« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月の9件の記事

休みの日のおでかけ♪

年末から映画関係の記事が続いたので、今回は気分を変えて

違う話しなぞいたしましょう♪(⌒▽⌒)b

***************************

東京ドーム・スカイシアターのボウケンジャーショーを観に行って

Photo_43 きました☆

『カブト参戦!燃えろ友情の冒険魂!!』

ってサブタイトルどおり、仮面ライダーカブト

&ガタック、そしてネガティブ側にはザビー

も登場して賑やかなステージです。(^-^)v

素顔の戦士が出演しない場合は撮影もOK! 今回は久々に

愛用のデジカメを持っての観劇です♪Photo_44

撮影に夢中になったあまり、はっきし言って

お話しはほとんど覚えてません。(^^ゞ

ガタックシズカ司会のヒロちゃんしか

観てなかったから当たり前っちゃ当たり前です。(笑)

まぁ、スカイシアターのショーにストーリー性を求めろって方が

無理ですね。

Photo_45 いいんです、例え中の人や声が違っても、

目の前でガタックやシズカやガジャが暴れ

てくれればオイラは満足なのです。(* ̄▽ ̄*)

TVでは絶対に見られない夢の共演やお遊びのシーンも満載

なので、むしろオイラみたいなミーハーなPhoto_47

ファンくらいのが楽しめるかと思います♪

厳選して気に入ったショットをアルバムに

してますので、「もっと見たい!」って人は

そちらも楽しんでいって下さいまし~☆(⌒▽⌒)/

**************************

アニメ『REIDEEN』の特別試写会が当たったので、こやま画伯

に犠牲になってもらって秋葉原まで観に行ってきました♪

『REIDEEN』・・・ロボットアニメ『勇者ライディーン』を基に、

新しい構想で作られた新作アニメだそうです。 “リメイク”

呼ぶにはあまりにも基の作品から掛け離れてるので、そういう

遠まわしな言い方をしているのでしょうね。(^^ゞ

催しは第1話&2話の上映と、メインの声優さん3人を迎えての

ミニトークショーって流れ。

(すいません!声優さんには詳しくないので・・・。)

3月からの放送を楽しみにしてる人も多いでしょうから、本編の

内容には触れないでおきます。

なんちゅうか・・・今どきのロボットアニメはこんな感じなのでしょ

うかねぇ~♪(^^ゞ

オイラ以上にこやま氏の方が色々とツボだった様で、かなり喜ん

でもらえました。 誘った甲斐があったってもんです☆

WOWOWを視聴できるお方は、3月からの放送をぜしお楽

しみに~☆(^-^)b

| | コメント (4) | トラックバック (0)

不都合な真実

アル・ゴア氏による地球温暖化をメインとした地球上の急激な

異常気象を比較的解かりやすく説明した映画。

氏の半生も加えながら、今の地球と過去~未来の地球を極力

複雑な数字を排除してグラフや映像やアニメなどで淡々と説明

していきます。 氏のスライドを使った講座を映画化した・・・と

言えばよいかな。

言っちゃなんですが、映画的な面白さは皆無です。

しかし、ここで語られる内容は地球に住む者である以上誰も

が考えなければならない問題であることもまたしかり!

この映画は親切なことに“これから我々がすべきこと”のヒント

結論については教えてくれています。 ただし答えは各個人が

自分で見つけなければならない・・・そういう点ではかなり辛口な

映画であるとも言えましょう。

当然ながらポップコーンなぞ食いながら気軽に観る映画ではない

ので、気を引き締めてから映画館に入ってください。。 

繰り返す様ですが、この映画は地球上に住む以上誰もが考え

なければいけない現実を伝えています。 そして答えを見つ

て行動する事を訴えています。

決して楽ではないけど出来ない事ではない。

少なくとも次の世代の子供達にも、できるだけ美しい地球を

託してあげたいではないですか。(^-^)b

楽しい映画ではありませんが、できるだけ多くの人達に観てもら

って、一緒に考えて欲しい映画であると思います。

| | コメント (2) | トラックバック (11)

ラッキーナンバー7

やられたぁ~!!∑( ̄▽ ̄;

 この映画、この映画・・・見事だ!

  オイラの負けです!!(>_<)

物凄かったよ! スタッフロール終わっても席立つの嫌だった

くらい! これこれ、こういう映画を待ってたんだよ~☆

や、ねぇ・・・予告やCMで想像してたのは「豪華キャストによる

陳腐な犯罪映画だろう」とナメてかかってたけど、とんでもない!

主役の男(あえて名前は書きません)が前半に何度も殴られてた

けど、あんな感じでガツ~ンと重い一発を食らった感じ。(^^ゞ

内容は・・・や、これは何言ってもネタバレになっちゃうから、ここ

ではあえて触れない! とりあえず、最初っから最後まで余所見

しないでスクリーンを見続けること! 前半の何気ないシーンや

意外なシーンが、後半にちゃんと活きてきます☆

『パルプ・フィクション』『キル・ビル』が好きな人なら絶対に

オススメの一本にょ!(* ̄▽ ̄*)/

とりあえずヒントとして・・・邦題に注意するといい。(^-^)b

邦題は『ラッキーナンバー7』なんてタイトルですが、原題は

『LUCKY NUMBER SLEVIN』です。 「あれ? “

のスペルは“SEVEN”でないの?」と思ったらもうこの映画で

理解してもらうしかない! むしろ狙って邦題を“”に変えた

としたら・・・配給会社さんに大きな拍手あげたいくらい☆

ブルース・ウィリスモーガン・フリーマンベン・キングズレー

・・・個性的で好みの役者さんがいっぱいのこの映画ですが、

オイラはなんつったってルーシー・リュウ!(* ̄▽ ̄*)

彼女はカメラの角度がちょっと違っただけで可愛い顔と大人

の色っぽい顔を両方見せられるから凄い!

可愛い! 萌え萌えです! 惚れるってばよ!!(笑)

もちろん主役のジョシュ・ハートネットもよい♪ この人の演技

もまた秀逸! この人がまたなかなかいい男なのよ。(* ̄▽ ̄*)

まぁ人には好き々々あるから「この映画嫌い!」って人も多い

かもしれません。 それだけアクが濃い映画ってことです。

「なんかヘソ曲がりでいい刺激のある映画、無いか?」と聞かれ

たら、今のオイラはがぜんこの映画薦めますね。(^-^)b

| | コメント (0) | トラックバック (16)

映画初め♪ おかわり

TOHOシネマズさんのフリーパスの期限もあと一週間。

なので、ラストスパートで映画のハシゴです。(^^ゞ

今回は童心にかえってこの2本を選んでみました♪

**************************

モンスター・ハウス

 オイラの周りではほとんど話題になってませんね。(^^ゞ

 まぁ、こてこてのフルCGアニメもそろそろ新鮮味もなくなって

 きたって事かもしれません。

 「お子様向けのライトなオバケ屋敷映画かな」と思ってましたが

 そこはゼメキス&スピルバーグが組んだだけあって、単なる

 マンガ映画では終わらせなかったのがポイント。(^-^)b

 映像がやたらとホラー映画テイストなのがけっこうよいね♪

 まぁ、正直言ってそんな凝った話しでもないし、キャラもCGでは

 ありがちだし・・・盛り上がりに欠けます。 とはいえ、思春期前

 の子供達にとってはこれは一大事! 近所の怪しい家と怪し

 い住人、幸せぶる両親、ろくに話しも聞いてくれない大人達、

 なぜかウマのあう冴えない友達と、そこに淡い初恋の思い出

 と、何気にイジメや差別や偏見による悲しみと残酷さも混じえ

 て“背伸びしてみたい世代”の子供達を描いたお話し。

 たまにはこういう映画で自分が子供だったころを思い出して

 みるのも楽しいかと。(^-^)b

 今回は吹替版で観たのですが、吹替版はきものがかり

 『青春のとびら』がテーマソングとして使われています。 これ

 何気にいい曲だよ☆ 最後に取って付けた様な流し方すんの

 なんてもったいない! せっかくならもちっと上手い使い方して

 欲しかったな~・・・なんて。(^^ゞ

**************************

シャーロットのおくりもの

 シャーロットが少女でも豚でもアヒルやネズミでもなく、なんと

 蜘蛛だったことにちとビックリなオイラ。(^^ゞ

 このシャーロット姉さんがまたいい演技すんだわ!(* ̄▽ ̄*)

 シャーロット姉さんが巣を張るシーンがオススメ! 必見です!

 こういうのが映画を映画館で観る醍醐味なんではなかろうか?

 この映画に出てくる数々の動物達は、多少は画像加工こそ

 してますが、基本的にはほとんど実際の動物に演技させた

 のだそうな。 ホントならマジで凄いよ!

 OPの本の挿絵に入り込んだ様な映像がまず圧巻! ここ

 で入れた人なら最後まで存分にこの映画を楽しめます♪

 子供向けとナメてると、意外にもシビアな現実を見せられたり

 して大人でもグッとくる所はたくさんありそう。

 「生き物は一人(一匹)では生きていけない」なんて人間が言う

 としらじらしいけど、動物達に置き換えるだけでこんなにストレ

 ートに表現できちゃうってのがよいなと思う。

 ちょっと切なくて、ハートが優しくなれる一本。 できればぜし

 親子・ご家族揃ってご鑑賞いただきたい作品です♪(^-^)b

| | コメント (2) | トラックバック (3)

犬神家の一族

う~ん・・・ TVドラマでいいんぢゃないかなぁ?( ̄- ̄;

途中で何度も意識失ったよ。

どっちにしても、この手の話しは好きぢゃない。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

映画初め♪ (後編)

そんなわけで後編スタ~トです!ヾ(@^▽^@)ノ

記事書いといてUPすんの忘れてた・・・なんて口が裂けても言え

ませんや!(^^ゞ(←言ってるし)

**************************

NANA 2

 オイラを知ってる人ならかなり意外に思うであろう一本♪(^^ゞ

 でも、昨年末にTV放送で放送された劇場版『NANA』を観た

 オイラはかなり気に入った作品だったので、当然その続きが

 気になる・・・と。(^-^)b

 これね、えらく丁寧に撮ってる映画と思うのよ。 お金かけてる

 とか、セットやロケがうんぬんではなくて、1カット1カットを大切

 に大切に撮ってる感じが伝わる。 若い俳優さん達がぢつに

 活き活きと・・・んでその瞬間の最高の構図とアングルをちゃんと

 選んでて、かつ音楽もいい所にいい曲がかかるのだ。

 「少女漫画のアイドル映画でしょ?」なんてバカにしてたら、

 きっとこの映画の良さは一生解からなかったでしょうねぇ。(^^ゞ

 若人達のセリフは飾りっ気のないぢつにシンプルな言葉が

 多く、それゆえにハートにグッとくるものがあります。 彼ら

 なりに悩んで傷ついて・・・相手を気遣っての言動も時には

 逆に裏切りに見えてしまったり。(T-T) それがまた切ない!

 誰も悪者は居ないはずなのに、傷つく事もあるのです。

 ファッションに疎いオイラでも中島美嘉のナナのオサレさが

 分かるのも驚き! この子いい演技すんなぁ~♪(* ̄▽ ̄*)

 2人のナナが身につけてるアクセサリーやグッズはパンフにも

 紹介されてます。 女性が楽しめるパンフレットが好印象☆

 個人的にはガオシルバー玉川くんとクワガライジャー姜くん

 の共演が嬉しい☆(←これだから特撮オタは嫌だねぇ)

 なんとハリウッドでのリメイクの話しもあるんだって! でも、

 これって日本が舞台ならではって気もするんだがどうか?

 この2を観てから、もっかい前作を観返すとまた面白いかも♪

 アニメも原作も読んでませんが、オイラは好きだな~これ☆

**************************

エラゴン/遺志を継ぐ者

   遺志 : 死者の生前の志。

   意思 : 考え。思い。

   意志 : 成し遂げようとする心。

 「あ~、誰か死ぬんだぁ・・・」ってネタバレしてる、悪い邦題の

 つけ方の見本です。(^^ゞ

 なんでこんな事を書いてるかと言うと、観終わった後に

 「“遺志”ってよりも、“意志”なんじゃないんかなぁ?」

 と思ったもので。 まぁ、小さなことです♪

 この映画の物語には特に目新しさはありません。 ストーリーを

 重視して映画を観る人にとっては何も得るものが無いので薦め

 られません。(^^ゞ 『スターウォーズep4/新たなる希望』

 の舞台をまんまファンタジーに持ってきた感じ。

 よく言えば「安心して観れる冒険ファンタジー」ってとこです。

 しかし、映像重視で観るとこれがなかなかの秀作なのよ!(^-^)b

 何がいいって、まず背景がよい! スクリーンサイズで広がる

 この自然の美しさと壮大さはどうだ! 合成もあるだろうけど、

 空撮も多用した大自然の描写はなかなかのものがあります♪

 お話しとアクションシーンは・・・まぁアレですが、ドラゴンの描写

 はかなりよいね!(* ̄▽ ̄*) 普通ならドラゴンは離陸や着陸

 を白鳥の様に優雅に描きたくなるもんだけど、このサフィラって

 ドラゴンは「ドスン!」って感じで落ちる様に着陸すんのがとても

 可愛らしい☆ またこのサフィラちゃんが女の子(雌)ってのが

 意外でいいね♪ 見た目とは裏腹に、声が女性なのが中性的

 でよい効果です。(^-^)b ただ残念なことに口調まで女性にし

 ちゃったのはマイナス! これは翻訳が悪いのか、はたまた

 原作も女性の言葉で話すのか・・・。

 竜使いを“ドラゴン・マスター”ではなく“ドラゴン・ライダー”

 て設定にしたのが大きい! これがこの映画の目玉です♪

 バイクや馬に乗る様に、言葉だけでなく身体全体を使ってドラ

 ゴンを操作するのがぢつによい! 飛翔シーンは必見です☆

 でも、なによりこの映画で気に入ったのはSFXよりも・・・役者

 さん達が馬に乗って走るシーンがぢつに美しく撮られてること

 だったりします。(⌒▽⌒)b 森や山や渓谷を、馬を走らせる

 シーンがどれも美しいこと! こういうセンスって悔しいけど

 邦画ではどうしても真似できない、お国柄によるものなんだと

 感心してしまいますね~。

 まぁ、ストーリーはありきたりだし、目を引く様な美男美女も出な

 いし・・・最近の映画に慣れちゃった人には何も新しい要素は無

 いわけですが、「理屈よりもまず映像だ!」って思うオイラみたい

 な奴にはなかなか楽しめる一本であります♪

 ツンデレ系なドラゴン・サフィラちゃんの魅力はTVのCMでは

 一割も伝わらないので、ドラゴンマニア(笑)なお方は一度

 は劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか?(^-^)b

**************************

フリーパスで観た割にはどれもなかなかの作品でぢつに満足!

期限はもちっと残ってるのであと1~2本ばかし恩恵与ろうと

思います。(* ̄▽ ̄*)

さぁ~って! 次は何を観ようかにゃ~♪

| | コメント (2) | トラックバック (6)

AJF(アニメ・ジャパン・フェス)2007“冬の陣”

行ってきましたAJF冬の陣!ヾ(@^▽^@)ノ

AJF(アニメ・ジャパン・フェス)”をご存知ない人に説明すると、

水木一郎さんをはじめアニソン界で活躍する歌い手さん達が

一同に会する、なんとも豪華なアニソン系ライブであります♪

(たまに声優さんのイベントと混同してる人が居るので、あえて)

今回のメンバーは水木一郎アニキを筆頭に、堀江美都子さん、

山本正之さん、串田アキラさん、Mojoさん、宮内タカユキさん、

YUKAさん、米倉千尋さん。

更に成田賢さん、森川美穂さん、谷本貴義さんが初登場です♪

そして司会はもちろんショッカーO野さん!(⌒▽⌒)/

どです? 解かる人には解かる超豪華メンバーでしょ♪

この日はアニキの誕生日で、会場全員でハッピーバースデーを

合唱してお祝いしました♪ 子供の様に喜ぶアニキはとっても

可愛いかったです。(* ̄▽ ̄*)

アニキは今回もぢつに楽しそうに歌って語ってました。 今年も

色々な所でまた楽しませて欲しいと願います☆

今回特筆すべきはやっぱ成田賢さんの“サイボーグ009”から

『誰がために』と名曲『ああ電子戦隊デンジマン』でありま

しょう☆ みんなが待ってた念願の名曲の登場です!

泣きそう・・・つか泣きました。(T-T) 最高です! そして最強!

Mojoさんの『若き旅人』と、山本さんのアコギ版『夢の狩人』

米倉さんの『Will』宮兄『仮面ライダーBLACK RX』・・・

ああ、とてもじゃないが書ききれないぜ!(>_<)

それから、予定されてなかった影山ヒロノブさんが乱入!

今回はYUKAさんの歌でギターを弾き、ゲーム“真・三国無双

の主題歌をぶちかまして颯爽と去っていきました♪ 相変わらず

元気いっぱいです!(⌒▽⌒;

そう言えば今回のトップバッターは予想を裏切ってミッチが務め

ました♪ ミッチ永遠のアイドル! 可愛いです。(* ̄▽ ̄*)

もう3時間があっちゅう間でした!(⌒▽⌒)/ 新年一発目から

いいライブ初めで満足ですにょ☆

今年もいっぱいいいライブに立ち会いたいものです。(^-^)b

今回の相棒は悪友デビデビ氏でした。 今回は半分くらいが

知らない曲だったそうだけど、それでも最後まで楽しそうでした。

あんなにノリノリだったデビデビ氏見るのはぢつはライブでは

けっこう珍しかったり・・・。(^-^)

喜んでもらえた? 今年もチケット取り、お願いしますね♪(笑)

まぁ、読んでないと思いますが。(^^ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

映画初め♪ (前編)

ポイントが溜まったので今年もTOHOシネマズさんの1ヶ月の

フリーパスをGET♪(* ̄▽ ̄*) これは使わなソンソン!(笑)

そんなわけで正月は大好きな映画に染まってました☆

今回はまとめてドドっとご紹介にょ!(^-^)b

**************************

リトル・ミス・サンシャイン

 新年一発目ってことで「ハートフルな映画にしよう!」と選んだ

 のがこれ♪ まぁ、普段のオイラでは金払って観ようとは思わ

 ないタイプの一本なのですが・・・これは当たり!ヾ(@^▽^@)ノ

 いい! すっごいいいよ! 大好き!(* ̄▽ ̄*)

 有名な俳優さんもスタッフも関わってないし、お金もかかって

 ない感じだけど、優しくて楽しくて・・・でもちょっと切なくて、最後

 はニッコリ笑える素敵なお話し♪

 家族のみんなが個性的でよいけど、やっぱ一番はオリーヴ

 ちゃん! 眼鏡と、後ろで一本に縛ってる長い髪と、子供らしい

 演技が素晴らしい!(* ̄▽ ̄*) これより若くても、成長してて

 もダメ! 今、この時だからこの子が光ってる! そんな時に

 この映画に出演できたことは奇跡に近いです☆

 お話しも好きだなぁ~♪ 今年はこういう映画にも目を向けて

 みたいものです。(あくまで希望ですが・・・)

**************************

硫黄島からの手紙

 昨年は『YAMATO/男たちの大和』で戦争について考えさ

 せられましたが、今年はこれで考えさせられました。

 「御国のため!」と洗脳に近い状態で、商売道具や生活の糧

 を奪われ、夢や希望も奪われ、最後には家族まで毟り取る。

 戦地に配属された者は、ほとんど消耗品に近い扱いを受け、

 理由も解せず重労働にあけくれ、最後には地獄の戦場に

 放り出されるか、もしくは自害を強制させられる。

 こんな狂った事が実際にこの日本でも行われていたのかと思う

 だけで、怒りとも悲しみとも虚しさともつかない気持ちでいっぱ

 いになってしまいます。

 届けられなかった多くの戦死者の手紙達。 そこには何よりも

 先に家族を想う言葉が飾らず綴られています。 そして手紙の

 内容は日本兵もアメリカ兵も変わらない! 言語の違い以外は

 何も違わないはずなのに・・・。

 戦争を憎む気持ちはきっとどこの国も同じであると信じたい!

 「御国のために死ね」なんて命令が尊ばれたこんな狂った考え

 が世の中から無くなるのを願って、そしてこんな時代があった

 事を忘れない様に・・・世の中に訴える作品と言えます。

 この作品のメッセージはかなり重い。 

 「感動した」だの「泣けた」だの・・・簡単に言われたらむしろ怒り

 がこみ上げてくるほど。 生半可な気持ちで観る娯楽映画では

 ないので、心して鑑賞に赴いて下さい。

**************************

む! 思った以上に長くなってしまった。(^^ゞ

ではまずは 「前編終わり! 休憩!( ̄o ̄)y-~~~」

ってことで後編はまた後日!(笑)

・・・相変わらずで行き当たりばったりな奴です。( ̄▽ ̄;ゞ

| | コメント (7) | トラックバック (13)

2007年 スタート!(@^▽^@)/

つんつくつくつくつ~ん

  つんつくつくつくつ~ん

    ひぁ~ ひぁららら~ ひぁ~♪

あけましておめでとうございます。m(_ _)m

大晦日は『魔弾戦記リュウケンドー』の最終回に大泣きでした

が、今年は新年早々『ちゅらさん』の総集編を観て大泣きして

るガンヘッド♪です。(T△T) きっと今年もオイラは泣きまくりの

一年なのね?(^^ゞ それもまたよし!(笑)

1_3 池袋ナンジャタウンで年越ししてきました♪ 

じゃんぽけ夫妻ちぃ姉、おつかれさん!

途中でオイラがパスポート無くしてお騒がせ

しちゃってすいません。m(_ _)m でもおかげで今年も楽しく

新年を迎えられましたよん。(⌒▽⌒)v ありがとう☆ 今年の

大晦日もよろしく!(早いか?) 2_4

今年はどんな一年になるのかな?

みなさんにも笑顔がいっぱいのよい一年

になるよう願っておりま~す☆ヾ(@^▽^@)ノ

本年もどうぞよろしく!m(_ _)m

 PS:こやま画伯からお年玉のイラストが届きました♪

    ギャラリーに追加してるので、おせち料理に飽きたら

    カレーの前にご賞味ください☆

    新年早々BL系ですけどね・・・。(^^ゞ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »