« AJF(アニメ・ジャパン・フェス)2007“冬の陣” | トップページ | 犬神家の一族 »

映画初め♪ (後編)

そんなわけで後編スタ~トです!ヾ(@^▽^@)ノ

記事書いといてUPすんの忘れてた・・・なんて口が裂けても言え

ませんや!(^^ゞ(←言ってるし)

**************************

NANA 2

 オイラを知ってる人ならかなり意外に思うであろう一本♪(^^ゞ

 でも、昨年末にTV放送で放送された劇場版『NANA』を観た

 オイラはかなり気に入った作品だったので、当然その続きが

 気になる・・・と。(^-^)b

 これね、えらく丁寧に撮ってる映画と思うのよ。 お金かけてる

 とか、セットやロケがうんぬんではなくて、1カット1カットを大切

 に大切に撮ってる感じが伝わる。 若い俳優さん達がぢつに

 活き活きと・・・んでその瞬間の最高の構図とアングルをちゃんと

 選んでて、かつ音楽もいい所にいい曲がかかるのだ。

 「少女漫画のアイドル映画でしょ?」なんてバカにしてたら、

 きっとこの映画の良さは一生解からなかったでしょうねぇ。(^^ゞ

 若人達のセリフは飾りっ気のないぢつにシンプルな言葉が

 多く、それゆえにハートにグッとくるものがあります。 彼ら

 なりに悩んで傷ついて・・・相手を気遣っての言動も時には

 逆に裏切りに見えてしまったり。(T-T) それがまた切ない!

 誰も悪者は居ないはずなのに、傷つく事もあるのです。

 ファッションに疎いオイラでも中島美嘉のナナのオサレさが

 分かるのも驚き! この子いい演技すんなぁ~♪(* ̄▽ ̄*)

 2人のナナが身につけてるアクセサリーやグッズはパンフにも

 紹介されてます。 女性が楽しめるパンフレットが好印象☆

 個人的にはガオシルバー玉川くんとクワガライジャー姜くん

 の共演が嬉しい☆(←これだから特撮オタは嫌だねぇ)

 なんとハリウッドでのリメイクの話しもあるんだって! でも、

 これって日本が舞台ならではって気もするんだがどうか?

 この2を観てから、もっかい前作を観返すとまた面白いかも♪

 アニメも原作も読んでませんが、オイラは好きだな~これ☆

**************************

エラゴン/遺志を継ぐ者

   遺志 : 死者の生前の志。

   意思 : 考え。思い。

   意志 : 成し遂げようとする心。

 「あ~、誰か死ぬんだぁ・・・」ってネタバレしてる、悪い邦題の

 つけ方の見本です。(^^ゞ

 なんでこんな事を書いてるかと言うと、観終わった後に

 「“遺志”ってよりも、“意志”なんじゃないんかなぁ?」

 と思ったもので。 まぁ、小さなことです♪

 この映画の物語には特に目新しさはありません。 ストーリーを

 重視して映画を観る人にとっては何も得るものが無いので薦め

 られません。(^^ゞ 『スターウォーズep4/新たなる希望』

 の舞台をまんまファンタジーに持ってきた感じ。

 よく言えば「安心して観れる冒険ファンタジー」ってとこです。

 しかし、映像重視で観るとこれがなかなかの秀作なのよ!(^-^)b

 何がいいって、まず背景がよい! スクリーンサイズで広がる

 この自然の美しさと壮大さはどうだ! 合成もあるだろうけど、

 空撮も多用した大自然の描写はなかなかのものがあります♪

 お話しとアクションシーンは・・・まぁアレですが、ドラゴンの描写

 はかなりよいね!(* ̄▽ ̄*) 普通ならドラゴンは離陸や着陸

 を白鳥の様に優雅に描きたくなるもんだけど、このサフィラって

 ドラゴンは「ドスン!」って感じで落ちる様に着陸すんのがとても

 可愛らしい☆ またこのサフィラちゃんが女の子(雌)ってのが

 意外でいいね♪ 見た目とは裏腹に、声が女性なのが中性的

 でよい効果です。(^-^)b ただ残念なことに口調まで女性にし

 ちゃったのはマイナス! これは翻訳が悪いのか、はたまた

 原作も女性の言葉で話すのか・・・。

 竜使いを“ドラゴン・マスター”ではなく“ドラゴン・ライダー”

 て設定にしたのが大きい! これがこの映画の目玉です♪

 バイクや馬に乗る様に、言葉だけでなく身体全体を使ってドラ

 ゴンを操作するのがぢつによい! 飛翔シーンは必見です☆

 でも、なによりこの映画で気に入ったのはSFXよりも・・・役者

 さん達が馬に乗って走るシーンがぢつに美しく撮られてること

 だったりします。(⌒▽⌒)b 森や山や渓谷を、馬を走らせる

 シーンがどれも美しいこと! こういうセンスって悔しいけど

 邦画ではどうしても真似できない、お国柄によるものなんだと

 感心してしまいますね~。

 まぁ、ストーリーはありきたりだし、目を引く様な美男美女も出な

 いし・・・最近の映画に慣れちゃった人には何も新しい要素は無

 いわけですが、「理屈よりもまず映像だ!」って思うオイラみたい

 な奴にはなかなか楽しめる一本であります♪

 ツンデレ系なドラゴン・サフィラちゃんの魅力はTVのCMでは

 一割も伝わらないので、ドラゴンマニア(笑)なお方は一度

 は劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか?(^-^)b

**************************

フリーパスで観た割にはどれもなかなかの作品でぢつに満足!

期限はもちっと残ってるのであと1~2本ばかし恩恵与ろうと

思います。(* ̄▽ ̄*)

さぁ~って! 次は何を観ようかにゃ~♪

|

« AJF(アニメ・ジャパン・フェス)2007“冬の陣” | トップページ | 犬神家の一族 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

ガンヘッドさん明けましておめでとうございます!
1ヶ月フリーパス羨ましいです(>_<)
エラゴンはSWやロードの影響がちらほら出ていて
思わず笑ってしまいましたが(笑)、
サフィラいいですよね♪
確かにメスなことがゴツくなく、主人公とつりあってる気がします(^^)

投稿: ドン子 | 2007年1月13日 (土) 23時09分

ドン子さん、いらっさ~い♪(⌒▽⌒)/
TBにコメントもありがとうです☆

クールそうでいて、何気に気がきく所とか
ちょっと色っぽい仕草とか・・・サフィラが雌
ってのはかなりポイント高いです。(^-^)b
まだ未熟な主人公をサポートする“年上の
お姉さん”タイプのこのドラゴンは面白い
組み合わせですね♪

また遊びに来てくださいな。
本年もよろしくお願いします。m(_ _)m

投稿: ガンヘッド♪→ドン子様 | 2007年1月14日 (日) 00時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/4823868

この記事へのトラックバック一覧です: 映画初め♪ (後編):

» 「エラゴン 意志を継ぐ者」見てきました [よしなしごと]
 お正月映画大本命のファンタジー映画エラゴン 意志を継ぐ者見てきました。 [続きを読む]

受信: 2007年1月10日 (水) 22時37分

» 「エラゴン 遺志を継ぐ者」 [ば○こう○ちの納得いかないコーナー]
年末から昨日にかけて放送されたTV番組の数々。例年以上につまらないと感じるのは自分だけだろうか?大体、普段の日ならばいざ知らず、この時期の昼間から夕方に、今年程再放送(再編集という形も含め。)を垂れ流している年は嘗て在っただろうか。これは経費削減というTV局サイドの事情が影響しているのか?はたまた、単に作り手達のアイデアの枯渇を意味しているのだろうか?*1 余りにもTV番組に見るものが無い為、映画館に足を運ぶ事とし�... [続きを読む]

受信: 2007年1月10日 (水) 23時19分

» 映画「エラゴン 遺志を継ぐ者」 [いもロックフェスティバル]
映画『エラゴン 遺志を継ぐ者』の試写会に行った。 [続きを読む]

受信: 2007年1月12日 (金) 23時32分

» エラゴン 遺志を継ぐ者 [ドン子の映画とディズニー三昧]
エラゴン 遺志を継ぐ者(2006)  ERAGON 上映時間 104分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開 (FOX) 初公開年月 2006/12/16 ジャンル ファンタジー/アドベンチャー 少年はドラゴンに命を与え、ドラゴンは少年に未来を与えた 監督: シュテフェン・ファンマイアー 製作: ジョン・デイヴィス ウィック・ゴッドフレイ 製作総指揮: クリス・シムズ ... [続きを読む]

受信: 2007年1月13日 (土) 22時56分

» 「エラゴン/遺志を継ぐ者」 三番、四番煎じのファンタジー [はらやんの映画徒然草]
剣と魔法と姫とドラゴン。 ファンタジーものといったら出てくる要素をすべて盛り込ん [続きを読む]

受信: 2007年1月19日 (金) 07時17分

» エラゴン 遺志を継ぐ者 [とにかく、映画好きなもので。]
 ファンタジー。食傷気味かもしれない・・・  『ロード・オブ・ザ・リング』以後と言っても良いほど、それ以降のファンタジーは、作品の質から、カメラのカット割り、CGのディテール、脚本の面白さなどで勝負をかけてきたが、ドラゴンライダーという主人....... [続きを読む]

受信: 2007年2月 4日 (日) 14時08分

« AJF(アニメ・ジャパン・フェス)2007“冬の陣” | トップページ | 犬神家の一族 »