« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月の9件の記事

ヒーロー物語 『伝説』

俺のハートは~ 夢じかけ~♪(⌒▽⌒)/

またもや熱い熱~いライブに行ってきましたよん☆

LIVE ヒーロー物語 『伝説』

 出演 : 串田アキラ ・ MoJo ・ 宮内タカユキ

 司会 : ショッカーO野

会場が銀座のパセラって事に驚いたけど、初めて行ってみた

けどわりといい場所なのね~。(* ̄▽ ̄*) オイラに縁遠いと

思ってた銀座なんてオサレ~な街に、こんなステキスポットが

あった事を知ってビックリです☆ ・・・長生きするもんだねぇ。

選曲は3人とも比較的スタンダードだったかな。 まぁ、やたら

新曲をポンポン出す人達ではないのでその辺はお互いに心得

てるって感じでありましょう。(^^ゞ

スーパー戦隊のロボソングを特集してくれたのは嬉しい!

長らく聴いてなかったけど、久々に聴いてもやっぱ燃える曲

多いわ~☆

やっぱ歌ってる3人を生で観れて、聴けて、一緒に歌ってっての

はたまらんものがありますなぁ。(* ̄▽ ̄*)

うん! 変に小細工するよりも、3人には実力で勝負するこう

いうシンプルでストレートなライブのが向いてるなって気がしま

すよ♪ んで、お客さん達とやりとりしながら進めるステージっ

てな~んかいいよね。(^-^)b

今回はギャバン・大葉さんシャリバン・渡さんが飛び入りで

ステージに上がりました。 お台場の方のイベントに出てたそう

だけど、流石は宇宙刑事! 光の速さで駆けつけてくれたので

ありましょう。(笑) 嬉しいサプライズでした♪(* ̄▽ ̄*)

次回は! そうだなぁ・・・レスキューからファイヤー・山下さん

ジバン・田村さんとか来てくれたら嬉しいにゃ☆

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ヘアスプレー

「ゑ? ガンヘッド♪ってば、そんな映画も観るの?!」

とか聞こえてきそうですが・・・言っちゃなんですがオイラは

ミュージカル映画好きですよ。(^-^)b(詳しくは無いです)

ミュージカル映画ってさ、内容うんぬん以上に勢いが大切な

んぢゃないかなと思うがどうか? イカす曲にのせて出演者

が見事に歌って踊って・・・んでそれ観てる観客が「あ~・・・

なんかじっと席に座ってるのがもったいなくなってきた」って

思わせたらそれで勝ち。(⌒▽⌒)/ オイラはそう思うのね♪

んでこの『ヘアスプレー』ですが、オイラは早くも上映5分程度

「あ~・・・オイラもここで踊り出したら楽しいだろなぁ~☆」

気分になっちゃいました。(^^ゞ そういう映画です。(笑)

