« スーパー戦隊“魂”Ⅱ 2006 | トップページ | ウルトラマンメビウス/第34話「故郷のない男」 »

デスノート(後編)/the Last name

観終わった後に板チョコが食いたくなる映画。(^^ゞ

そんなわけで、この映画を観る時にはポップコーンではなくて

チョコ系の甘い物を準備しておくとよいでしょう♪(笑)

 <この映画の鑑賞時の注意>

  ●少なくとも、前作『DEATH NOTE(前編)』は観ておき

   ましょう。 この手の映画でありがちの「最初の数分は

   前作のあらすじ」なんて時間稼ぎは無く、いきなり前作の

   続きから始まります

  ●前作に続き2時間ちょいとちと長めの上映時間ですが、

   かなり集中して観ていないとわずかな見逃しが後に響き

   ます。 体調を万全にして、テンション高めにして観ると

   丁度よいでしょう。

感想ですが・・・「面白い」と言うにはかなりダークで深い映画と

言えましょう。 観終わって爽やかな気分になれる映画ではない

ので、そういうのを期待してるなら他の映画をあたってください。

「前作を観ておくのが前提」というのも、単に「続きだから」

ってだけでなく「この世界観を好きになれるかどうか?」が篩い

にかけられるからなのです。(^-^)b

普段のオイラなら「ネタバレ万歳!ヾ(@^▽^@)ノ」で語っちゃう

とこですが、今回は「ぜし映画館で、自分の目で!」って強く思う

ので珍しくネタバレを避けて語ります♪ すいません。(^^ゞ

でも、それだけ気に入った映画だってことなのよ☆

決して頭がいい人間ではないこのオイラがこれだけ気に入って

るってことは、前作同様決してコムズカシイ話しではないって

事であります♪ 1つ1つのセリフを注意深く聴き、画面も注意

深く観ていれば内容はちゃ~んと理解できます。(^-^)b

今回も前回同様、原作を読んでる悪友と観に行ったのですが、

「なるほど~!要素要素をうまくまとめてる!」とかなりの好評

でした。 原作とはまた違ったラストが、原作のファンにもいい

評価を受けた様です。(ちなみにオイラは、今回も原作は読ん

でいません)

ここで多くは語りませんがCM等では露出してるので・・・第2、

第3のキラ”“白い死神・レム”が予想以上に話しに関わっ

てくるんで期待してよいです。(^-^)b

死神リュークは前作に比べて出演自体はちと控え目ですが、

前作以上に活躍するのでファンも安心♪ 彼が最後まで死神

である事を貫いたのがちと嬉しい。

L/竜崎(仮名)は・・・ホント、いいキャラだわ。(* ̄▽ ̄*) 今回

は笑わせてくれるシーンもあるけど、それゆえにその後の言動

がより不気味なくらい理に適ってるのが怖いくらい! なんか、

前作以上にL側を応援したくなるよね。(^-^)b

“デスノートに使われる”側になってしまったキラこと月(ライト)

彼の行為も決して解からないでもない。 ・・・けど「それが正義

か?」と言われると、オイラは否定も肯定もできません。

犯罪発生率が7割も減ることは確かに素晴らしいことだけど、

他人の命を殺める犠牲の上に成り立つ正義って・・・。( ̄- ̄;

重犯罪者(容疑者も含む)に留まらず「目的の障害になる」って

理由で警官や捜査官や自分の恋人、そして・・・まで手にかけて

しまうのって・・・。(>_<)ウーム

自分がこのノートを持ってしまったら・・・やっぱ使っちゃうのか

なぁ~?(^^ゞ そう思って観ると、やっぱ怖~い映画ですね。

サブタイトルにある“the Last name”。 最後にノートに名前

を書かれた者は誰か? そして書いた者は? ・・・それはぜし

ご自身の目で確認してみて下さい。(^-^)b

話題づくりもあるだろうけど、この作品を前・後編に分けて公開

したのはやっぱ正解です♪ きっと全てを2時間程度にまとめ

たら、かなりサラっとした軽い映画になっちゃってたと思う。

1本で描ききるべき“映画”としては評価はマイナスだけれど、

各キャラを丁寧に描きながらポイントをジックリ描いたスタイル

“作品”として高く評価できると言えましょう。

娯楽作品でありながら、かつ考えさせられる事が多々ある。

今年の邦画はホントにいい作品が多くて、映画ファンには嬉し

いかぎりですね~☆(* ̄▽ ̄*)

|

« スーパー戦隊“魂”Ⅱ 2006 | トップページ | ウルトラマンメビウス/第34話「故郷のない男」 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

ガンヘッド♪さん、こんばんは!
コメント&TB有難うございます☆
私もガンヘッド♪さん同様、
原作を知っている友達と行ったのですが、友達も
>「なるほど~!要素要素をうまくまとめてる!」
と同じことを申しておりました。
長く複雑なストーリーを全4時間強にまとめ、
原作ファンをも納得させる映画に仕上がっているというのは、
制作側が練りに練った結果の勝利なんですね。
ガンヘッド♪さんの
「観終わって爽やかな気分になれる映画ではないだけに、
前編を観てその世界観を好きになれるかどうか」
という表現、すごく分かる気がします。
前編を見逃した人向けに早々にテレビ放映したのも
ウマイですよね。
また寄らせていただきます。

投稿: いも | 2006年11月26日 (日) 22時45分

わぁ!いも師匠、いらっさいませ!(^▽^)/
しばらく映画館通いサボっててすいません。

デスノ観る前にいもさんのレポを読んだら
ありがたい事にネタバレ無しの記事☆
でも映画観て納得!そうですよね~♪これ
あれこれ説明するより「まずは観ろ!」って
言いたいですよね~。(* ̄▽ ̄*)
そんなわけで今回はオイラも見習って、
珍らしくネタバレ無しのレポに挑戦しまし
た!・・・けっこう難しかったけど。(^^ゞ

原作を読んでないオイラ達だけでなく、原作
を読んでるファンをも唸らせる出来って凄い
です。
“制作側が練りに練った結果の勝利”かぁ
・・・オイラも素直にそう感じますね。その
自信が早期のTV放映とメディア展開に
繋がったのかと思うと、くやしいくらい
お見事であります☆(^-^)b

投稿: ガンヘッド♪→いも様 | 2006年11月27日 (月) 01時55分

こんにちは、オレメデアの晃弘です(^_^)
先日は、私のブログのフラガールの記事にコメントしていただいてありがとうございました。
ところで、たいした貢献はできないかもしれませんが、こちらのブログのリンクを、オレメデアのトップページから張らせていただきたいのですが、いいでしょうか?
もしリンクがOKならば、「リンク下の紹介文(全角30文字程度)にこんな言葉を入れて欲しい」といったご要望も受け付けています(^_^)v

投稿: 晃弘 | 2006年11月27日 (月) 11時17分

晃弘さん、いらっさ~い!(⌒▽⌒)/
こちらこそ、TB&コメントありがとう
ございます♪

う~む、こんな無茶苦茶なブログでもよい
のでせうか?(^^ゞ
それでもよければ、遠慮なくリンクしたっ
てくださいませ~☆

この後、シュシュと見参いたします♪
よろしくでっす!(^-^)v

投稿: ガンヘッド♪→晃弘様 | 2006年11月27日 (月) 22時45分

こんばんは!
デスノートも、いよいよ後編ですね。
僕は漫画見たことないから詳しくは無いですが、「ラストシーンでデスノートに書かれた名前は!?」っていう秘密がありますよね★
「鑑賞時の注意」まで書かれていて、これから見る人たちにとってありがたい記事ですね(^_^)

ところで、ガンヘッドさんのブログをオレメデアからリンク張らせていただきました!
紹介文、自分なりに考えてみました。
サイドバーのリンク集と、こちらの記事↓
http://blog.livedoor.jp/myoko_am/archives/50790495.html
の下の方にあるので、ご確認いただけると幸いです。
今後とも、よろしくお願いしますm(__)m

投稿: 晃弘 | 2006年11月28日 (火) 21時38分

晃弘さん、おかえりなさ~い!(⌒▽⌒)/

「さてさて、どんな紹介されているのか
にゃ~?ヘ(^^ヘ)))」とこっそり覘きに
行ってみたんですが・・・キャ~!!!
照れる!恥ずかし乙女!(* ̄▽ ̄*)
でも、嬉しいであります☆

デスノート、特に今回の後編はあれこれ
語ってしまうよりも、まずは実際に観て
欲しかったのであえてこんなレポになり
ました。
ぢつは普段はネタバレもあるのでご注意
くださいませ。(^^ゞ

映画のレポは、感想やあらすじは皆さん
も書いてるので「ちと違った視点でレポ
しよう」となるべく心がけてます。
気まぐれでヒネくれた奴ですが、これか
らも可愛がってやって下さいまし~♪

投稿: ガンヘッド♪→晃弘様 | 2006年11月29日 (水) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/4315962

この記事へのトラックバック一覧です: デスノート(後編)/the Last name:

» 「デスノート the Last name」見てきました [よしなしごと]
  もう少し空いてから見に行こうかと思っていたのですが、犬を散歩していたら小学生が「デスノートのあの砂になっちゃう死に神の子供名前なんだっけ?」って話をしていて、えっ?リュークやもう1人の死神の他に、子供の死神もいるの?えっ?!?!って思って、デスノート the Last nameを見に行くことにしました。... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 11時33分

» 「デスノート the Last name」 大きな力は人を狂わす [はらやんの映画徒然草]
客入りがいいのか、ずっと混んでいたため敬遠していたのですが、やっと観てきました。 [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 15時05分

» 映画生感想『デスノート the Last name』 [Scarving 1979 : Always Look on the Bright Side of Life]
2006年11月19日、高校時代の男友達とおふたり、 ムービルにて、13時15分の回を観賞しました。 感想を一言で言うと、 実写化したときに安っぽくなりそうな部分を取り除き、 原作のいい部分、いいエキスだけを抽出し、利用し、 コロンブスの卵的発想で、賢くまとめ切った作品です。 予算が少ない邦画故のつくり込みだとは思いますが、 破天荒なお話にならず、天才同士の頭脳戦に集中出来ました。 前編と違い、原... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 20時46分

» 映画「DEATH NOTE デスノート the Last name」 [いもロックフェスティバル]
映画『DEATH NOTE デスノート the Last name』を観に行っ [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 22時23分

» デスノート監督の金子修介が初監督! [デスノート(death note)アニメ・映画完全攻略!デスノート(death note)の 画像・壁紙・イラスト・占い・おもしろ倉庫]
デスノート監督の金子修介が初監督をつとめる作品、「偽伝、樋口一葉」が公開される。すぐ上、青文字のデスノート監督が初監修というタイトルをクリックしてみよう。劇団アロッタファジャイナ第7回本公演だ。監修に、映画「デスノート」監督、金子修介氏。主演に、フジテレビ「ダンドリ娘」出演、満島ひかり。「真夏の男と女があれしてこうして、いけないっっと思いつつも、ああなっちゃう系なあれかもしれないし、そうじゃないかもしれない」というような、まさに予想を裏切るエンターテイメント風味に仕上げる予定...... [続きを読む]

受信: 2006年12月 6日 (水) 23時17分

» Youtube デスノート前編(本編) [Youtubeアニメ映画PV館]
金曜ロードショー・デ スノート前編(本編)  1/10 藤原竜也 松山ケンイ チ... [続きを読む]

受信: 2006年12月 7日 (木) 00時39分

» DEATH NOTE -デスノート- キラゲーム ニンテンドーDSでゲーム化! [オリジナル ランキング]
DEATH NOTE -デスノート- キラゲームがニンテンドーDSでゲーム化しちゃいます!!漫画(アニメ)で体験できるデスノートですキラゲームとは、会話形式の推理ゲーム!2月15日発売予定\5,229ゲームプレイヤーはキラとなり会話を繰り返しながら誰がキラ...... [続きを読む]

受信: 2006年12月 9日 (土) 04時29分

» 戸田 恵梨香 デスノート で 監禁! 戸田 恵梨香 ライアーゲームで大飛躍! [楽に節約!プチ副業!賢い運用で極楽生活!]
戸田恵梨香:デスノートの思い出は「監禁」、 「恥ずかしいけど」続編出演決定 イベントに登場した戸田恵梨香さん 女優の戸田恵梨香さん(18)が18日、ヒロインの弥海砂(あまね・みさ)役で出演した映画「デスノート」のDVD発売記念イベントに登場。松山ケンイチ(22...... [続きを読む]

受信: 2007年3月20日 (火) 08時28分

« スーパー戦隊“魂”Ⅱ 2006 | トップページ | ウルトラマンメビウス/第34話「故郷のない男」 »