« チャーリーとチョコレート工場 | トップページ | 羊たちの沈黙 »

トゥモロー・ワールド

いつもお世話になってる映画系ブログの皆さんが、以外にも

この映画の記事書いてる人がほとんど居なかった。

あまり知られてないのか、上映館が少ないのか、はたまたあん

まし興味の沸かない映画だったのか・・・。f( ̄- ̄;

「そういう映画こそオイラがレポせな!」

ってことで、今回は『トゥモロー・ワールド』についてレポります♪

まずは感想・・・

映画館で観といてよかったよ!ヾ(@^▽^@)ノ

名作・・・とはいかないけど、映画好きを自認するなら1度は観て

おきたい一本だと思う。 や、悪い意味でなくって、オイラがよく

ここで書く「映画として」って部分をちゃんと踏まえてある映画

だと思うのでね。(^-^)b

映画って「原作も読めば解かる」とか「前作やTV版を観て

ないと理解不能」なんてのは“映画”としての評価はその

時点で駄作と考えます。(“作品”という意味ではないので誤解

のなき様) オイラが定義する“映画”とは単純明快!

「一本で話しが始まり、その一本で話しが終わる」事です。

要は“前知識や情報も無く観ても問題無い”という事と“続編や

他の媒体に頼らず、その話しは映画の中で完結している”事。

それが最低条件であり、かつ“プラスアルファ”があって初めて

映画として評価できると言えましょう。

この映画は前置きも簡単な説明だけで、観客はいきなり映画の

世界に放り込まれます。(^^ゞ 正直言って「子供が生まれなくな

った」とか「世界の治安が崩壊した」とかの理由や原因が気に

なるところですが・・・ ちょい待ち! この映画は謎を追求し

答えを見つけるタイプの映画ではありません。 最近流行

のご都合主義なタルい謎解き映画を期待してもこの映画の世界

では門前払いされるだけです。 

「つべこべぬかすな! この映画はそういう世界なんだよ!」

ってことを強制されます。 新聞の記事にいちいち単語の説明

や解説が付いてない様に、この映画もいちいち細かい事は説明

してはくれません。 それは「こういう世界なんだよ!」って事で

それが映画の中ではごく当然の事であり、現実に起きている事

である事を踏まえ、そんな絶望的な世界で起きた1つの出来事

を描いた映画なのですから。

そう! ここで重要なのは“理由”などではなく“そんな世界が

舞台なっている”って事の認識なのです。 

そういう世界を舞台にそれでも未来にわずかな光を求めようと

悪戦苦闘する人達を描いた近未来の物語 ・・・と書けば聞こえ

はいいけど、この映画は実際はそんな綺麗なお話しではない

ので注意願います。(^^ゞ 

ぢつはこの映画の面白さはストーリーではなく映像! 最近の

映画ではなかなか見られなくなった1カットによる長回し

シーンがタップリと堪能できます。(* ̄▽ ̄*) それも、単に

セリフの長回しという意味ではなく、1カットに話しの流れをこれ

でもかと詰め込む密度の濃い異色なシーンの多さに驚きます!

このハンディカムによる長回しはどうも監督さんの拘りらしくて

「実際に人間が目で追う状況」をカメラの動きで再現したもの

らしい。 話しをしてる者を見る、気になる部分を凝視する、

音のした方へ向く、自分が向かう方向を目視する・・・常に主役

の男をフレームに捕らえながら、カメラはもう1人の主役として

しっかりと演技しているのが見事です! 言い換えれば、カメラ

がそのまま観客の目として実際に出来事を追ってるかの様

な気分を味わえるわけです。

当然ここまでに至るには相当の苦労と綿密な計算が必要だった

ことでしょう。 1人でも段取りを間違えればその1カットは撮り

直し!「このカットにどれだけの時間とテイク重ねたの?」

とか想像しながら観ると上映時間があっという間に終わっちゃい

ます。(笑)

ラストの戦場突破~子供奪取~戦場離脱~戦闘再開 までの

長回しもかなり凄いけど、オススメは中盤の車の中のシーン

これも1カット!∑( ̄▽ ̄; ・・・なんかもう脱帽です。 ここ説明

しちゃうのもったいないんで、もしこれ読んで「観に行ってみよう

かな~?」って人が居てくれたら、ぜし自分の目で確認して欲し

い部分です~♪

決して観客に優しい映画ではないです。 きっと観終わって納得

いかなかった人も多いでしょう。 下手な戦争映画よりもキッツ

いシーンも多いし、主役のカッコいいシーンも無いし、ヒロインも

可愛くないし、美術的に美しいシーンなんて微塵もありません。

でも、現実って案外こんなもんぢゃね~の?!

べつにリアルってわけぢゃないけど、なんとなく「こんな事って

絶対ありえない!」とは思えないんだよね~。(^^ゞ

映画ファンの間でもかなり評価が割れそうな一本です☆ 

|

« チャーリーとチョコレート工場 | トップページ | 羊たちの沈黙 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

初めまして。TBありがとうございます。
そうそう。映像が物語るのが、映画でしょう。 台詞がなくても、映像でわかることは説明不要ですね。映像は、たしかに素晴らしかった。ひとつだけ、希望を言わせてもらえるなら、もう少し明るいテーマがいいなぁ(^^;)。

投稿: あかん隊 | 2006年12月 7日 (木) 22時40分

あかん隊さん、いらっさ~い!(^▽^)/
こちらもTBにコメントまで、ありがとう
ございまっす♪

ストーリー主体で観るか、映像や音に重き
を持って観るか・・・観る人が何を求めるかで
好みが極端に割れる映画ですね。(^^ゞ

こういうサディスティックな映画もたまには
いいけど、やっぱオイラもせっかく観るなら
明るい映画のがいいっす。(* ̄▽ ̄*)

あかん隊さんも色々な映画を観られるお方
ですね☆ 今度はオイラも遊びに行きます
よ~ん!ヾ(@^▽^@)ノ

投稿: ガンヘッド♪→あかん隊様 | 2006年12月 8日 (金) 19時47分

ガンヘッドさん~

こんばんは。
コメントありがとうございました。
TBごめんなさい。何で届かないんだろう~(- -;)

( ̄m ̄* )ムフッ♪
ちわわはかわいいって~~~♪
1チーいかが~

投稿: うさぎ | 2006年12月18日 (月) 01時11分

うさぎさん、いらっさ~い♪ヾ(@^▽^@)ノ
コメントありがとうです☆

あ~TBはですね、どうもオイラの使用して
るココログさんで起きる障害らしいのです。
先日のメンテでも解消できなかったんで、
今後もまだしばらくはお返しできないかも
しれないです。(T△T)スイマセン

でもその分はコメントでしっかりお礼させて
いただきます♪(^-^)b

今だワンコは苦手ですが、チーちゃん達の
写真見たさに何気に遊びに行ってたり!
う~む、でもまだ触れません。(^^ゞ
遠くから見てるうちが花なのかなぁ?

投稿: ガンヘッド♪→うさぎ様 | 2006年12月18日 (月) 02時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/4429825

この記事へのトラックバック一覧です: トゥモロー・ワールド:

» トゥモロー・ワールド [そーれりぽーと]
落選後、『インサイド・マン』では銀行強盗に身をやつしてしまった元ジェームズ・ボンド候補のクライヴ・オーウェン。 そろそろその『007』の最新作が公開という事でぶつけてきたのか気になったので『トゥモロー・ワールド』を観てきました。 ちなみに英語の公式サイトを見ると公開は12月25日…ってあれ?日本先行公開? ★★★★ 子供が全く生まれなくなった世界。 人類に未来が無いのは明白で、ただ絶滅への絶望だけが支配する世の中。 そんな世界に有... [続きを読む]

受信: 2006年12月 7日 (木) 00時51分

» トゥモロー・ワールド [ネタバレ映画館]
トモロヲ・ワールドってどんな所かな〜 [続きを読む]

受信: 2006年12月 7日 (木) 01時57分

» トゥモロー・ワールド (2006) CHILDREN OF MEN 109分 [極私的映画論+α]
 101匹もいませんが(笑)・・・それでもほとんどのシーンでたくさんの犬が出てきます。日本では「多産・安産」の象徴でもある犬ですが、イギリスもそうなのでしょうか?(笑)  珍しいことに、イギリスでは9月から公開されていますが、アメリはではアカデミー賞狙いってことで12月25日に公開されるそうです。... [続きを読む]

受信: 2006年12月 7日 (木) 08時02分

» 『トゥモロー・ワールド』 [ラムの大通り]
(原題:Children of men) ----これってアルフォンソ・キュアロンの新作だよね。 彼のフィルモグラフィって、どこか変わってるよね 「うん。今度は近未来SFだしね。 しかも赤ちゃんが生まれなくなって ついに人類に明日への希望がなくなった世界」 ---でも、そういうのって安っぽくなりそう。 「いや、ところがね。 実にリアルなんだ。 町の風景もきている服も今の時代とそう変わりはしないし、 差別もあればゲリラ�... [続きを読む]

受信: 2006年12月 7日 (木) 09時50分

» トゥモロー・ワールド [映画鑑賞★日記・・・]
『CHILDREN OF MEN』公開:2006/11/18(11/22鑑賞)製作国:アメリカ/イギリス監督:アルフォンソ・キュアロン原作:P・D・ジェイムズ    『人類の子供たち』/『トゥモロー・ワールド』(早川書房刊)出演:クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイ...... [続きを読む]

受信: 2006年12月 7日 (木) 13時52分

» トゥモロー・ワールド(20061119) [cococo]
本編とは別な印象を与えるような予告編が、少なくない昨今。この映画の予告編は、裏 [続きを読む]

受信: 2006年12月 7日 (木) 22時41分

» トゥモロー・ワールド [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
子供が誕生しない未来〜人類だけが地球から消え去る〜このままでは、地球を受け継ぐ者は、誰もいなくなる。2027年 ─ 我々人類にはすでに18年間も子供が誕生していない。このままでは、そう遠くない日、地球を引き継ぐ者はすべて地上から消え去ってしまう! 国家...... [続きを読む]

受信: 2006年12月 7日 (木) 23時31分

» トゥモロー・ワールド☆独り言 [黒猫のうたた寝]
近未来、そう、今から20年ほど先の世界では、子供が生まれない事態が起きている。世界的な流れで、すでに18年間・・・出生の事実はない。そんな世界で、一人の少女キーと出会う。彼女は未来への希望・・・妊娠8ヶ月・・・ありえないと思っていた奇跡・・・別れた妻で革命家のジュリア...... [続きを読む]

受信: 2006年12月 9日 (土) 09時05分

» トゥモロー・ワールド [ちわわぱらだいす]
これは少し前に見た映画です。。。 今から20年後のお話。 子供がまったく生まれなくなった世界です。 久しぶりに生まれた赤ちゃんが戦いの道具?になる。。。 最後の戦闘のシーンは圧巻でしたが。。。 最近戦争映画ばっかり見てるような気がする。 最後のお船はねぇ。..... [続きを読む]

受信: 2006年12月15日 (金) 22時50分

» トゥモロー・ワールド  2027年に今のイラクを思う、英国以外全部崩壊 [もっきぃの映画館でみよう]
タイトル:トゥモロー・ワールド(原題 Children of Men) 製作国:アメリカ、イギリス ジャンル:近未来SF/2006年/114分 映画館:TOHO二条シネマズ(165席) 鑑賞日時:2006年11月26日 (日),14:00〜 70人ぐらい 私の満足度:70%  オススメ度:65% チラシを見たときは、どうもいまいちなタイトルだなあと あまり行く気にならなかたのですが映画館の予告でみて、 これはお金かけてそ... [続きを読む]

受信: 2006年12月16日 (土) 02時08分

» トゥモロー・ワールド [悠雅的生活]
子どもが生れない未来に希望の火を灯すのは・・・ [続きを読む]

受信: 2006年12月16日 (土) 09時30分

» トゥモロー・ワールド−(映画:2006年153本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:アルフォンソ・キュアロン 出演:クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン、キウェテル・イジョフォー、チャーリー・ハナム、クレア=ホープ・アシティー 評価:87点 公式サイト (ネタバレあります) そろそろ何と....... [続きを読む]

受信: 2006年12月30日 (土) 01時26分

» 127.トゥモロー・ワールド [レザボアCATs]
2027年、子供が誕生しなくなって18年経っていた。人類が生殖能力というものを失って、一気に終わりを迎えるのでなく、少しづつ死に向かっていく、という感じ、それが、とてもリアリティのある描写をされている。そこが、逆にとても恐ろしい感じがする。最後は、とても感動....... [続きを読む]

受信: 2006年12月30日 (土) 05時11分

» 「トゥモロー・ワールド」 [映画日記「ロバの耳」]
近年、映画はファンタジーや恋愛悲劇が人気らしく、どうにも他のジャンルはさみしいん [続きを読む]

受信: 2007年1月 7日 (日) 00時30分

» 「トゥモロー・ワールド」 子供は希望 [はらやんの映画徒然草]
先日観た「パリ、ジュテーム」の一遍を撮っていたアルフォンソ・キュアロン監督の作品 [続きを読む]

受信: 2007年3月25日 (日) 19時58分

» トゥモロー・ワールド 07078 [猫姫じゃ]
トゥモロー・ワールド CHILDREN OF MEN 2006年 英  アルフォンソ・キュアロン 監督クライヴ・オーウェン ジュリアン・ムーア マイケル・ケイン キウェテル・イジョフォー クレア=ホープ・アシティ チャーリー・ハナム う〜ん、、、...... [続きを読む]

受信: 2007年4月14日 (土) 21時36分

« チャーリーとチョコレート工場 | トップページ | 羊たちの沈黙 »