さて、今回の映画はあんまし情報得ないまま出かけちゃった

んで、予想してた内容と実際の内容がずいぶん違ってたこと

に驚きでした。 あちこちで大きく写真が出てるんでオイラは

てっきりあの女装したジョン・トラボルタが主役なんだと思って

ましたよ。(^^ゞ

主役のトレーシー役をニッキー・ブロンスキーがぢつにノリノリ

で演じております♪ 可愛いね!(* ̄▽ ̄*) すっごい笑顔が

キュートで可愛い! 音楽が聴こえてくる度にチョコチョコと

踊るのが愛らしい! んで声が鼻声っぽいのに滑舌がよくて

独特の歌声になるのが魅力! なんっつ~かな・・・性格のいい

柳原可奈子を見てる感じ☆ ・・・う~む、よくこの子を見つけて

きてくれたものであります。(^^ゞ でも、個人的にはストレートの

ロングヘアーのが魅力的って気がします♪

単なるポップでオサレ~な軽めなサクセスストーリーになるかと

思いきや、身分や外見や人種の差別問題なんかも巻き込んで

ちょっと感心しちゃいます。 でも、変に重くなりすぎず、もちろん

ラストはスカッと爽やかに盛り上がるんで後味もいいです。

ジョン・トラボルタはじめ、ミシェル・ファイファー、クィーン

ラティファ、アマンダ・バインズ、ジェームス・マースデン、

ザック・エフリン、イライジャ・ケリー、ジェリー・スティラー

・・・ぢつに個性的でいい役者さん達がいっぱい登場して自己

主張しております♪

トレーシーの父親役をクリストファー・ウォーケンが演じてます。

不器用だけど妻や娘を愛する気持ちは誰にも負けない優しい

パパさんって感じで印象的でした。(* ̄▽ ̄*)

みんながみんな、出演者だけでなくスタッフも一緒に楽しそう

に撮ってた感じ伝わってくるのがぢつにいいね!

色々なダンスも楽しめるけど、なんつってもこの映画は曲や歌

がよい! どれをシングル・カットしたとしてもうなづけるくらい

バラエティに富んだ魅力的な曲がいっぱいなのがよい☆

サントラも欲しいけど・・・やっぱあのキャラ達があの踊りで歌う

のが観たいから、やっぱDVD出るの待つでしょう!(* ̄▽ ̄*)

世間の評価がどうかは知りませんが、オイラはこの映画好き

だな♪ 今年観たラインナップの中でも上位に入れたいと思い

ます。(^-^)b

| | コメント (2) | トラックバック (5)

木村裕子ちゃんが海老名に来たよ♪

Dscf0165 小田急線開業80周年記念のお祝いに、

海老名駅周辺では“ファミリー鉄道展”

なるものが開催されて賑わってました♪

・・・つか、人多すぎ!(;´Д`)

あまりに前例が無いくらいに駅周辺に人が溢れてたんで

「海老名が陥没するんちゃう?」 Dscf0204

と心配しちゃうほどでした。(笑)

さて、毎度お馴染みとなったビナ・ウォーク

には、そのイベントに合わせて

鉄ドル(鉄道アイドル)木村裕子ちゃん

がト-ク&ステージに来てくれたのですよ♪

やぁ・・・めっさ可愛いですなぁ~ 裕子ちゃん!(* ̄▽ ̄*)

Dscf0199 ここんとこ全身スーツの被写体ばっか

撮ってたんで、久々に可愛いおにゃのこ

を撮るのがホント楽しかった!

ぜし、また来ていただきたい☆

もちろんその時は小田急ロマンスカーに乗って!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

爆笑活劇・パタリロ西遊記!

『パタリロ!』と聞いて「懐かしい~」なんてのは問題外!

不定期ながらも、現在も連載が続いている偉大な作品なので

あります。ヾ(@^▽^@)ノ

その『パタリロ!』から派生した1つが『パタリロ西遊記!』で、

漫画から飛び出してアニメ化、そして今回舞台劇として登場

したと聞いて「これはファンとして見逃せない!!」と観に行く

ことにしましたよ。(⌒▽⌒)/

『抱腹絶倒・爆笑活劇・パタリロ西遊記!

Dscf0224 「まぁ2時間程度でまとめるには長い話し

なんで、恐らくはかなり原作をアレンジした

オリジナルストーリーになるであろう・・・」

とか勝手に想像してましたが・・・すいません、これ

魔夜先生ファミリーが自ら手がけてる舞台だったんですねぇ。(^^ゞ

ちゃんと原作の後半部分に沿ってお話し組み上げられてます

これは恐れ入りました。m(_ _)m

さてさて、今回の劇ですが・・・これがまた豪華なメンバーが揃っ

ているんです♪ 悟空小山瞳さん、八戒松本吉朗さん、

悟浄久保克夫さん、三蔵永木貴依子さんがそれぞれ

熱演してくれてます。 特に小山さん! Dscf0242

原作をしっかり研究したのでありましょう。

パタリロ悟空らしいポーズや動きに

かなり感心させられましたよ。(^-^)b

バンコラン・・・否、盤古羅漢は名前のみで劇中には登場しな

かったのがちょっと残念! 悟空(パタ)盤古(バン)の絶妙

なかけあいが舞台でどうなるか楽しみだったんだけど・・・。

ナレーションに堀内賢雄さん、釈迦たてかべ和也さん、

孔子肝付兼太さん、野風羅漢津久井教生さん、そして

役ではないけど魔夜峰央先生と、女官役とダンスの振付に

奥様の山田芳実さん、更には娘さんも出演しちゃってます。

なんかこういうのってステキね♪(* ̄▽ ̄*)ポワワ~

Dscf0229 劇の中盤では魔夜夫妻やたてかべさん&

肝付さんを迎えてのトークコーナーがあったり

してぢつに楽しませてくれます。

ジャイ○ン&ス○夫!∑( ̄▽ ̄; そうか、これを狙って

のキャスティングだったのね♪(伏字の意味ないし!)

何気にここで音頭をとってたのがいつも元気Dscf0232

いっぱいなニャンチュウ津久井さんってのが

いいね♪(⌒▽⌒)b

やぁ、とっても賑やかで華やかで愉快ないい舞台でした☆

Dscf0226_2 ・・・しかし、お楽しみはまだ終わらない!

スタッフさん達が着てたTシャツが気に

なってたんだけど、公演の後にロビーで

販売されると聞いて速攻物色しに♪

黄色と黒の2種類に「どっちにしよう?」なんて悩むのはムダ!

そんな時は「両方買う!」が正解です。(^-^)b せっかくなんで

Tシャツ2枚とパンフとポスターが揃ったお得なセットを購入。

そしたら「魔夜先生が直接サインをしてくれます」と聞いて

思わず鼻血が吹き出しそうになりました。∑( ̄▽ ̄;

ええ! もちろんサインをいただいてきましたよ☆

魔夜先生・・・クールなダンディだけど、ちょっとおチャメさん♪

握手してもらって、パンフにサインももらって、 Dscf0223b

ちょこっとだけどお話しもできて・・・感激!

25年間『パタリロ!』を好きでいてホントに

よかった!(* ̄▽ ̄*)

すみません・・・サインの時に“ガンヘッドへ”とお願いします」

などとわがまま言ってしまって。(^^ゞ でも嬉しいにゃ! これ

一生モンの宝物になります! 大事にします!ヾ(@^▽^@)ノ☆

嫁入り道具にも持っていきます!(笑)

その後も、一緒に観に来てくれたちぃ姉のはからいで、憧れの

ニャンちゅう・津久井さんにも会わせていただきました♪

津久井さんてば、おしゃべり好きなのはステージの上だけかと

思ったら・・・普段からサービス精神旺盛なお方なのね。(^^ゞ

あまりに至近距離で会えたんで例によって頭の中が真っ白に

なってしまい、やっぱりろくにお話しもできませんでした。orz

でも気さくに握手もしてもらってまたまた感激☆ 次回会えた

時はちゃんと生ニャンちゅうをおねだりしたいと思います♪

Dscf0228 や、こんなに密度濃い内容でいいん

だろうか? いいんです!

日ごろの行いがいいんです!(笑)

ちぃ姉、テンション上がってはしゃいでしまってすいません。

でも、おかげさまでホント忘れられないいい一日を過ごさせて

もらいました。m(_ _)m また、次回もよろしく!(笑)

そんなわけで、なんだかムチャクチャなレポになってしまって

すいません。 まぁ、それだけ今回は嬉しい事がいっぱいだっ

たってことが伝わればよいかと。。。(^^ゞ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

カタコンベ

実在の場所を扱った映画っていいよね~♪(* ̄▽ ̄*)

それがホラー物だったりしたら・・・そりゃもう怖さ倍増!!

以前からTVなどでは見て「凄い所があんだなぁ・・・」と思ってた

地下墓地『カタコンベ』ですが、むしろこんな絶好のスポット

を今まで映画で使わなかったのが不思議なくらいですね。

先日観たばかりの『ラッシュアワー3』とか、『TAXi4』とか

『ドーベルマン』とか・・・オイラにとっておフランス、特に

フランス語ってのは優雅でシャレっ気があってオサレー

イメージでしたが、今回かなり考えが変わりました。 暗闇で

フランス語でまくしたてられるのってこんなに怖いん。p(>_<)q

かなりビックリです。

海外の一人旅を推奨する人がよく「人生観変わるよ☆」なんて

言いますね。 や、それはそれでステキな事だと思います。

思います・・・が、それを他人にまで押し付け強制するのは

迷惑以外の何物でもないって気がします。( ̄- ̄;

オイラは「価値観はその人によってそれぞれ全く違うもの」

思っています。 物の価値、時間の価値、経験の価値・・・幸せ

の価値においてもそれは同様と考えます。

今回の映画は、姉のそんな迷惑な押し付けを受けたばかりに

心身ともにボロボロになっていく一人の不幸な女の子のお話し

と捕らえてよいでしょう。

「自分の価値観をやたら押し付けると、

         後で酷い目に遭うぞ!」

って教訓を教えてくれる映画です。(^-^)b

映画的には、この映画は半分以上が真っ暗な闇の描写って

感じですかね。 しかもほとんどのシーンが主役のヴィクトリア

(シャニン・ソサモン)の一人芝居ってのが面白い! なんか

一歩間違えたらかなりつまんない映画になっちゃいそうな設定

なのに、最後まで飽きずに観せちゃうのがこの映画のいい所♪

なんて言うのかな? 暗闇の表現のバリエーションが多彩!

音楽のメリハリもなかなかよい! 騒がしいミュージックから

一転、真っ暗闇で頼りない懐中電灯一本を頼りに一人ぼっち

になる静けさの恐怖! この音の対比が絶妙です。

またヴィクトリアの心情の表現もいいね♪ 得体の知れない

怪物に追われる中暗闇を逃げなきゃならない恐怖、言葉が

通じない不安感、人混みの中ゆえに見知らぬ土地で感じて

しまう孤独感・・・。 や、マジでヴィクトリアに同情しちゃうなぁ。

(>_<)

めっぱいドキドキして、嫌ぁ~な気分にドップリ浸れる映画です。

妄想力の豊かな人暗闇や閉所が苦手な人、特にオススメ

の一本ですよん!ヾ(@^▽^@)ノ  

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ヘタこいたぁぁぁ ○| ̄|_

『踊る大捜査線』の再放送や映画の放送されてましたね♪

今回は2本のスペシャル版の再放送もしてくれたのでありが

たくタイマー録画に。d(⌒▽⌒)b

“秋の犯罪撲滅スペシャル”は編集も終わって無事DVDに

落としたんで安心してたけど、“歳末特別警戒スペシャル”

方は録画は大丈夫だったのにオイラがうっかりして編集時に

ラスト10分のチャプターを消しちゃいました。∑( ̄△ ̄;

うぁぁ!ヘタこいたぁー!!! _| ̄|○

今回、100%自分のミスなんで怒りのぶつけようもない・・・。

悔しいんで、今夜は早く寝てしまおうと思います。(>_<)スンスン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ふたりのアニソン #5

アニソン界の大御所でありながら、現在も最前線で活躍する偉大

なお2人! “アニキ”こと水木一郎さんと“ミッチ”こと

堀江美都子さんがタッグを組んで年に一度開くホーム

パーティー風ライブ♪ それが『ふたりのアニソン』

であります。(^-^)b 気がつけば#5・・・つまり5回目!

月日の経つのはホント早いものですね~。(* ̄▽ ̄*)

・・・と、昨年と同じ事を書いてみました。(爆)

例によってこのライブは座席があるのでゆっくり楽しめるので

すが、今年は思いがけず物凄くよい席になってしまいむしろ

緊張してしまいました。(^^ゞ だって・・・目の前、手を伸ばせば

触れちゃう様な所まで2人が来て歌ってくれるんですよぉ!!

マジでアニキに頭から噛みつかれるかと思うほど激目の前

まで迫って、心の臓がバックンバックンしまくりでした☆

それでなくても今回は特にオイラがお気にぃの選曲が多くて

ハイパー満足だったのよ。(* ̄▽ ̄*) ホント、このライブは

毎年極上に楽しませてもらってます♪ 最高よ!!

ホント、もう色々書いたり話したりしたい事はいっぱいあるんだ

けど・・・悲しいことにオイラの乏しいボキャブラリーでは気持ち

を表現する事が困難なのです。(T△T) 読んでくれてる皆様に

申し訳ない気持ちでいっぱいであります。

「いったいどれくらいいいんだよ?」と思ってもらえたら、ぜしとも

次回の『ふたアニ』に実際に足を運んでいただきたい。 きっと

今のオイラの気持ちもちょっとだけ解かってもらえるかと思い

ます。m(_ _)m

楽しかった! 今年も一緒に楽しんでくれたうり氏、初参加の

じゃんぽけ氏、来年もまた2人に会いに行きましょうね~☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラネット・テラー in グラインドハウス

ド派手なB級ゾンビ映画、キター!━(゜∀゜)━

全国に何万人居るんだか分からないけど熱烈なB級ゾンビ

映画ファンの皆様、お待たせいたしました♪ ロドリゲス監督

『プラネット・テラー』がついに日本上陸です!ヾ(@^▽^@)ノ

惜しくも日本での『グラインドハウス』公開は2本に分けた単品

上映となってしまいましたが・・・結論から言っちゃうと正解かも

しれません。(^^ゞ 確かにタランティーノのやりたかった“B級

映画の2本立て”の雰囲気こそ壊しちゃうかもしれないけど、

実際はどっちも面白いしよく出来てるんで続けて観ちゃったら

お得なのを通り越して凄くもったい無い気分になっちゃい

ますもん☆(^^ゞ

そんな関係で本国での公開時には4本のフェイク予告編が

挿入されていたのですが、オイラが観た時は『マチェーテ』

の一本だけが上映されてました。 これがまたB級予告の

王道行ってて、えらく面白そうなのがタマらんス!(* ̄▽ ̄*)

きっと実際に本編観たらズッコケそうな雰囲気までビンビン

伝わる勢いがもうステキ過ぎ! このフェイク予告観ただけ

でもいきなりテンション上がってしまいました♪

さて『プラネット・テラー』本編のお話しなのですが、これが

またいい具合に豪快でハチャメチャで無責任でド派手で

カッコよさ満点なのが凄い! アクションもバリバリだし、

スプラッター要素も思い切ってるし、シャレたセリフもてんこ

盛り! しかもラストでついホロっと泣かせるオマケ付き!

ホントに「なんでもアリ!」なお得な一本。(* ̄▽ ̄*)

男性陣もイカすキャラが揃ったけど、今回はやっぱ強い女性

が描かれてるのがイイ! なんつってもチェリー・ダーリン

ローズ・マッゴーワンがステキ!(* ̄▽ ̄*) 前半で心身

共に痛い思いした分、後半では片足にマシンガンを装着して

スカっとするほど大暴れしてくれます♪ でも常に可愛いとこ

残してるチャーミングさがまたたまらないわ☆

マイケル・ビーンブルース・ウィリスなんて大物をこんな役

で使っちゃうセンスもナイス! また、こっちにもタランティーノ

が美味しい役で登場してます。 何気に出たがりだよ、この人

ってば。(^^ゞ

ああ、もうこれ以上書いたらネタバレしちゃいそうで怖い!

ホントはもっと色々と書きたいけど、あえて今回はここまでに

しときます。

この『プラネット・テラー』を皮切りに、以後『バイオハザード

3』『立体映画ソンビ3-D』をはじめ、ロメロ監督の新作

『28日後・・・。』の続編なんかも控えてて、久々にゾンビ

映画がフィーバーするんでワクワクが止まりません☆

心病んでますか? 望むところだっ!!ヾ(@^▽^@)ノ

| | コメント (4) | トラックバック (14)

ファンタスティック・フォー[銀河の危機]

本当は『ファンタスティック④』もしくは『ファンタスティック4』

タイトル振りたかったけど、パンフの中での邦題が『フォー』

統一されてるので、今回のタイトルは上記の通り。(>_<)

日本での知名度は『スパイダーマン』『X-メン』ほどでは

ないけれど、『ブレイド』『デアデビル』と並ぶくらいオイラは

好きなヒーローです♪(* ̄▽ ̄*)

今年は『トランスフォーマー』をはじめ、『スパイダーマン3』

『ゴーストライダー』に続いて今作と、マーヴェルコミックの実写

映画化が目白押しですね。 ヒーロー特撮大好きなオイラにと

ってホント当たり年でウハウハであります☆

さて、今作! 当然ながら前作『ファンタスティック・フォー

[超能力ユニット]』の純粋な続編であります。(^-^)b メイン

となる出演者はもちろん、監督・製作・脚本・音楽・・・多くの

面子が前作に続き続投してるのがよろしい♪ なんせ前作も

かなり良いデキだったもんね~。(* ̄▽ ̄*) 「世界観を保つ」

って意味は大きいです。

まぁ、スタッフやキャストが同じだと、良くも悪くもどうしても前作

に似た内容になりがちですが、今回はそこに新たなキャラクター

シルバーサーファーが世界を引っ掻き回すことでまた新しい

物語へと進んでおります。(^-^)b

また、ヒーローものにはイカす乗り物が必要! 新しい搭乗メカ

“ファンタスティックカー”が初登場! ここ一番でカッコいい

活躍を見せてくれるのもよいですね。(* ̄▽ ̄*)

4人&サーファーの活躍はもちろん、前作に続きDr.ドゥーム

もまた何がしたいんだか解からない悪役で再登場してます♪

ここに“ヒーローでいる事の悩み”“チーム解散の危機”

問題山積みの中、どさくさ紛れに地球(つか、全宇宙?)の

危機まで押し寄せちゃったからさぁ大変!ヾ(@^▽^@)ノ

とはいえあの蜘蛛男ほどクヨクヨしないのがチームヒーローの

いい所です♪ ビバ戦隊ヒーロー☆ 燃え!

お話しはテンポよく進むし、笑わせる所は笑わせて、ドキドキ

する所はおもっきし派手に! いい映画だ!(* ̄▽ ̄*)

ところでカプコンの対戦ゲームにシルバーサーファーが出な

かった事に不満だったアメコミ好きの友達がCMを観るなり

「シルバーサーファーは悪い奴ぢゃないよぉ!(>_<)」

と嘆いておりましたが・・・それは実際映画を観てもらえれば

納得できると思います。 まぁ、世間を騒がせて迷惑な奴だっ

てのは間違ってない気もしますがね。(^^ゞ

まぁ「原作はマンガでしょ?」なんて人には向いてませんが、

「スクリーンでヒーローが大暴れすんの、最高!」って人なら

楽しめることうけあい♪ 特に今回はスーパー戦隊シリーズ

を今でも愛する人達に特におススメの一本!

個人的には『スパイダーマン4』以上に次回が期待できる

シリーズです。(⌒▽⌒)/

最後に一言・・・ジェシカ・アルバ、萌え~♪(* ̄▽ ̄*)

| | コメント (0) | トラックバック (8)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »