« ウルトラマンメビウス/第42話「旧友の来訪」 | トップページ | 時東ぁみ 海老名に参上! »

どろろ

己が未来をつかむため、

     戦乱の荒野を駈け抜ける!

映画を観たらパンフレットを買いなさい!

買ったら表紙と裏表紙を凝視せよ!

妻夫木聡くん、カッチョよすぎです。(* ̄▽ ̄*)

やぁ~・・・これバツグンに面白かったよ♪ 最高!

日本にだってこんなイカす特撮ヒーロー映画を撮る技術と度量

あるんぢゃん! 御見それしました。m(_ _)m

オイラは原作を前半数話カジってました。 「アニメですら再放送

を阻まれてるあれを、今実写で映画化?」と正直言ってかなり

不安だったのですが・・・やぁ~、ポイントはちゃんと抑えてかつ

上手く映画らしいアレンジを加えてるって感じです。(⌒▽⌒)b

ワイヤーワークを使ったアクションがいいね♪ 派手なCGもいい

けど、やっぱ基本は人が動くアクションなんだからその辺を大事

にしてくれたのは特撮ファンにとってなにより嬉しい。(^-^)b

映画の半分はニュージーランドでロケされたそうな。 や、あれ

だけ映画のイメージに合った殺伐とした荒野をよく見つけてきた

ものだと感心します。 壮大な背景もまたぜし映画館で堪能し

てもらいたい見所の1つです。

音楽も独特でいいね♪ 時代劇ってことに拘らない多国籍な曲

がバンバン流れるけど、これがまた独特の世界観をつくってる。

映像だけでなく、内容としてもけっこう残酷な表現が多々あります

が、そこで同情に浸る隙を与えない間の取り方がよいなと思う。

陰惨過ぎず、テンション上げ過ぎず・・・そんな絶妙なバランス

最初から最後まで貫く徹底さが潔いです。 この辺はどろろ役の

芝咲コウの熱演が予想以上に上手く効いてると言えましょう♪

最近のビジュアル系の仮面ライダーモドキ達が忘れてしまってる

「ヒーローの孤独と苦悩」がここには生きています。 助けた相手

にバケモノ呼ばわりされ、石を投げつけられて・・・それでも黙って

自分の道を進むヒーローがここに居る! 手塚先生の作品なの

になぜか石ノ森先生の魂を感じてしまったオイラって、やっぱ

邪道でしょうかねぇ?(^^ゞ 昭和の特撮ヒーローを愛した人達な

ら、この映画もかなりのめり込んで観れることうけあいです☆

やぁ~・・・早くも今年の邦画にこんな怪作が登場しちゃうとは思

わなんだ。(笑) こりゃぁ今年の邦画もかなり期待できそうね♪

・・・とはいえ、これで続編なんぞ作られたら超ガッカリです。

この映画はこれで終わり! だからカッコよく美しい!

某海賊映画みたいに、蛇足で間抜けな続編なぞが決して現れ

ない事を強く願います。

|

« ウルトラマンメビウス/第42話「旧友の来訪」 | トップページ | 時東ぁみ 海老名に参上! »

「映画」カテゴリの記事

コメント

はじめまして♪
TBありがとうございます。

ホント、妻夫木くんカッコよかったですよね~(*^。^*)
実は、もう一回観に行っちゃおうかと思って入るところです。
パンフも必見ですか?
買いそびれてしまったので、これはやっぱりもう一回行かなくちゃ!

他の記事も読ませていただきました。私の好きなネタがいっぱいで楽しませてもらってます。今後ともよろしくです。

投稿: mikolin | 2007年2月 7日 (水) 21時07分

mikolinさん、いらっさ~い♪(⌒▽⌒)/
こちらもTBにコメントも、ありがとう
ございます☆

今のオイラ“抱かれたい男No.1”は妻夫木
くんです! ・・・まぁ、オイラは男ですが
ね。(笑)
『ワイルドスピードx3』で彼の「go!」
を見てからすっかりファンになっちゃいま
した。(* ̄▽ ̄*) カッコいいっすよね~♪

いい写真多いし、内容も充実してるし、この
映画のパンフはよい出来です!パンフ歴20
年以上のオイラのお墨付きですよん♪

投稿: ガンヘッド♪→mikolin様 | 2007年2月 7日 (水) 22時18分

ガンヘッド♪さんこんにちは!
TBだけでコメントが遅れてごめんなさい(>_<;)
パンフ買いましたよぉー☆
見事妻夫木君にノックアウトでした‥(笑
音楽も様々なジャンルのものが使われていて斬新でしたよね♪
ラストの海のシーンは圧巻でした。
いつかニュージーランドに行ってみたいです(^^)

投稿: ドン子 | 2007年2月 9日 (金) 22時29分

ドン子さん、いらっさ~い♪(⌒▽⌒)/

ノックアウトされちゃいましたか。(笑)
情報の載せ方もいいけど、何気にスチール
もいいショット散りばめてあるんで、この
パンフはいい仕事と思います。(^-^)b

そう!あのラストシーン、すごくいい!
2人の位置と距離、海岸の雄大さ・・・すごい
画になるショットでオイラもお気にぃの
ショットです♪
『どろろ』のシーンを追いかけてニュージー
ランド巡ってくるのも楽しいかもしれま
せんねぇ。(⌒▽⌒)/

投稿: ガンヘッド♪→ドン子様 | 2007年2月11日 (日) 01時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/5211741

この記事へのトラックバック一覧です: どろろ:

» どろろ 07025 [猫姫じゃ]
どろろ 2007年   塩田明彦 監督  手塚治虫 原作妻夫木聡 柴咲コウ 中井貴一 中村嘉葎雄 原田芳雄 土屋アンナ 原田美枝子 瑛太 この監督、「ギプス」と「黄泉がえり」を見ているわね。 原作ファンではありません。でも、どちらが「どろろ」か、もう片方....... [続きを読む]

受信: 2007年2月 7日 (水) 04時08分

» 『どろろ』 [唐揚げ大好き!]
  『どろろ』   父の野望のために体を奪われし者――。時の権力に両親を奪われし者――。 失われた体と心を取り戻すために、今こそ運命に挑め。   昔漫画を読んだこともあり、アニメも微かに記憶あり(再放送だと思うけど・・・)、でももう忘れてるけどね・・・。... [続きを読む]

受信: 2007年2月 7日 (水) 04時49分

» どろろ [Akira's VOICE]
自分探しは永遠に終わらない! [続きを読む]

受信: 2007年2月 7日 (水) 10時48分

» どろろ(1月27日公開) [オレメデア]
手塚治虫原作の「どろろ」が,ついにスクリーンに登場した 日本の,そして世界の漫画・アニメの歴史を作った人の作品というだけあって,ストーリーの斬新さはなかなか. でも,原作が「戦国時代」なのに対して,この映画では舞台が「神話的な世界」になっていて,それが原作と少し...... [続きを読む]

受信: 2007年2月 7日 (水) 14時07分

» どろろ [空のかけらを集めて。]
新聞だかで読んだ映画評がなかなかだったし(<アタシ的にツボを突かれたという意味で [続きを読む]

受信: 2007年2月 7日 (水) 20時46分

» どろろ [映画鑑賞★日記・・・]
公開:2007/01/27(01/27鑑賞)PG-12監督:塩田明彦アクション監督:チン・シウトン出演:妻夫木聡、柴咲コウ、瑛太、原田美枝子、中村嘉葎雄、原田芳雄、中井貴一醍醐の動く城?・・・なんか動きそうだ。あの城の中にはしゃべる炎の魔物とかいそう。でも耐震構造にチェックが....... [続きを読む]

受信: 2007年2月 8日 (木) 11時22分

» どろろ [ドン子の映画とディズニー三昧]
上映時間 : 138分 製作国 : 日本 公開情報 : 劇場公開 (東宝) 初公開年月 : 2007/01/27 ジャンル : アドベンチャー/アクション/ファンタジー 映倫 : PG-12 物語が、動き出す。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 【クレジット】 監督: 塩田明彦 アクション監督: チン・シウトン プロデューサー: 平野隆 原作: 手塚治虫 脚本: NAKA雅MURA / 塩田�... [続きを読む]

受信: 2007年2月 9日 (金) 13時43分

» 「どろろ」 全体的に消化不良でもったいない [はらやんの映画徒然草]
早く観たいと思っていた映画だったのですが、ややもの足りない感じがしました。 期待 [続きを読む]

受信: 2007年2月10日 (土) 09時07分

» 「どろろ」長尺も満腹感ナシ、でもダメダメ映画じゃない [soramove]
「どろろ」★★★ 妻夫木聡、柴咲コウ主演 塩田明彦監督 見終えて素直に面白かった。 CGで動く魔物たちの完全作り物感や、、 主人公の背負った苦難な感じが あまりにサラリとしている部分など 気にはなったが、 一番心配していた、 安っぽさはあまり感じ...... [続きを読む]

受信: 2007年2月12日 (月) 10時00分

» 【2007-13】どろろ [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
ある戦乱の世─ 魔物に奪われし体の四十八箇所を取り戻す旅をする者がいた そして、その左腕に仕込まれた刀を盗もうと旅を追うもの 運命をぶった斬れ 二人でひとつ 物語が、動き出す。 ... [続きを読む]

受信: 2007年2月12日 (月) 14時01分

» どろろ [お萌えば遠くに来たもんだ!]
観てきました。 <新宿オスカー> 新しくできたバルト9に行こうとしたら、ヒトがいっぱいで。 しかし興収一位の映画とは思えないほど客席が少ないですな、新宿の映画館は2館とも。 監督:塩田明彦 アクション監督:チン・シウトン 原作:手塚治虫 脚本:NAKA雅MURA 塩田明彦 言わずと知れた手塚治虫の名作を実写映像化。 戦乱の世、体の殆どを魔物に奪われて生まれた百鬼丸。元の体を取り戻すた�... [続きを読む]

受信: 2007年2月12日 (月) 23時24分

» 「どろろ」試写会レビュー 心のエンターテイメント [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
エンターテイメントという響き、映画好きでは嫌いな方も多いと思います。でもこの作品についてはどうでしょう。急降下して墜落しするのか、急上昇して宇宙に行くのか、力強く世界へ羽ばたいた日本映画。 [続きを読む]

受信: 2007年2月14日 (水) 15時39分

» どろろ <ネタバレあり> [HAPPYMANIA]
「PG−12」だけあって いきなり首チョンパで血まみれ〜〜子供が怖がる様な場面多々有り。が、とっても手塚ちっくな話で面白かった一緒に観に行った旦那は 妻夫木君がこんなにカッコいいヤツとは知らなんだと、えらく褒めていた。 「どろろ」 ってタイトルやけど妻...... [続きを読む]

受信: 2007年3月 3日 (土) 04時11分

» 「どろろ」 全体的に消化不良でもったいない [はらやんの映画徒然草]
早く観たいと思っていた映画だったのですが、ややもの足りない感じがしました。 期待 [続きを読む]

受信: 2007年3月 3日 (土) 19時37分

» 手塚治と手塚漫画が教える戦争漫画 [手塚治と手塚漫画が教える戦争漫画 ]
手塚治さんの展覧会はよく行われる、宝塚の手塚治館には何度か訪れたが、今回の企画戦争体験のテーマでの展示会はユニークです。「戦時中の資料を展示している昭和館(東京都千代田区)が、漫画家の故手塚治虫さんの戦争体験と、作品中で描かれた戦争をテーマとした特別...... [続きを読む]

受信: 2007年3月15日 (木) 15時58分

« ウルトラマンメビウス/第42話「旧友の来訪」 | トップページ | 時東ぁみ 海老名に参上! »