« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月の9件の記事

オイラの2006年映画評

今年最後のブログ記事なので、ブログらしい大トリを!

ぢつはこのブログ開始時からやってみたかった企画の1つ、

ガンヘッド♪の2006年 映画評なんてやりましょ!

まずは、今年観た映画(映画館で鑑賞したものに限る)を、鑑賞

した順番に書き出してみます♪(⌒▽⌒)b

 あらしのよるに

 YAMATO/男たちの大和

 THE 有頂天ホテル

 銀色の髪のアギト

 輪廻

 フライトプラン

 シャークボーイ&マグマガール 3-D

 悪魔の棲む家

 ジャーヘッド

 PROMISE/無極

 ナイト・オブ・ザスカイ

 サイレン

 真・救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝/殉愛の章

 機動戦士Zガンダム3/星の鼓動は愛

 THE MYTH/神話

 まじめにふまじめかいけつゾロリ/なぞのお宝大さくせん

 超劇場版 ケロロ軍曹

 ドラえもん/のび太の恐竜 2006

 サウンド・オブ・サンダー

 SPIRIT/スピリット

 イーオン・フラックス

 ナイトウォッチ

 ナルニア国物語 第1章/ライオンと魔女

 小さき勇者たち/GAMERA

 クレヨンしんちゃん/伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!

 プロデューサーズ

 V フォー・ヴェンデッタ

 ダ・ヴィンチ・コード

 ポセイドン

 トリック 劇場版 2

 オーメン (666)

 DEATH NOTE (前編)

 ウルトラ・ヴァイオレット

 着信アリ Final

 カーズ

 ホワイト・プラネット

 ブレイブストーリー

 サイレント・ヒル

 ハチミツとクローバー

 M:I:3 ミッション:インポッシブル3

 パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

 轟轟戦隊ボウケンジャー THE MOVIE 最強のプレシャス

 劇場版 仮面ライダーカブト/GOD SPEED LOVE

 ユナイテッド93

 花田少年史/幽霊と秘密のトンネル

 日本沈没

 ゲド戦記

 スーパーマン リターンズ

 グエムル/漢江の怪物

 X-メン/ファイナル・デシジョン

 ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟

 オトシモノ

 フラガール

 ワイルドスピード X3/TOKYO DRIFT

 スケバン刑事/コードネーム=麻宮サキ

 スネーク・フライト

 ナイトメア・ビフォア・クリスマス 3-D

 DEATH NOTE/the Last name (後編)

 トゥモロー・ワールド

 007/カジノ・ロワイヤル

 SAW 3

以上、61作品! ・・・単純計算で6日に1本のペースで映画館

に通ってたことになる。(^^ゞ やぁ~・・・思った以上に多いね♪

ホントはベスト5とかワースト3とかやりたかったけど、優柔不断

なオイラにつき決められません!(笑) なので、妥協して順位

抜きでベスト3特別選考を選びました。(^-^)b

(タイトルをクリックすると記事に飛べるようにしました♪)

 ●洋画ベスト3

   プロデューサーズ

   オーメン (666)

   トゥモロー・ワールド

 ●邦画ベスト3

   DEATH NOTE (編)

   フラガール

   ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟

 ●アニメ部門

   カーズ

 ●特別賞

   ホワイト・プラネット

   ユナイテッド93

 ●視覚賞

   ポセイドン

   グエムル/漢江の怪物

 ●予想に反して面白かったで賞

   ナルニア国物語 第1章/ライオンと魔女

   スネーク・フライト

そして、栄光ある2006年ガンヘッド♪が選んだワースト

      ナイトウォッチ

ダントツでぶっちぎりです! おめでとぉ~♪ヾ(@^▽^@)ノ

ダ・ヴィンチ・コードオトシモノもいい具合に候補でしたが、

やはり今年のワーストのイチ押しはこれです!(笑)

総評ですが、今年は例年以上に邦画のがんばりが目立ってま

した♪ とてもよいことです☆(⌒▽⌒)/ その反面アニメ系は

技術に溺れて、肝心の内容がペラペラな物が多かった印象で

あります。 がんばれ、アニメ屋さんたち!p(⌒▽⌒)q

今年はホラー系の全国公開が少なかったのが悔やまれる所

です。 ホラーのリメイクや続編が多く企画されてる来年は期待

したいところです♪(^-^)b

**************************

今年の春からブログを始めて、自分の考えをまとめる場が出来

たことにとても感謝しております。 こんな偏りの多いブログに

遊びに来てくれた皆さん、ホントにありがとう。m(_ _)m

おかげで楽しい一年だったし、同時に多くを学んだ一年でもあり

ました♪ これをバネに、来年も・・・まぁユルユルと続けていきた

いなと思います。(^^ゞ

それでは皆さま、よいお年を☆ヾ(@^▽^@)ノ

| | コメント (2) | トラックバック (4)

SAW 3

「さぁ、ゲームを始めよう。」

『SAW(ソウ)』もついに3作目に突入! 1作目の凄まじさで

すっかり虜になり、2作目の衝撃に圧倒された人なら、ここで

3を観ないなんて嘘です! なぜなら、この『SAW3』は純粋に

2の続きでありながら、1と2の両方を繋いでその過去や気に

なるその後をも描き出した内容だからです。(^-^)b

しかも、単なる謎を埋める話しなどではなく、実際に動くのは

2つのストーリーで、もちろんその2つはクライマックスに向け

てちゃんと絡み合う構成になっております☆

では、久々にやりましょう! この映画を観る前の準備♪(^-^)b

 1.意外にも直接的なグロい描写はほとんどありません。

   (ぢつは3作全てに共通している事だったりします)

   ホラー系な描写を期待されても困ります。(^^ゞ

 2.かなり精神的に痛~い思いをします。 そして全身に

   力が入るシーンも多数アリ! けっこう疲れます。(^^ゞ

   体調を万全にして、ちょっと心に覚悟してから鑑賞のこと。   

 3.もちろん 1 と 2 は観ておくこと。(必須項目)

いや~・・・ それにしても「痛そう~!!(>_<;」ってシーン

がこれでもかってくらい描かれますねぇ。 恐れ入ります。

でも、この映画で大切なのはそんな目先の恐怖ではなく、きっと

“生きる事”と“死ぬ事”の選択、“罪を犯す事”や“赦す事”の

重さや痛みや苦しみ、そして悲しみなのかも知れません。

「他人を赦すには、常に痛みを伴う」

なんて深い言葉であろう。( ̄- ̄; 惰性や誘惑や悲しみに

囚われて前に進めなくなった状態を“死”と呼ぶのなら、“生”

を感じるというのは心や体に襲う痛みに屈せず前進を止め

ない事なのかと考えさせられる・・・。

1作目の「血を流しても生きる覚悟はあるか?」を突きつけ

られた時もかなり悩んだものですが、今度は更に「自分が傷

ついても、目の前の人間を赦すことができるか?」が試され

ます。 あなたの答えは? ・・・それは、ぜし本作をご覧になって

一緒に考えていただきたい。(^-^)b 

ジグソウの仕掛けたゲームは決して人として許されるものでは

ないし賛同もできませんが、そのゲームを通じて伝えようとし

てる事はなんとなく解からないでもない気がします。

今の世の中、生きる事に感謝しなくなった人間のなんと多い

ことか! 自分の命も粗末にする者が、他人の命の大切さ

なぞどうして理解できようか?!ヾ( `Д´ )ノ

ジグソウはそんな世の中に少しでも渇を入れたかったのだろ

うと思うのです。 でも、その方法はあまりにも人道を外れて

いるという矛盾。 理不尽な様で居て、理に適ってる様で居て、

常に不快感がつきまとう・・・。 そういう意味でかなり人の心

を試される怖い映画だなと思います。( ̄- ̄;

また、前作に引き続きアマンダがこの映画を動かす鍵になって

おります。 彼女のジグソウへの想いは純粋ゆえにかなり複雑

でありますが・・・あまりにも痛々しい!(T△T) 向けようの無い

彼女の愛憎があまりに切なくてちょっと泣けてしまったほど!

前2作も含めて多くの伏線が張られている映画なだけに、ちと

頭は使いますが、きちんと観ていればオイラでもちゃんと理解

できるので、その辺の心配は無用です♪

他人に薦められないが、

        自分にとってはとっておきの映画!

今回はそんな1本(3本?)になった作品です。 お見事☆

| | コメント (0) | トラックバック (1)

最近手に入れたプレシャス☆ その2

週末に色々手に入ったので、お馴染みのお披露目記事です☆

R2  まずはこれ!

 『スーパーマン

    アルティメットコレクションBOX』

『スーパーマンリターンズ』のDVD! 

前者はなんとスーパーマン の1~4のヴァージョン違いやボーナス

Photo_40 ディスクも含めて11枚組の豪華仕様です!

はっきし言ってここに書ききれないくらい豪華な

映像特典が満載!ヾ(@^▽^@)ノ

「いつ観るんだよ?!」って気もしますが、もはや後戻りはできない

ので・・・正月にでものんびり観ようかなと♪(^^ゞ

次は『ファイナルデステネ-ション』3部作をセットPhoto_33にした、こちら

もコンプリートBOX!

『ファイナルデステネーション』

『デッドコースター』

『ファイナルデッドコースター』

の3作と、更に特典ディスクが付いた4枚組BOXです♪

ぢつはオイラ、3作ともまともに観たことが無いPhoto_34

のですが、TVで放送された1と2をチラ見してて

「これはちゃんと観なきゃ!」と思った映画。

最初はバラで買うつもりだったけど、今回3作まとめたBOXが

登場したので迷わず購入!(* ̄▽ ̄*) あまりメジャーな映画

とは言えませんが趣味の悪いカルト映画としてなかなか見応え

ありますよ♪(心臓の弱い人には薦められませんが)

Photo_35 そして今回の目玉はこれだぁ!ヾ(@^▽^@)ノ

『機動戦士ガンダム

        DVD-Box vol.1』

きっと熱烈なファンなら「LDで持ってるからいらん!」と手を出して

Photo_41 ないことでしょうが、オイラみたいな軽めのファン

には待ちに待ってたDVD化なのでありんす♪

これで大好きな“時間よとまれ”や、民間人の

暴動の話し、塩を求めて湖を探す話しや、イセリナ様の切ない

復讐劇もいつでも観れます☆ 感激ッス!(T△T) 1_1

ちなみに特典として劇中で主役メカとして活躍

するRX-78-2のミニフィギアが付いてき

ました♪ ちっちゃいけど関節は駆動するし

多彩なパーツがいっぱい付いているので、ファンならこれ2_2だけ

でも欲しいんぢゃないかな?(^-^)b

では、その小ささを見てもらいましょう!

比較対照物は、このブログではすっかり

お馴染みのKENT&ライターです。(笑)

Photo_38 とはいえ、このBOXはトータルではけっこうな

物量になります。 会社の社販で購入したら、

総務のお姉さんに

「がさばるからとっとと引き取ってください」

と呼び出されたほど。(^^ゞ 家に持って帰るのもけっこうしんど

かったです。(笑) DVDとフィギアを併せた梱包箱がこの写真♪

例によってKENTと、一緒に届いたリュウケンドーのDVD

記念撮影です☆(* ̄▽ ̄*)

そしてもひとつ番外編として、先日お台場のワールドホビーフェス

に行った時、以前から欲しかった物を見つけたのでついにGET

しちゃった♪ 仮面ライダークウガの1_2

“DXトライゴウラム”ポピニカ

です。(* ̄▽ ̄*) あまりに嬉しいので、

アルバムの方で詳しくお披露目しております。

ぜしそちらもご覧下さいませ~☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

007 カジノ・ロワイヤル

あれ? 『カジノロ・ワイヤル』って昔映画になってなかった?

確かピーター・セラーズの出てた・・・。

と思ったら、この話しは何度も映像化されてたのね。(^^ゞ

これ書いてる時にふとTV見たら、ちょうど映画のCMやってた♪

「シリーズ最高傑作!」とか言ってます。

                 ・・・そうなの?( ̄- ̄;

オイラはどっちかっつ~と『ゴールデン・アイ』と並ぶワーストって

思うんだけどなぁ・・・。(あくまでオイラの勝手な評価ですよ)

近年ハリウッドで流行の“ヒーローはじめて物語”に便乗したか

『007/ビギニング』って感じの一本です! ・・・と言いたい

ところですが、ボンドは冒頭からすでに00(ダブルオー)の称号

は持ってるんで「どういう経緯があってボンドがスパイになった

か?」なんて話しでは無いことにまずガッカリ。( ̄- ̄;

初期のボンドってことなら・・・もちっと多少は感情を剥き出しちゃう

様な“若さ”が見たかったなぁ。 なんだか顔もオッサン顔だし、

いつも暗い顔してる仏頂面(“クール”とは違います)のボンドなんて

・・・正直言って嫌い。(>_<)

前半のビルの足場やクレーン上でのアクションやカメラワークは

かなり凄くて気に入ってるんだけど、どっちかっつ~と凄いのは

追ってるボンドよりも、追われてヤマカシ状態だった兄ちゃん

の方って気がします。 映像的には凄いけど・・・なんでこの人は

わざわざ逃げ場の少ない上の方へ逃げてるのであろう? 

それを追うボンドも変! 下でず~っと待ってたらそのうち観念

して降りてくんぢゃなかろうか?

中盤はポーカー勝負! う~む、出演者が全員無表情な連中な

お陰で、ポーカーのルールを知らないオイラみたいのはどっちが

勝ったのか結果もわかりませんがな。(^^ゞ

観てるうちになんだかどんどんストレスが溜まってきて、後半戦

「まだ終わらないのぉ・・・(;´Д`)」って内心思ってしまいました。

ダメだ!ヾ( `Д´ )ノ

  今回はオイラに合ってない007だ!

でも、一緒に観に行った悪友デビデビ氏には好評だった様なん

で、多分今回はオイラの好みに合わなかっただけかと。

まぁ、色々な解釈のボンドが居てもいいと思います。 今回の様

なボンドもアリなんだと思う。 これだけ色々なボンド像があるの

なら、観る人は選べばよいってだけですもんね~♪

| | コメント (2) | トラックバック (1)

歌ってGO!

パセラさんへカラオケに行ってきました。(* ̄▽ ̄*)/

とても一週間前には「風邪で声が出ない!」と咳込んでた奴の

言動とは思えませんが・・・まぁよし♪

プレセペで一年ぶりに再会した天むす氏「またJAMprojectで

デュオしよう!」って話しに勢いがついて、忘年会にプレセペの

オフ会も兼ねて行われた今回のアニカラ大会。 やぁ、ぢつに

楽しかったですぅ~。(* ̄▽ ̄*) マジで!!!

すでにオイラ、普通のカラオケができない身体になってます。

(風邪の心配をしてくださった皆さん、すいません。m(_ _)m)

今回のメンバーは元気爆裂天むす氏を筆頭に、いつもお世話に

なってるキューティ千沢姉、世代&ジャンルを問わないマルチな

情報屋鷹(よう)氏、ウメ子好き好きのワイルド&萌え~うり氏

腹違いの双子の兄ことウルトラじゃんぽけ氏、そして「本編は

観たことないけどCDは持ってる!」でヒンシュクをかう特撮バカ

ガンヘッド♪の6人でした☆

それにしてもみんな元気いっぱいです!ヾ(@^▽^@)ノ

開店の昼12時に入店してから 歌う!歌う!歌う! 

アニメ・特撮・ゲーム系オンリーで約7時間篭城ですよ! 凄ぇ!

お店からストップかからなかったら夜も続けるかの勢いでしたよ。

でも、それもあっちゅう間なくらい楽しかったです。(* ̄▽ ̄*)

ホント、みんなサービス精神旺盛なんだからぁ♪

・・・で、ここで終わらないどころか勢いがヒートアップ! 店を出

た後は「軽くお茶でも・・・」と聞いた気がしますが、カフェで数時間

オタ談義が始まっちゃいました。(^^ゞ や、これがまた愉快な

話しが出るわ出るわ・・・! 残念ながら内容はとてもぢゃないけど

ここではヤバくて書けません書ききれません!(⌒▽⌒;

これはもしかして・・・とんでもない面子を集めて

しまったのではなかろうか?(^^ゞ

終電の時間で流石に宴は終了したけど、かなり後ろ髪引かれる

思いでした。 みんな無事に帰れたのかなぁ?

一日みっちり楽しい思いさせていただきました♪(* ̄▽ ̄*)

風邪もストレスもおもっきしぶっ飛ばして、大好きな歌や話題に

いっぱい浸れたいい一日でしたね~。 みんなありがとう!

おう、ぜしまたやろうぢゃないか!ヾ(@^▽^@)ノ

次回もまたみんなの元気な笑顔に会えたら幸せ☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボウケンジャー素顔の戦士達 に会いに行く♪

こやま氏に誘われて東京ドーム・スカイシアターへ出掛ける。

『新たなる冒険者!ボウケンシルバー登場!!』

の最終公演を観るためさ!(⌒▽⌒)/

風邪でまともに声が出せない状態ではありますが・・・迷わず

アタック! 「ボウケンジャー、スタート・アップ!」ってことで

マスクと皮コートにて完全武装でミッションに向かったオイラ

です。(^-^)b

Photo_28 この公演はボウケンジャーの素顔の

戦士達5人が登場する最終日&最終

公演につき、通常の整理券制の公演

とは違い、前売チケットでのみ入場が

許される特別公演! なので、お客の年齢層がちと高め。(^^ゞ

こやま氏に聞いた話しによれば発売開始わずか10分5分で完売

だったとか・・・。 凄い人気です。

とはいえ、公演の内容は大きな変更は無いそうです。(^^ゞ でも

ファンにとってやっぱ千秋楽って観ておきたいものですもんね♪

現地でこやま氏・K氏・はんさんに合流して、いざ会場へ☆

せっかく会えた皆さんですが・・・悲しいかな声が出ないのでほと

んどまともに話しもできませんでした。 すみません。(T-T)

Photo_29 う~む、やっぱ生で観るヒーローショーは

いいです!(* ̄▽ ̄*) 横一列に並んでの

キメポーズ! ステージのあちこちで展開

される群集アクション! 火薬やスモークや

ジャンプ台を使ったトリッキーな展開! 映画やTVで観るのとは

また違って、生のアクションはやっぱ心躍るものがあります♪

ステージではガジャ風のシズカが共演すんのね。(* ̄▽ ̄*)

中の人達は本人ではありませんが、それはそれで嬉しい共演!

で、中盤にはいよいよ素顔の5人(今回は高丘は来てません)

が登場! なんだかんだ言っても、本人達が登場すると感激し

てしまう単純なオイラです。(^^ゞ さくら姉さん、生萌え~♪ 

でも・・・5人はほとんどアクションしませんね。 まぁ、まだ番組は

撮影中だろうし、素はアクション俳優ではないのでいか仕方ない

のでしょう。 春の公演に期待!(^-^)b

後半はネガティブの皆さんも一緒に歴代の戦隊ソングを歌って

踊る・・・こういうのも楽しくていいね♪ 番組中でやったらかなり

ヒンシュクもんですが、ここはある意味番外編! なんでもアリ

って感じがステキです。(* ̄▽ ̄*)

閉めがガジャとシズカの漫才ってのがまた意外で楽しかった。

んで、最後は素顔の5人がご挨拶♪ 真墨ちんてサービス精神

旺盛なのね。 ちょっと好感度UPです。

色々とツッコミ所も多いけど、それも許せちゃうのが戦隊シリーズ

のいい所☆

ラストはお馴染みの司会のヒロちゃん! やっぱ彼の声聞くと

「スカイシアターに来たなぁ~♪」って気分になるね。(⌒▽⌒)

やぁ~ホント、観に来てよかったです☆Photo_30

あ、せっかく持ってきたアクセルラー

使う所が無かったわ!∑( ̄△ ̄;

こやまちん、誘ってくれてありがとう♪ それと、心配させてすいま

せん。m(_ _)m とりあえず・・・風邪、早く治しますね。(^^ゞ

 注) 素顔の戦士出演のステージは撮影・録画が一切禁止に

   なった為、今回のステージの写真はありません。

   ご了承願います。m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

羊たちの沈黙

先週から風邪気味で映画館に行けない日が続く。(T△T)

そんなわけで、今回は深夜に放送されてた『羊たちの沈黙』

についてお話しなぞ♪

・・・風邪ひいてるんなら早く寝ればいいのにねぇ。(^^ゞ

**************************

もう何回も観た映画ですが・・・やっぱ何度観ても飽きない!

オイラの中では殿堂入りの一本です。(* ̄▽ ̄*)

オイラがサイコ・スリラー/ミステリー系の映画に興味持つ様に

なったのもこの映画に出会ったお陰ですからねぇ~♪ これと

『セブン』を観なかったら・・・多分今でも「映画はアクションとSF

とホラーだ!」とか軟弱な事言ってたかもしんまい。(^^ゞ

最初っから最後まで緊張感あって、話しに休む間が無いのが

凄い! 謎解きも自然でよい! 映像も圧倒的! そして、なん

つってもキャラがよい!p(>_<)qクゥー

ぢつは主役ではないのに、その圧倒的な存在感でこの映画の

顔となってしまったレクター博士! 怖さと不気味さと頭の良さと

紳士的な態度・・・どれをとっても最高のキャラです!

でも、やっぱレクター博士は囚われの身の方が存在感在って

いいなぁ。( ̄- ̄; 続編の『ハンニバル』は結局蛇足で陳腐な

映画になっちゃったもんね。 そういう意味では『レッド・ドラゴン』

の方がオイラの評価が高いです♪

そして、まだちょっと若いころのジョディ・フォスターが負けない

くらい健気に頑張ってるのがまたよい! このころのジョディ

顔もまだ丸みがあって可愛いです。(* ̄▽ ̄*) 頭もいいし、

思い切りもいい! これならレクタ-博士でなくたって惚れる

ってばよ!(笑)

字幕で観るのもいいけど、この映画は吹き替えでもなかなか

いい感じに声優さん達が熱演してるので、初めて観る場合は

むしろ吹き替え版の方が理解し易いかと思います。 お話し

を理解した後に「レクターって実際はどんな声してんのかな?」

って字幕で観るとまた味があるかと思いますよん☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トゥモロー・ワールド

いつもお世話になってる映画系ブログの皆さんが、以外にも

この映画の記事書いてる人がほとんど居なかった。

あまり知られてないのか、上映館が少ないのか、はたまたあん

まし興味の沸かない映画だったのか・・・。f( ̄- ̄;

「そういう映画こそオイラがレポせな!」

ってことで、今回は『トゥモロー・ワールド』についてレポります♪

まずは感想・・・

映画館で観といてよかったよ!ヾ(@^▽^@)ノ

名作・・・とはいかないけど、映画好きを自認するなら1度は観て

おきたい一本だと思う。 や、悪い意味でなくって、オイラがよく

ここで書く「映画として」って部分をちゃんと踏まえてある映画

だと思うのでね。(^-^)b

映画って「原作も読めば解かる」とか「前作やTV版を観て

ないと理解不能」なんてのは“映画”としての評価はその

時点で駄作と考えます。(“作品”という意味ではないので誤解

のなき様) オイラが定義する“映画”とは単純明快!

「一本で話しが始まり、その一本で話しが終わる」事です。

要は“前知識や情報も無く観ても問題無い”という事と“続編や

他の媒体に頼らず、その話しは映画の中で完結している”事。

それが最低条件であり、かつ“プラスアルファ”があって初めて

映画として評価できると言えましょう。

この映画は前置きも簡単な説明だけで、観客はいきなり映画の

世界に放り込まれます。(^^ゞ 正直言って「子供が生まれなくな

った」とか「世界の治安が崩壊した」とかの理由や原因が気に

なるところですが・・・ ちょい待ち! この映画は謎を追求し

答えを見つけるタイプの映画ではありません。 最近流行

のご都合主義なタルい謎解き映画を期待してもこの映画の世界

では門前払いされるだけです。 

「つべこべぬかすな! この映画はそういう世界なんだよ!」

ってことを強制されます。 新聞の記事にいちいち単語の説明

や解説が付いてない様に、この映画もいちいち細かい事は説明

してはくれません。 それは「こういう世界なんだよ!」って事で

それが映画の中ではごく当然の事であり、現実に起きている事

である事を踏まえ、そんな絶望的な世界で起きた1つの出来事

を描いた映画なのですから。

そう! ここで重要なのは“理由”などではなく“そんな世界が

舞台なっている”って事の認識なのです。 

そういう世界を舞台にそれでも未来にわずかな光を求めようと

悪戦苦闘する人達を描いた近未来の物語 ・・・と書けば聞こえ

はいいけど、この映画は実際はそんな綺麗なお話しではない

ので注意願います。(^^ゞ 

ぢつはこの映画の面白さはストーリーではなく映像! 最近の

映画ではなかなか見られなくなった1カットによる長回し

シーンがタップリと堪能できます。(* ̄▽ ̄*) それも、単に

セリフの長回しという意味ではなく、1カットに話しの流れをこれ

でもかと詰め込む密度の濃い異色なシーンの多さに驚きます!

このハンディカムによる長回しはどうも監督さんの拘りらしくて

「実際に人間が目で追う状況」をカメラの動きで再現したもの

らしい。 話しをしてる者を見る、気になる部分を凝視する、

音のした方へ向く、自分が向かう方向を目視する・・・常に主役

の男をフレームに捕らえながら、カメラはもう1人の主役として

しっかりと演技しているのが見事です! 言い換えれば、カメラ

がそのまま観客の目として実際に出来事を追ってるかの様

な気分を味わえるわけです。

当然ここまでに至るには相当の苦労と綿密な計算が必要だった

ことでしょう。 1人でも段取りを間違えればその1カットは撮り

直し!「このカットにどれだけの時間とテイク重ねたの?」

とか想像しながら観ると上映時間があっという間に終わっちゃい

ます。(笑)

ラストの戦場突破~子供奪取~戦場離脱~戦闘再開 までの

長回しもかなり凄いけど、オススメは中盤の車の中のシーン

これも1カット!∑( ̄▽ ̄; ・・・なんかもう脱帽です。 ここ説明

しちゃうのもったいないんで、もしこれ読んで「観に行ってみよう

かな~?」って人が居てくれたら、ぜし自分の目で確認して欲し

い部分です~♪

決して観客に優しい映画ではないです。 きっと観終わって納得

いかなかった人も多いでしょう。 下手な戦争映画よりもキッツ

いシーンも多いし、主役のカッコいいシーンも無いし、ヒロインも

可愛くないし、美術的に美しいシーンなんて微塵もありません。

でも、現実って案外こんなもんぢゃね~の?!

べつにリアルってわけぢゃないけど、なんとなく「こんな事って

絶対ありえない!」とは思えないんだよね~。(^^ゞ

映画ファンの間でもかなり評価が割れそうな一本です☆ 

| | コメント (4) | トラックバック (16)

チャーリーとチョコレート工場

土曜に遅く起きた朝は『王様のブランチ』をダラダラと観るのが

オイラの習慣。(* ̄▽ ̄*) お気にぃの愛コブッシー森山愛子

が、今日は眼鏡で登場したんでテンション上がってます♪

起きるのが遅かった理由は、昨晩の夜更かし!(^-^)b

予定してた飲み会がポシャって気が抜けてたオイラに、こやま氏

から緊急指令が入る。

「工場長を観ろ!

   そして萌えろ!

      返事は“ハイ”か“Yes”だ!」

( ↑ 表現は誇張されてますが・・・多分意味は合ってます)

なるほど、先日購入した『チャーリーとチョコレート工場』

DVDを観ろってことですな? 小癪な! なら、返事はこれだ!

「ロジャー!ヾ(@^▽^@)」 

・・・う~む、まんまとノせられてしまった気がします。(笑)

そんなわけでDVDを観るオイラさ♪ ~(⌒▽⌒)~

映画自体は昨年に劇場で鑑賞済みなんで新鮮味は薄いです

が、酉年生まれなオイラは忘れるのが早い事にかけても頂点

に立つ男!(^-^)b 観始めて早くも「こんなOPだったっけ?」

と痴呆症の様な反応してしまいます。(笑)

うむ! これは面白い! 面白いぞ、これは!ヾ(@^▽^@)ノ

ウォンカ製の甘いお菓子はどれも楽しくてステキ! オイラは

“鳥チョコ”でツボに入ってしまい一時停止して夜中に爆笑して

おりました。

チャーリー以外の4人の子供達&その親もまた性格悪くてよい!

でもウォンカ工場長がいっちゃん性格悪いんでかなり笑えます♪

これって児童文学の映画化だそうだけど、こんなにブラックジョーク

満載で子供に見せちゃっていいんだろうか? 否、よいでしょう!

最後まで観ればその辺も何気にフォローされてる様だし。(^^ゞ

ウンバ・ルンバの歌と踊りがまた楽しい☆ メロディーとは裏腹に

歌詞が極悪なのもまた愉快! ドン引きの子供達&親ごさん達

の中で、1人楽しそうな工場長がまたよい感じ♪ スゲぇ!(笑)

それにしてもジョニー・ディップはこういう役上手だなぁ・・・。

正直言ってオイラはジョニー・ディップの素顔をほとんど知りま

せん。(^^ゞ 映画では濃いメイクや奇抜な髪型や珍妙な性格

で登場するんで、TVや雑誌のインタビューで登場してもピンと

来ないのです。 顔は判らないけど好きな俳優さん♪(笑)

ジョニーとティム・バートンが組むのもよいね。(^-^)b 以前は

マイケル・キートンとよく組んでたティムは、最近のお気にぃは

ジョニーなんだ。 まぁ、若い子のがよいもんね♪(←オイオイ)

この2人のタッグは『シザーハンズ』が有名だけど、オイラは

『スリーピー・ホロウ』もダークなファンタジーで大好きよ☆

ホントならポップで明るい工場で表現される所も、ティムの手に

かかると「なんか不気味」「ちょっと変」の要素が加わる

のがすごくいい! そしてジョニーの怪演がこの映画を更に

盛り上げる! 甘いのに、ちょっとスパイスの効いた絶妙な映画

とあいなっております。(* ̄▽ ̄*)

ぢつは凄く好き! すごく面白い映画! ・・・と思うんだけど、

ぢつは1点だけ許せない部分がある。 チャーリーが

拾ったお金でチョコを買ってしまうのがどうしても

許せない!ヾ( `Д´ )

「それだけ貧乏だった」って言い分もあるだろうが、チャーリー

が全編思いやりのある素直な子に描かれてただけに、この

シーンが「なんだ、チャーリーのモラルは低いな・・・」ってガッ

カリしちゃうんだよね~。( ̄- ̄; 例え小額でも「警察に届けな

きゃ!」って思うのが彼らしいと思うのにな。 や、例え警察に

持って行かないとしても、ここでちょっとでも悩むようなシーン

欲しかったと思うのです。 これ観たら「落ちてるお金なら貰っ

ていいんだ!」と解釈できちゃうのが凄く嫌!

そしてそんなチャーリーを咎めるでもなく、何も疑問に思わず工場

見学に送り出す家族も嫌! どんなに貧乏してても、それも子供

に対してなら“良いこと”と“悪いこと”はきちんと教えるのが

家族の愛情ってもんではないでしょうか? 「拾ったお金でチョコを

買うのはいけないこと」をまず注意して、でもその後に「せっかくの

幸運なんだから行っておいで♪」って言えるのが家族なんぢゃ

ないかと思うのです。 ・・・まぁ、仕事場の備品を持ち帰ってる

パパにはチャーリーを叱る資格は無いと思うけど。( ̄- ̄;

なんかこのシーンが凄く嫌で、これだけでこの映画の評価

大きく下げてしまうのです。 これ子供達にも観せたい

映画だよ。 だからもちっとチャーリーとその家族の人間性を

汚さない様な展開にして欲しかったなぁと思う。 個人的には

おじいちゃんのヘソクリで買ったチョコで当選してた方が何倍も

ステキなファンタジーに思えるのにな・・・。(-_-;)

でも、それさえ差し引けば夢と歌と踊りがいっぱいの、楽しく

笑えて泣けて・・・すごくいい映画だと思うのです。

願わくば、数年後に“コレクターズエディション”とか“アルティ

メットエディション”とかで出して欲しいな。 やっぱメイキングや

音声解説も欲しくなるもん♪

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »