« 最近手に入れたプレシャス☆ 07年6月 | トップページ | 大日本人 »

セクシーボイスアンドロボ

正義は死なない!ヾ(@^▽^@)/

滅多に特撮以外のドラマは観ないオイラですが、やぁ~・・・これ

べらぼうに面白かったにゃぁ~♪(* ̄▽ ̄*)

なんつうの? シュールで愉快でハートにグッとくるドラマ

って感じ☆ 別段、無理に笑わせようとか泣かせようとか、そん

な邪念が無いのびのびとしたドラマってのが好印象♪

でもたまに何気ない所で何気なく発せられる言葉が、時に切なく

時には自分を見つめ直す言葉であったり・・・何気に気が抜け

ない点もポイント高し! 終わってしまってホント残念!(T-T)

このドラマ視聴率が悪かったそうだけど、なんで???

『DEATH NOTE』“L”のイメージが強い松山ケンイチくん

が演じる“ロボ”は、オタクでアホでガキっぽくて(なんだか自分の事

言ってるみたいだ(^^ゞ)いいとこ無いキャラだけど、いつも自分に

正直で真っ直ぐなんだよね~♪ 時には奇行に走る様に見える

けど、そこには常に彼の揺ぎ無い哲学が存在する。 例えそれ

が間違っていようとも、常に前を向こうとするロボの姿勢は見習

うべき事が多々あると感じてしまいます。(^-^)b

“ニコ”を演じる大後寿々花ちゃんが、また物怖じしない可愛さ

を振り撒くのがたまりません! 萌え!(* ̄▽ ̄*)

いいコンビだね~♪ 着かず離れずの不思議な関係がとても

楽しかった。 そんな2人のラストはちょっと切ないけど、この

余韻の残し方は見事です。 天晴れ!ヾ(@^▽^@)ノ

恥ずかしながらオイラは途中から観始めたのですが、再放送

がもしあれば、今度は録画しながらちゃんと最初っから観てみ

たいものです♪

|

« 最近手に入れたプレシャス☆ 07年6月 | トップページ | 大日本人 »

TV番組」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです☆
ワタシもハマってましたよ~。
どこがスパイ?とツッコミたくなることもあったり、なんかもうハチャメチャだったりもするのに、なんだか切なくて・・・。
毎回のラストのニコのモノローグとタイトルの入り方がツボでした。

最後はとても切なかったけれど、らしい終わり方でしたね。

ただ残念なのは、某立て篭もり事件の影響からか、第7話が未放映なことで・・・。
もしかして夜中にでもやらないかと期待しているんですけどね。再放送かDVD待ちでしょうか?

投稿: mikolin | 2007年6月21日 (木) 10時36分

mikolinさん、いらっさ~い♪(⌒▽⌒)/

メビウスが終わってからなかなか接する
機会が無かったけど、まさかここで参上
してくれるとは・・・感激です☆
お元気してましたか?(^-^)b

いいドラマでしたね~♪(* ̄▽ ̄*)
楽しい部分と、切ない部分のメリハリが
ぢつに心地よい番組でした。

そですね!放送されなかった幻の第7話も
含めて、ぜし再放送希望!熱望!!
『マックスロボ』のOVAなんか出たら
ちょっと欲しい気もします。(笑)

投稿: ガンヘッド♪→mikolin様 | 2007年6月21日 (木) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/6847052

この記事へのトラックバック一覧です: セクシーボイスアンドロボ:

» 大後寿々花出演 ドラマ「セクシーボイスアンドロボ」-最終回あらすじ [大後寿々花~エンタメスクープ.net]
大後寿々花出演 ドラマ「セクシーボイスアンドロボ」-最終回あらすじです。 ニコ(大後寿々花)とロボ(松山ケンイチ)に幽霊を見る能力があると知ったマキ(浅丘ルリ子)が、とあるホテルにいるらしい幽霊を追い出して欲しいと頼むことに・・・ ニコらが問題のホテル内で見たのは、何と死んだはずの殺し屋・三日坊主(中村獅童)だった。2人は、そのままロボの家に付いて来た三日坊主に、死んだことを教えてホッ...... [続きを読む]

受信: 2007年6月25日 (月) 15時19分

» 「セクシーボイスアンドロボ」 [映画・テレビドラマ化 漫画リスト]
セクシーボイスアンドロボ(1)原作:黒田硫黄(くろだ いおう) 小学館スピリッツ増刊IKKI2007年4月10日から6月19日まで日本テレビの火曜ドラマ枠で放送。★キャスト★須藤威一郎(通称:ロボ):松山ケンイチ林二湖(通称:ニコ):大後寿々花(ニコの声...... [続きを読む]

受信: 2007年7月17日 (火) 23時56分

« 最近手に入れたプレシャス☆ 07年6月 | トップページ | 大日本人 »