手です!

 展開の早さとスピーディーな映像がたたみ掛ける感じがクセに

 なりそう。(* ̄▽ ̄*) かなり引き込まれました♪

 ラストは原作と違うのかな? こういう終わり方大好きよ☆

 『バトルロワイヤル』が好きな人に特にお薦めの一本!

『L change the worLd』

 松山ケンイチ君の“L”は、もはや原作を飛び出してひとり立ち

 してしまいました。(^^ゞ あの独特の間髪入れない喋り方とか、

 原作にも無かったパソコンを打つ姿や走るシーンなんかも彼

 なら「ああ、きっとそうだ!」って感じに演じてくれるのが嬉しい♪

 すっごく上手だなぁ~。(* ̄▽ ̄*)

 今回はスピンオフでありながら、ちゃんと映画『DEATH NOTE』

 に絡みながら進むお話しなのがよいね。 当然ながら前作の

 出演者や回想シーンだけでなく、リュークも登場しちゃうあたり

 のファンにとってサービス満載!

 もちろんお話しも決して引けをとらないスケールの大きい話しで

 満足♪ 今回は頭脳戦ってよりは体力勝負に重きが置かれた

 んで、好みは分かれるけど・・・オイラみたいな頭よくない奴には

 これくらのが丁度いいって感じです。(^^ゞ

***************************

今回の3作は共に“若手が活躍する邦画”って事で並びました。

いいぢゃん♪ 日本の若い映画人にも才能は溢れてるんぢゃん!

今はまだ荒削りな事も多いけど、今までに無い大胆でユニークな

邦画がこれからどんどん出てくれるの期待できますよ♪

がんばれ、今の若者達! 明日のエンターティメントを支えて

いくのは君たちなのだ!ヾ(@^▽^@)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

28週後・・・

もはや説明はいりませんな。 『28日後・・・』の続編です♪

とはいえキャストは総入替えなので純粋に“前作のその後”てこと

ではなく、同じ事件の後に起きた別の場所の別の物語って感じで

あります。

世界が崩壊した設定と、音楽と・・・あとは映像の雰囲気は前作を

踏襲してますが、ここで描かれるのはまた前作とは違った物語。

(゜-゜)(。_。)(゜-゜)(。_。)ウンウン 同じ事やったって喜ぶのは一部の

ファンだけだろうし、オイラもこういう裏切りは大歓迎です♪

昨年は『バイオハザード3』『インベージョン』『アイ・アム・

レジェンド』等々、お金かけた派手なゾンビ映画が目白押しだった

んで、観客はもうちょっとやそっとのゾンビ映画ではもの足りなくな

ってるわけです。(^^ゞ そんな時期に登場した今作・・・かなり不利

ではなかろうかと心配でした。 特にオイラは前作のファンだったん

で続編は嬉しい反面、不安もかなりでしたので・・・。

でも、ぶっちゃけ出来は満足です☆(* ̄▽ ̄*)

映像も「おお!」って感じの独特のシーンやドキドキするシーンが

多彩だし、音楽も前作の曲を多用してくれたんで“らしさ”が強調

されてよかったです。 特に前作は音楽の使い方が独特だったん

で、そのイメージ壊されてなかったのが高評価!(^-^)b

今回の見所は・・・やっぱ感染者(正しくはゾンビではない)の表現

でありましょう♪ 前作は“遠くから走ってくる他人数”を遠くから

捕らえた映像が多かったけど、今回はしっかり“全速力で迫って

くる群集”を描いてるのがよい! そして怖い!!!

なんつったってカメラまで一緒に逃げ回ってるかの様な緊迫感

が描かれてるのが素晴らしい♪ そ、オイラは“カメラも出演者

一人として演技する”って映画は特に好きさ。(* ̄▽ ̄*)

ハンディカムの多用で少々映像はブレ気味で観辛いし、中には

乗り物酔いしちゃうような人も出るかもしんまい。(^^ゞ ま、そこ

はご愛嬌かな?

全体的に少々地味な展開と思わせておいて、中盤以降はマニア

も喜ぶ様なスプラッター描写もちゃんと準備されてます♪

うむ! これなら充分に合格点ですぞ!ヾ(@^▽^@)ノ

さてさて・・・これで上手くいったら、3作目もあるかな? タイトルは

やっぱ『28ヶ月後・・・』とかになんのかも?(⌒▽⌒;

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »