« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月の7件の記事

夏のイベント 2007

夏はイベントの季節!ヾ(@^▽^@)ノ

コミケこそ行きませんが、そんなオイラにとっても夏は色々と

楽しい事が催される忙しい季節なのです♪

*************************

ウルトラマンフェスティバル 2007

今年も行ってきましたよ、池袋のウルフェス♪(^-^)v

今年は“ウルトラセブン生誕40周年”とのことで、展示の

多くはセブンでいっぱいでした。

セブン! セブン! セブン!

なんせオイラ、初めて買ったLDがセブンのBOXだったくらい

セブン好き!(* ̄▽ ̄*) 当然見逃せない催しです♪

ホントはコノミちゃんが来る日に来たかったけどね。(爆)

これでもかってくらいセブンの展示を通って、奥にはショーの

ステージになってます。 ショーの内容は前期がセブンの物語

後期はメビウス外伝となっており、ホントは前期のショーも観た

かったけど・・・オイラ達が行った時はすでに後期に入ってたの

でメビウスの方を。(^^ゞ

まぁ、スカイシアターのショーを見慣れてると流石にハデさには

欠けますが、今回もスポットライトや音声、バルーン人形なども

使った演出で独特の面白さがあります♪

ウルフェスはフラッシュ撮影と動画はNGですが、撮影はOKに

つき遠慮なくステージも撮らせていただきました。(^-^)b

展示と併せて写真を厳選したんで、お時間のある方は右の

アルバムも楽しんでって下さいまし~♪

*************************  

獣拳戦隊ゲキレンジャーショー 第3弾

    俺、参上!友情の電激気パワー炸裂!!

スカイシアターの“素顔の戦士”以上に楽しみだったのが今回

電王の参戦です☆ だって・・・ゲキレンジャー電王&

ゼロノスの共演だよ! こりゃ観るっきゃ!

去年の“カブト参戦”の時ほど声に違和感は無かったかな♪

スーツアクターさん達がこの暑い中とても頑張ってます!

電王のソードフォームガンフォームもあのイメージの動き

をちゃんとするのがステキ! 特に踊る様に遊ぶ様に戦うガン

フォーム(リュウちゃん)の動きは生で観ると感激です☆

ニャンコせ・・・シャーフーやゲキトージャ、理央&メレ、はたまた

バエの実況まで飛び出して、ぢつに賑やかなステージです♪

欲を言えば、もちっとゲキレッドのヌンチャク捌きが見たかった

かな。 それと・・・デネブが声だけの出演なのが残念!

でも、TVではこんな豪華な共演はまず観れないと思うと、やは

り暑い中観に行った甲斐があったってもんです。(* ̄▽ ̄*)

こちらも写真を選んだので、お時間のある方は右のアルバム

も覘いてって下さいまし~☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ベクシル-2077日本鎖国-

海外のフルCGアニメは「いかに実写に近づくか」を狙ってるの

に対して、日本のCGアニメは「いかにアニメと実写を繋ぐか」

に重きを置いてる気がします。 今回はそんな一本。

日本のハイテク鎖国・・・なかなか面白い発想です♪

今回の映画は「鎖国が完成する過程」ではなく「日本が

すで鎖国に入って10年あまり」を設定にしております。

前者ならきっと『宣戦布告』の様な会議シーンばかりの映画

になったかと思うのは考えすぎか?(^^ゞ

タイトルからすると政治がらみの重いドロドロした話しになると

思いきや、なんとこれ見事な全編ハイパーSFアクション映画

に仕上がっています☆ ホントに見事です。(* ̄▽ ̄*)

パワードスーツやバギーカーや大型ヘリを使ったスピーディー

なバトル、日本全土を隠す鎖国システム、大地を這う巨大な

“ジャグ”なる化物・・・どれもスケールのデカい映画向きな映像

がたっぷり楽しめます。

音楽もいいね♪(^-^)b どこの国の音楽とも断定できない様な

一風変わった凝った音やリズムがいい所でいい感じに流れる

のもGOOD!

ただ、唯一の難点は・・・やっぱ人物かな。(^^ゞ や、設定とか

でなくってCGで描いた人物ってのがちょっと。 以前やっぱり

フルCGの『アップルシード』を観て「肌のツルツルテカテカ

したマネキンが滑らかに動くのが気持ち悪い!(T△T)」と思っ

たオイラなので不安でいっぱいでしたが・・・まぁ、今回はむしろ

それを逆手に取った様な内容なんでOKでしょう。(^^ゞ

動きはいい! 人混みを掻き分けて追ってくる黒服の動き

なんてすっごいリアルだもん。 ジャグの重量感とか、バギー

の走るときの挙動とか、転がるバイクの動きとか・・・文句無い

です。(^-^)v

映像に惹かれて観に行った映画でしたが、内容も負けてない

面白さです☆ 凝った話しではあるけど、オイラが理解できる

内容なんでさほど複雑怪奇ではありません♪

その独特の世界観の為に、中には「?」と思う所もありますが

その辺はパンフレットで解説されてるので安心です。 きっと

パンフを読んでからもっかい観たらまた更に深みが増す

かと思いますよ。(^-^)b

やぁ~、今年のアニメ映画は“アタリ”と“ハズレ”が極端に出る

傾向があるけど、今回はしっかり当たりです♪

DVD出たらスタッフの拘りとか聞きながらまたゆっくり観たい

気がします。 

| | コメント (0) | トラックバック (10)

AJF(アニメジャパンフェス)2007

今年の夏も3日間お台場に通ってきました☆(⌒▽⌒)/

日程も同じで場所も近くではありますが・・・例の同人誌の

イベントではありませんのであしからず。

AJF/アニメジャパンフェス・・・毎年夏に

行われるアニメソングのお祭りです♪(^-^)b

*************************

17日(金)・・・アニソン女子部“復活”夏祭り2007

数年ぶりにアニ女が帰ってきた!ヾ(@^▽^@)ノ

やっぱ女性がステージに横並びすると華やかですねぇ~♪

特にOPは全員が浴衣姿でテーマソングの“A-Motion”

を披露! ギザ萌ユルス~☆(* ̄▽ ̄*) 

他にも皆さんが色々とあんな衣装やこんなコスで登場して楽し

ませてくれました。 途中でコントなんかも入れちゃうオチャメ

さもアニ女ならではって気がします!(^-^)b

毎年・・・とは言わないから、2年に一度はやって欲しいなぁ♪

<出演>堀江美都子、大杉久美子、富沢美智恵、金月真美

     井上あずみ、三重野瞳、Salia、米倉千尋、YUKA

     Sorachoco

     特別ゲスト・・・竹田くん(フラカッパー)

                         (順不同/敬称略)

*************************

18日(土)・・・スーパーヒーロー魂2007“夏の陣”

昨日とは一転、熱い男子がステージに揃う熱い特撮ソング

のライブです☆(^-^)v 電撃! 稲妻! 熱風!!

毎年思うけど、この“スパヒロ”がAJFではいっちゃん燃焼率

が高いです。(^^ゞ オイラが特撮好きだってのもあるけど、

なんたってヒーローは熱い熱~い曲が多いかんねぇ。(^▽^)b

ホントはダニーのリュウケンドーや、影山さんのチェンジマン

とかも聴きたかったけど・・・それはまた次回のお楽しみって

とこでしょうか? 成田賢さんはデンジマンだけでもけっこう曲

持ってるんで、次回にはこっちにも来て欲しいなぁ。(^^ゞ

オイラにとっての石原慎一さんは“甘~いエロソング”よりも

やはりアギトやビーファイター“燃える特撮ソング”の人さ!

<出演>水木一郎、串田アキラ、Mojo、宮内タカユキ

    石原慎一、遠藤正明、サイキックラバー、谷本貴義

     特別ゲスト・・・大槻ケンヂ

     司会・・・ショッカーO野      (順不同/敬称略)

*************************

19日(日)・・・スーパーアニソン魂2007“夏の陣”

最終日はやはりこれ!ヾ(@^▽^@)ノ ジャンル問わずアニソン

が色々聴けちゃう超お得なライブよ☆

やっぱ佐々木さんとアニキが揃うのっていいなぁ~♪

森口博子ちゃん、やっぱ可愛いなぁ~。(* ̄▽ ̄*)

山本正之さんはライブ上手! 去年も言ったけど、ギター一本

であれだけ会場盛り上げちゃうんだから凄い! 感激!

そして今回はお笑い界から長井秀和さんが参戦♪ 「毒舌

吐きまくりか?」と思ってたけど、ぢつは気さくないい男です。

こうして見るとアニキの交友関係は幅広いなぁ~。(^^ゞ

<出演>水木一郎、串田アキラ、影山ヒロノブ、山本正之

    成田賢、チャーリーコーセイ、森口博子、森川美穂

     ムッシュよしざき(クリスタルキング)

     特別ゲスト・・・ささきいさお、長井秀和

     司会・・・ショッカーO野      (順不同/敬称略)

*************************

やぁ~・・・やっぱ夏はライブに限りますなぁ!(* ̄▽ ̄*)/

3日間めいっぱいアニソン特ソンに染まりました☆

出演者&スタッフの皆さんお疲れさま。 そして参加した皆さん

次回は“冬の陣”でまた、お会いしましょ~♪(^O^)ノシ

・・・あ、まだ大阪と名古屋があるのか。(^^ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

トランスフォーマー

目の前の世界が形を変える! トランスフォーマ~♪

合体や変形するロボやメカは男の子のロマン!ヾ(@^▽^@)ノ

スパロボ系アニメで育ったオイラには“全く違う物が人型のロボ

に変わる”ってだけでもう心の臓がエンヤトットでラッセーラです!

ゲッターやマクロスやガオガイガーの豪快な変形が許されるのは

アニメだけ・・・なんて思ってたら、今やもうCGの技術は実写で

ここまで出来ちゃうんだから凄いです!

だ~か~ら~この映画にストーリー性を求めるなんてナンセンス

と言えましょう。 話しなんてオマケ! この映画は2時間25分

メカやロボがガチャガチャ変形して大暴れするマンガ映画

なんですってば。(^^ゞ だから理屈であ~だこ~だ言う人には

向いてません。

理屈抜きで「スゲ~! カッチョええ~!(* ̄▽ ̄*)」と思えな

ければこの映画の良さなんてこれっぽっちも理解できないのです。

CMや情報番組ではいかにも「家族みんなで」とか「デートに最適」

とか薦めてますが、あれはウソですよ。 この映画は「変形する

メカやロボに憧れる少年の心を持ったいい大人」が楽しむ為

の映画です。 自分の車やバイクに愛称を付けて話しかけちゃう

くらいのアブなさが要求される・・・と言えば解かりますか?(笑)

あんまし中身言っちゃうとこれから観に行く人に失礼だからやめ

ておくけど、一つ注意を! この映画、CMや予告ではいかにも

“人類vs無数のメカ軍団”って雰囲気ですが、実際は“少数

精鋭の凶悪メカ軍団vs少数精鋭の正義のメカ軍団+人間”

って図式になります。(^^ゞ そう! 全国の『トランスフォーマー』

ファンの皆様、お待たせしました! この映画はちゃんとマーヴェル

&タカラトミーの設定を踏襲して、TVアニメ『トランスフォーマー』

のシリーズからいい所取りしたエッセンスとオマージュが盛り込ま

れた実写版『トランスフォーマー』です!ヾ(@^▽^@)ノ

だからもちあの偉そうな司令官もあの姿で登場しますし、ヒーロー

側はいちいち無駄にらしいポーズをとったりオドけてみせたりも

します♪ きっとコアなファンなら「おお!」とか言いながら感激する

こと間違いなし!(⌒▽⌒)v 特にアニメのファンには吹き替え版の

方がオススメかもしれませんよ。 フッフッフ・・・。

まぁ、そんなわけで、今回はぢつに映画らしい作品であり、

某海賊の映画某オジさんの活躍するアクション映画以上

に観る人を選ぶ、敷居の高い作品と言えましょう。(^^ゞ

とりあえず「なんかこう・・・理屈抜きでスッゲぇ映像が観たいぜ!」

って人向きの作品! オイラはこういうの大好きよ。(* ̄▽ ̄*)

さぁ、次は『ゴライオン』の実写化だ!(←ホントに撮ってるそうな)

| | コメント (8) | トラックバック (19)

ワンダーフェスティバル2007夏

Dscf0021 “ワンフェス”・・・それは年に2度行われる

オタグッズの祭典!ヾ(@^▽^@)ノ

ここしばらく行けてなかったのですが、久々に

オタ仲間の休日が揃ったんでゾロゾロ揃って行ってきました♪

コミケには行かないくせに何気にオイラのお台場出没率が高い

のは気のせいでもなんでもなくて。 現にこの週末はお台場通い

3連チャンが決定されていますが・・・それはまた今度のお話し。

ビックサイトに到着して、入場を待つ長蛇の列を見て、そして毎度

お馴染みのこのセリフ・・・

「見ろ! 人がまるでゴミの様だ!」

うむ! オタ仲間だからこそ通じるネタで恐縮!

この灼熱の炎天下で入場の列に加わる・・・でもなく、軟弱なオイラ

達は人の列が無くなるまで涼しい場所でブランチ♪(^^ゞ

まぁ、オイラ達の情熱なんてこんな程度です。(笑)

入場の列が消えたころに我々4名は悠々と入場♪(* ̄▽ ̄*)

みんな好みが違うんでこういう時は蜘蛛の子をDscf0027

散らすがごとく見事に散開するのが愉快です。

オイラはまずグッズを物色・・・なんてわけも

なく、まずは夕方に行われるミニライブの

ステージの場所と時間を確認に向かいます。

あとは時間まで目の保養♪(* ̄▽ ̄*) ロボ

Dscf0029やメカやギャル達のフィギアやガレキ、新旧

叩き売りのプラモ、ドールの洋服やアイテム

の数々・・・映画のポスターや懐かしのオモチャ、

企業ブースでは最新作のプロモや声優さん&

スタッフを呼んでのミニステージやら、

中にはプラモの講習会などなど・・・なんでも有りな雰囲気が

楽しいです。(* ̄▽ ̄*)

最近は特撮系の需要も多くなったんでDscf0031アニメや

ゲームだけでなく、特撮好きなオイラにも楽し

めるブースやグッズが盛りだくさんなのが嬉し

いね☆ ざっと見ると・・・やはり人気はエヴァ

かな。

Dscf0025_2 『涼宮ハルヒの憂鬱』がなかなかの人気

らしい。 個人的には『マッドマックス』関連

の出展が好きさ♪ インターセプター

プラモは毎回燃えます!

とりわけて何も買う気は無かったはずだけど、

気がつけば1つ手を出してしまいました。(^^ゞ

仮面ライダーブレイド!(笑)Dscf0043

だって“¥200-”の箱の中で

「オデヲ買ッテョ。ウェ~イ」

と泣いてた気がしたもので。(^^ゞ

なんだかんだ言ってもオイラは

ブレイド好きだわ♪(笑)

さて、夕方からはライブがスタート☆

オイラにとっての今日の目玉はこれなので。(^^ゞ

サイキックラヴァーのお二人、近江知永さん、美郷あきさん、

そして若獅子こと遠藤正明くん! まぁ、皆さん2~3曲ずつで

はありますが、このライブだけでもやっぱ来た甲斐があったって

ものよ♪(⌒▽⌒)v 満足です☆

Dscf0032 やぁ~楽しかったね。(* ̄▽ ̄*)

なんだか以前に比べて通路も広くなって

見て周りやすくなったし、比較的空調も効いてて

中はけっこう快適でした。 次回は冬か。 まぁ、一人ではとても

来ませんが、また友達が車を出してくれるんなら行こうかなと

思います♪(←軟弱)

それにしても・・・1000円にまで負けてくれたハリケンジャー

のフィギュアセット! やっぱ買っておけばよかったかな。(T-T)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

劇場版 電王&ゲキレンジャー

平日の昼間だからって、この手の映画の観客に子供が一人も

居なかったのはどゆこと?(^^ゞ

そんなわけで、今や毎年恒例の“東映スーパーヒーローフェア”

(最近のライダーから特撮にハマった人は知らないであろう)を

観に行ってきましたよ~ん♪ヾ(@^▽^@)ノ

『電影版 獣拳戦隊ゲキレンジャー

      ネイネイ! ホウホウ! 香港大決戦』

流石はアクション性を前面に押し出した今作の劇場版! 時間の

関係もあるだろうけど、最初っから最後までアクションてんこ盛り

です☆(* ̄▽ ̄*)

激獣拳の3人と臨獣拳の2人はもちろん、今回のゲストキャラ

ラオ・ファン小野真弓)とミランダインリン・オブ・ジョイトイ

の見せ場がそれぞれちゃんと用意してあるのがよい♪

特にインリン様、TVでも悪役で出てくんね~かなぁ?(笑)

映画になってもテンションがほとんど変わらないのが戦隊の強み

で、後半のロボ戦に至ってはセットの造り込みがハンパぢゃない

のが凄いです!

ストーリーなんてどうでもいいんです! 戦隊映画の醍醐味は、

スピーディーなアクションと、TVでは有り得ないシチュエー

ションをノリで見せちゃう豪快さがウリなのですから。(^-^)b

ここ数年無かったラストの「みんなでダンシン♪」も復活!

やっぱ最後は笑って終わるのが爽やかでいいよね。 ・・・まぁ、

ホントは理央さま&メレが踊ってくれるの期待してたけど、

それは欲張りってところか。(^^ゞ

戦隊の劇場版は年々面白くなってる! そんな気がします☆

『モモタロスのなつやすみ』

モモは可愛いなぁ~♪(* ̄▽ ̄*) 浮輪がイカす!(笑)

オイラの大好きなモモニャンコ先生の夢の共演! 最高!

『劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!』

タイトルには特に意味はありません。(^^ゞ すでに誕生してるし!

ライダーの劇場版は“TVの設定を借りながら、実際はパラレル

かつシリアスな世界”ってのが続いてたけど、今作はあえてその

常識を捨てた“TVの世界のまま番外編”って展開なのがよい♪

つまり、TVのファンなら何の心配もなくすんなり受け入れられる

作品になってる・・・いわゆるファンサービス映画です。(^-^)b

逆を言えばこの映画は「TVを観てないとその設定やキャラ達は

まず理解不能」って恐ろしいシロモノです。 だから出てくるキャラ

や設定にいちいち説明なぞ無い不親切さ! でもこの突拍子の

無さがむしろ電王の世界らしくて映画らしい作品になってるとさえ

感じます♪

今回のライダーはストーリーよりも「映画ならでは!」の映像

重きが置かれてるのが好印象! TVではまず観れない4人の

電王の横並び&共演を果たしたことや、大画面ならではの

ライナー同士のレース&ドッグファイト等・・・ファンなら

「これが観たかったんだぜ!うぉぉぉ~!!!」

ってシーンが楽しめるのがいい☆

その分残念だったのが牙王役の渡辺裕之さんと、千姫役で登場

星野亜希ちゃん。 まぁ、牙王はともかく千姫に至っては登場の

必然性が無いのがもったいない! なによりもレギュラーメンバー

がみんな活き活きしてたんで、ゲストに全くいいとこが無くなっちゃ

ったのがもったいないッス!(>_<) 実際はあんな人やこんな人

もチョイ役や声だけでもあちこち出てたんだけど、なんか探してる

暇が無かったよ。(^^ゞ スイマセン。

面白い! 面白かったけど・・・多分2~3年したら忘れそうな気が

しないでもない。 「あれは名作だった!」と今もつい言ってしまう

『プロジェクトG4』『エピソード・ファイナル』の様に何年

経ってもまた思い出す事も、『ミッシング・エース』の様に

「忘れたくても忘れられない駄作!」と話しのネタになる事も・・・

この映画はなさそうなのがちと寂しい。 面白いけど後を引かない

あっさり風味なのが残念っちゃ残念です。( ̄- ̄; 

「面白いけど、1回観たら充分!」

悪く言えばTV版の呪縛から抜け切れてない無難な作品です。

・・・まぁ、それは欲張りすぎなのかな?(^^ゞ 

とりあえず、ファンなら観に行く価値は充分にある!

DVD待つのなんて負け組!ヾ(@^▽^@)ノ

ファンなら大きなスクリーンでゲキリントージャの活躍を、そして

デンライナーの迫力を、モモのハシャギっぷりを、ダイナミックな

アクションの数々を感じ取って来るべきです! そりゃもう・・・

最初っから最後まで

   クライマックスだってばよ!!!(←違)

| | コメント (0) | トラックバック (10)

西遊記

しばらく映画館通いをサボってました。(^^ゞ

自分にはちょっとMっ気があるのか、時々ふと“好きなものを

あえてガマンしてみる”って行動をして、ある程度したら解禁

することで、そのありがたみを改めて噛み締めるって思いに

浸ります。(* ̄▽ ̄*) 映画もそう! この8月~9月にかけて

観たい映画がたくさん公開される前に、あえてちと断ってみて

開放された時の喜びが大きくなるよう、新鮮な気持ちでスクリーン

を観られる様に、自分の頭の中を整理しておく必要があるの

です。 ・・・まぁ、あんまし頭の回転が速くないオイラらしい習性

と言いましょうか・・・どうでもいい話しですね。(^^ゞ

**************************

さて、今回の映画は『西遊記』です☆ヾ(@^▽^@)ノ

孫悟空香取慎吾くんを迎えて、本来の『西遊記』の物語から

ポイントのみ拝借して大胆にアレンジ! 今風の軽めのノリと

勧善懲悪のヒーロー物的要素で歴代のドラマ版と差別化を

図ったTVドラマの劇場用特別編です♪

正直言ってTVで1話目を観た時はあまりに元の話しを無視

してる事にガッカリでしたが、しかし「ここまで捏造してしまえば

むしろ潔い!ヾ(@^▽^@)ノ」と頭を切り替えると、これがけっこう

面白い! “オールスター特撮ヒーロー番組”と思えばかなり

楽しめるドラマだったりします♪ それを意識したから、初回の

プロローグでいきなりキムタク慎吾ちゃんのバトルが展開

されるなんて豪快なスタートが準備されたのですねぇ。

特に評価したいのが2点! どちらも悟空がらみですが・・・

まず悟空のアクションがいい!(^-^)b 普段はキンキンとやたら

煩いキャラで目障りですらあるけど、ここ一番の見得の切り方

から繋ぐ一連の格闘アクションはもちっと評価されてよいものと

感じます。 まぁ、オイラが棒術を使うアクションが人一倍好き

だってのを差し引いても、慎吾ちゃんの如意棒(にょいぼう)捌き

はかなりの練習を費やしたと見てよいと思うのです。(^-^)b

純粋で単純な悟空だからこそ、心を許した相手にだけ見せる

笑顔に凄い説得力がある! これが今回の孫悟空の魅力と

言えましょう。

もうひとつ! 筋斗雲(きんとうん)の表現が面白いヾ(@^▽^@)ノ

・・・まぁこれは好みが分かれる所でしょう。(^^ゞ 有名どころの

堺正章さんの悟空『ドラゴンボール』悟空でお馴染みの

「筋斗雲とは雲であり、このポーズで乗る物」との固定観念が

強いと今回の筋斗雲は受け入れられないかと思います。

今回の筋斗雲は羽根。 それにサーフィンやスケボー風に体を

横向きに乗るのが今回の筋斗雲のライディングスタイルです♪

またCGを使ったスピーディーなフライトがぢつに爽快!

特に今作は、恐らくTVではほとんど描かれなかった大胆な空中戦

に挑戦してるのが見所です☆(^-^)b

さて、ドラマの方の評価はこのくらいにして・・・映画の方の評価を♪

映画は、よくある“良くも悪くもTVドラマの特別版”のスタイル。

TV版では登場しなかった“金角&銀角”を敵に登場させ、“呼ん

返事をすると吸い込まれる瓢箪”を使った・・・比較的あり

がちなストーリーを描いたもの。(^^ゞ まぁ、ストーリー重視で映画

を観る人は基本的にこの映画は選ばないだろうからOK。(笑)

今回の映画の見所はなんつっても中国ロケによる広大な映像!

通常のTVサイズでは表現しきれない横長の広がりを楽しむの

は映画のスクリーンならではの迫力です♪

最近の映画は音響設備やトラックが良くなったお陰で“無音”

状態も表現できる様になったのが大きい。 広大な砂漠をただ

テクテク無言で歩く三蔵御一行の表現はいいね。(^-^)b

バトルアクションシーンが何気にバリエーション豊かで楽しかった

です♪ 中盤から後半にかけて悟空vs銀角“無玉”争奪戦

が何気に一番の見せ場!ヾ(@^▽^@)ノ 最近はやたらアップで

「いかにも激しく戦ってますよ~」的な何やってんだか観辛い描写

が流行なアクション業界で、この映画は“どんな動きをしてるかが

ちゃんと解かる距離”かつ“迫力を失わない距離”の絶妙な

間合いをカメラが選んでいるお陰でとてもいいバトルアクションが

堪能できます。(* ̄▽ ̄*) コミカルなシーンもジャマにならない

程度に挿入されるんで飽きさせない! この手のアクション映画

ではこういうちょっとした気使いが映画の印象を左右しちゃう♪

・・・とはいえ、それ以外のシーンははっきし言って「ムダに長い」

ってイメージなのがマイナスです。( ̄- ̄; はっきし言って前半

の登山のシーンはあんなに時間かける必要無し! 雪のシーン

は映像的には悪くないけど、はっきし言って内容に関係ないん

でバッサリとカットして問題無い! ドラマでは1時間で済む所

を2時間に延ばしてる感が否めないんで、ここはサクサクと

進めて90分程度にまとめた方がテンポも良くなったのでは

ないかと思います。

鹿賀丈史さん演じる金角は微妙ですが、岸谷五郎さんの演じる

銀角は「俺は強いぜ!」って感じがありありしてていい感じ♪

玲美姫を演じる多部未華子ちゃんが可愛いね♪(* ̄▽ ̄*)

ニセ三蔵御一行は・・・ま、どうでもいいか。( ̄- ̄;

番組のEDだったMONKEY MAJIK『Around The World』

がちゃんと流れたのは嬉しい♪ この歌好きよ。(* ̄▽ ̄*)

賑やかだった番組の最後にこの曲が流れて爽やかに終わるのが

好きだったんで、映画でも流してくれたのは嬉しい。(* ̄▽ ̄*)

・・・が『ガンダーラ』は余計だろ!ヾ( `Д´ ) 最後の最後でファン

のご機嫌取りみたいな事すんのは邪道! この歌が好きな人は

当然ゴダイゴが歌う『ガンダーラ』に思いがあるんで、オリジナル

でないなら無理に入れるのは逆効果。

まさかこんな最後の最後でブチ壊しな演出を入れてくれるとは思い

もしませんでしたよ。(怒)

とりあえず“TVドラマのファンサービス映画”なので、ドラマを

気に入った人なら観に行くと吉でありましょう♪

| | コメント (0) | トラックバック (7)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »