« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月の12件の記事

ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟

夢の共演が、ついに!ヾ(@^▽^@)ノ 

なんだかんだ言っても、今年の夏のヒーロー映画で一番楽しみ

にしてたのがぢつはこれでした。 燃え!

今回のお話し、一応は主役はメビウスですが、実際はウルトラ

兄弟(地球上の仮の姿も含む)と、異次元ヤプールの復活を

目論む宇宙人連合がほとんどメインとなって進みます。

ウルトラ兄弟側は、もちろん現在活躍中のメビウス(=ミライ)

をはじめ、初代ウルトラマン(=ハヤタ)セブン(=ダン)

新マン(=郷)、A(=北斗)の初期メンバー、そして後半には

ゾフィータロウも登場するまさに“ウルトラ兄弟揃い踏み”

です!(⌒▽⌒)/

対する宇宙人連合は異次元ヤプールと彼の操るUキラーザウ

ルス、そして彼の復活を企てるザラブ、ガッツ、ナックル、

テンペラーが一同に会するという、こちらも豪華なオールスター

キャストとなっております♪(^-^)b こ奴達がまた仲悪いのが

笑わせてくれます。 ・・・なんで手ぇ組んだんだ?(笑)

何が凄いってアンタ・・・やっぱハヤタ・ダン・郷・北斗の

4人が勢揃いするのは圧巻ですよ!

オイラ、感無量であります☆ ・・・みんないいオヤジになっちゃ

って・・・ でもステキ!(* ̄▽ ̄*)

そんな彼らがミライ君に優しく言うわけです。

「我々ウルトラマンは決して神ではない。

 どんなに頑張ろうと、救えない命もあれば、

 届かない思いもある」

「大切なのは、最後まで諦めないこと。」

「地球を守る理由・・・

     それは自分で見つけるものだ。」

そしてルーキー・ミライ君が見つけた答えのひとつが

「信じる力が勇気になるんだ!」

なんてストレートな言葉であろう。 でも、この飾らない言葉こそ

今の子供達だけでなく「かつて子供だった」大人達にも伝えたい

メッセージと思うが、どうか!(T△T)/

・・・おっと、ちょっとヒートアップしてしまいました。(^^ゞ

特撮パートもなかなかいい感じ♪ そらあんな卑怯なくらいデカい

相手なら数とスピードで勝負するっきゃないわな。(笑) でも、

八つ裂き光輪やストリウム光線の描写が昔の面影のままなのが

嬉しかった~。(* ̄▽ ̄*)

映画の大スクリーンでもアラが見えない様に、ミニチュアの作り

こみが普段より気合い入ってた気がします。 TVと平行して

これだけの撮影したスタッフの苦労もかなりのものだったと思う

のです。 ありがとう! お陰でアクションも楽しめました☆ 

今回、ミライ君はもちろん、GUYSの皆さんもちゃんと登場して

ますが・・・結局顔見せ程度だったのが唯一の残念!

まぁ、確かにコノミちゃんも出てましたが・・・ うわぁ~ん!(T△T)

んで、出演者がまたマニアック! いとうあいこちゃんが出てます

「アバレイエローに変身すればいいのに・・・」とか

思ってしまうオイラはすでにダメですね。(笑) 風見しんごさん、

布川敏和くん、山田まりあちゃん・・・ あ、主題歌歌ってる

氷川きよしくんもしっかり登場してましたね~♪(* ̄▽ ̄*)

本編も豪華でしたが、ぢつはマニア必見なのはラストのスタッフ

ロールかもしれませんね。 ウルトラマン誕生40周年

記念パーティーの様子が見れちゃうのです! それは

もう、ウルトラ兄弟だけでなく、ウルトラ家族光の巨人の皆さん

&出演者が正装して勢揃いしてるのが凄いです☆ 本編に

こそ出られなかったけど、アキコさんもアンヌさんもさんも・・・

すっかり・・・え~と、お美しくなられて、まぁ。(^^ゞ

つかタキシード姿のウルトラ一族も愉快だけど、一人

だけ和装のウルトラの父が似合いすぎ!(笑)

やぁ~ぢつにゴージャスな映画でしたね~。(* ̄▽ ̄*)

これはウルトラマンのファンなら、子供をダシにしてでも観に行く

価値がありますぞ! つか、子供に観せるのももった

いない! 熱烈なファンなら何を差し置いても観に行くべし!

タロウの声が兜甲児なことに

       違和感を感じるべし!(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (12)

X-MEN:ファイナル ディシジョン

「世界は、選択で創られ、

            選択で滅ぶかもしれない。」

このキャッチコピーが今回の映画にはあんまし関係ないのは

ご愛嬌でしょうねぇ。(^^ゞ

『X-MEN:ファイナル ディシジョン』観てきましたよ♪

今回は実写版『X-MEN』3部作の最終章ってことで、かなり

派手な舞台が用意されました。 アクションシーンやVFXが凄い

ことになっており、ファンならずとも唸る一本と言えましょう☆

・・・や、ファンしか観に行かないか?(^^ゞ だってこれ、前作

観て無いとお話しほとんど理解不能だもんね。(笑)

基本的にこの夏のヒーロー映画は、邦画は「TVを観てないと」

そして洋画は「前作を観てないと」100は楽しめないって事に

なるのがファン層を狭めててかなりもったいないと思うのです。

あ! だから“選択”するのか?(^^ゞ こんなとこであの

キャッチコピーが生きてくるとは・・・オドロキにょ!(笑)

逆を言えば「前作&前々作のファンが待ち望んだ完結編!」

ってところでしょう♪ 意外とあっさり終わっちゃったけど、とり

あえずウルヴィーを軸としたX-MENvsマグニート組

のお話しはこれにてひと段落ってとこです。(* ̄▽ ̄*)

ハンクエンジェルジャガーノートコロッサス

がやっと映画に登場して嬉しい反面、古株サイクロップス

ミスティークの出番が少ないのはかなり残念!(T△T)

個人的にはラストの総力戦はサイクの特大ビーム

にも活躍してもらいたかったからな~・・・。

んでもウルヴィーと、オイラのお気にぃのストームの見せ場

がいっぱいあったのでよしとしましょう。(笑)

センチネルの顔だけゲスト出演も笑えたし。(⌒▽⌒)

ただ、欲を言えば・・・ストームはアクション増やすよりも、

やっぱ1作目のサラサラのロングヘアーで宙に浮いてる方が

存在感あってよかったなぁ。 ハル・ベリーは今回出演が危ぶま

れてたけど、出番多い割りには印象薄かったのがちと残念。

念願のジャガーノートの登場は嬉しかったけど・・・ やっぱ

イメージ壊すから出ない方がよかったかも。(^^ゞ オイラは

ゲームでのイメージがいっちゃん強いもので。(笑)

あのアメコミを、原作の持ち味を保ちながらかつここまでスタイ

リッシュにアレンジした手腕は見事だと思います♪ シーンごと

のぶつ切りなら絶対に映画館で観ておきたい映画ではあるけど

ストーリー的にはDVDで3作続けて観た方がよいのかもしれま

せんね。 そこもまた“選択”でありましょう。(もういいって!)

とりあえず「ヒーローは変な髪形が基本!」と思うなら

ウルヴィ-に会いに行ってみては?

| | コメント (0) | トラックバック (6)

電車男DX・最後の聖戦

「帰ってキター!━━(゜∀゜)━━」

ってことで『電車男デラックス・最後の聖戦』を観ました。

普段は滅多にドラマは観ないオイラですが、このドラマは好きで

初回から最終回(+もうひとつの最終回)までしっかり楽しませて

もらった珍しいドラマの1つです。(^-^)b

先に映画にもなってたけど、オイラはドラマ版の方が好きさ♪

さて今回は“ドラマ版の1年後を描いたスペシャル版!”ってこと

ですが、当時のメインキャラはもちろん、ネットの住人達や周り

の環境もしっかりと1年経った状況なのが興味深い! でも、

なんとなく相変わらず・・・でもある。(* ̄▽ ̄*) きっと

出演者だけでなく、スタッフも当時の人達をできるだけ集めた

のでありましょう。 一種の同窓会って感じ? なんかいい感じ

です。(⌒▽⌒)

思ったよりもお話しも面白かったし、なんたって濃~いメンバー

がいっぱい登場しては笑わせて泣かせるのが心地よい♪

オイラのお気にぃ、阪神ファンの牛島さん(六角精児さん)は

今回も“毒男スレ”を盛り上げるキーマン役。(* ̄▽ ̄*) 今で

は愛するティファニーちゃん(ソニン)と仲良くサイトを見てんだ。

ドラマのキャラクターとはいえ、幸せになって欲しい人の1人よ☆

もひとりのお気にぃは白石美帆演じる陣釜さん♪ とりわけて

彼女のファンではないんですが、性格と男癖はサイアクな彼女

が、案外正義感強いのがけっこうキュンと来ます。 ぶっちゃけ

陣釜さんが居なかったら、電車はエルメスと別れ

て終わっちゃってたんだから、彼女の活躍は重要でしょ

う。 ・・・まぁ、前半でエルメスに誤解をうんだのも彼女なんで

プラマイゼロってとこかもしれませんがね。(^^ゞ

なんつってもIT社長の前園の悪役っぷりが今回の目玉でしょう!

この役に北村一輝くんが抜擢されてるのが嬉しい♪(* ̄▽ ̄*)

彼の2枚目とキレちゃった役の使い分けのギャップがすごく好き!

『ゴジラ・ファイナルウォーズ』はゴジラ映画としては最悪のクズ

映画(あくまで“ゴジラ映画”の中では)ですが、唯一彼の登場だけ

は高く評価してるオイラ。(* ̄▽ ̄*) そんな彼がここでもかなり

無茶苦茶に楽しんで演じてくれてるのがぢつによい! あんな

悪役がラスト・・・あれだから、やっぱ笑って許せちゃう。(^-^)

それにしても、今回はBGMにやたら『宇宙戦艦ヤマト』

使われててかなり燃えました。 使い方が上手いかどうかは別

として、なんかいい具合のとこにいい曲入れるセンスがいい!

このドラマ、本編ももちろん面白かったけど、OPアニメの拘り

やBGMの選曲とか・・・確かにオイラみたいなオタがニヤリとする

異色のエッセンスがふんだんに盛り込まれていますね。

プロポーズのここイチバンでEDに入ったけど、こういうのも怒る

よりも先に笑っちゃう「らしい」演出でよかったよ♪

楽しかった~。(* ̄▽ ̄*) ぜし、また来年

にでも続編あったら嬉しいでガンス~☆

| | コメント (2) | トラックバック (3)

エビナ演芸場を観に行く♪ 2006秋

17日(日)、久々にカメラを持ってビナウォークへ出撃する♪

Dscf0001_1マセキ芸能お笑いライブ

観るためさ!(* ̄▽ ̄*)

今回の出演がやまもとまさみさん、

狩野英孝さん、パッション屋良さん、

そしてオイラお気にぃのいとうあさこさんの4組。(^-^)b

このライブは過去にも何度か行われていますが、あさこ嬢は

昨年の12月以来の久々の登場だったりします♪

14:00~ と 16:00~ の2度のステージがあるので、ここで

「どっちを観ようかな?」なんて考える・・・なんてヤボです。 もち

「どっちも観る!」が正解でしょう☆ そんなわけで開始20分

くらい前に現地に行ってみたんですが・・・ Dscf0002  

「やや!海老名って

   こんなに人が居たのか?( ̄△ ̄;」

ってくらいステージの前にはすでに人が!(笑)

まぁ、当然と言えば当然かもしれませんねぇ。(^^ゞ

ステージが始まる前には注意事項のアナウンスがありました。

写真撮影はOKだけど、録音や録画はNGなのね。 ・・・っつか、

このアナウンスしてんのあさこさんぢゃん!∑( ̄▽ ̄; 萌え!

なんかもう始まる前からテンション上がってしまいました。

Dscf0021 生で歌手の歌を聞くのもいいけど、生の

お笑いライブってのもなかなかいいね♪

 楽しませてもらいましたよ。(⌒▽⌒)

1回目のステージが終わって、2回目まで

は1時間ほど間があるんで休憩してると、

なにやらポツポツと雨が・・・。 そんなわけで2回目のステージは

ちと早めに行って、雨の当たらない場所を確保することに。

2回目のステージは順番を入れ替えて、Dscf0028

4組とも1回目とはまた違ったネタを披露♪

こちらもなかなか楽しませてくれます。

そしてあさこ嬢のネタはお馴染みのウクレレによる自虐ギャグ

に加えて、後半には豪快な隠し弾が!∑( ̄▽ ̄;

Dscf00381_1 う~むこれはここには書きませんが・・・

すごくイイ!!!

萌えますがな!(* ̄▽ ̄*)

あまりによいのでこの辺りの写真は載せません。(笑) これは

観に行った人だけの特権なのです♪p(^-^)q

う~ん・・・またあさこ嬢へのファン度が上がってしまったよ☆

そのうち、今度はライブとかにも出掛けてしまいDscf0066_2

そうな勢いのオイラです。

前回は冷たい強風、今回は雨と、きっとビナ

ウォークの印象は良くはなかったかもしれま

せんが、ぜしまた海老名に来て欲しいものであります♪(⌒▽⌒)/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ウルトラマンメビウス その6

韓国には人を喰う怪物が、そして日本には超獣が出現

しましたよ!(゜Д゜;)アウアウ~

今年のオイラのお気にぃ特撮番組はリュケンドーとメビウスです

が、どちらもこの時期パワーアップが図られましたね~♪

メビウスは後半戦は新展開! ついに異次元人ヤプール

登場です!ヾ(@^▽^@)ノ つまり・・・いよいよメビウスに超獣

登場ってわけですよ☆ キター! ついにキター!(゜∀゜)

基本的に“怪獣”は生きることを前提に進化や成長を遂げた

生物と勝手に解釈してるので時には同情の余地もありますが、

ヤプールの生み出した“超獣”は攻撃や戦闘を前提に製造され

た戦闘マシーンと解釈できます。 これは非常にヤバイ事です

よ! なんせこれからの相手は悪意まんまんで向かっ

てくる極悪軍団なのですから、メビウスもGUYSも気合い

入れて立ち向かわなければなりません! これは怖い!

そんなわけで、記念すべき異次元人ヤプールの復活の舞台

もぢつに豪華♪ 一角獣バキシムファイヤーウィンダム

バードンが、そして冒頭ではタロウゾフィーが華を添えて

くれました。(^-^)b ウィンダムとバードンの顔合わせもかなり

凄いけど、なんつっても必見はバキシムでありましょう! 空を

ガラスの様に割って現れるバキシムの雄姿はどうだ! カッチョ

ええ~☆(* ̄▽ ̄*) ・・・やぁ、ぢつはオイラ、超獣の中では

ベロクロンバキシムが熱烈に好きなんで、最初の刺客に

バキシムを選んだ今回のお話しにかなり感激モードであります♪

それも、ウルトラマンAの時のイメージを踏襲したこの出現シーン

にもう泣きそう・・・つか泣いて小躍りしてしまいましたよ。(T△T)

お話しの方もけっこういい感じでしたね~♪

GUYSの市民感謝デーかぁ・・・

       無茶苦茶行ってみてぇっス!!!

だって、マケット怪獣のプロモDVDとか、歴代のチーム基地

のパネル展示とか、隊員達のブロマイドとか

・・・んで、極めつけにウルトラホークやビートルを実際に飛ばし

てるんですよ! これって凄くない?

キン肉マンのナカノさん風に言えば「女房を質に入れて

も観に行く価値がある!」ってくらい凄い催しではねい

ですか? ・・・まぁ、オイラは独身ですけどね。(^^ゞ

オイラのことなんで、きっと一日中コノミ隊員の写真を

撮りまくってることでしょう。(* ̄▽ ̄*) ・・・っつか、コノミちゃん

とサコミズ隊長のブロマイドなら本気で買います

ぜし、おねがいします!m(_ _)m (←誰に言ってるのやら?)

姑息ながらなかなか効果のあったヤプールの復活劇、リーダーと

しての責任感も少しずつ表れてきたリュウさん、そして相変わらず

オイシイ所を独り占めのサコミズ隊長・・・さぁ、ウルトラマンメビウス

ますます面白くなってまいりました♪ヾ(@^▽^@)ノ

来週の予告でチラと映ったのは・・・ドラゴリーかな? 今後の展開

もかなり期待したいところです。(^-^)v

あ、そうそう! 前売券もちゃんと買ったんで、近々観に行ったら

『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』もレポします。

お楽しみに~☆(⌒▽⌒)/

| | コメント (4) | トラックバック (1)

グエムル/漢江(ハンガン)の怪物

韓国映画パワー炸裂!ヾ(@^▽^@)ノ

オイラはそんなに韓国映画は観てませんが、『火山高』

超B級悶絶アクションを、そして『箪笥』では気持ち悪いほど

嫌悪感と後味の悪さを存分に味あわせてもらいました。

「韓国の映画は異様なほど

     サービス精神に溢れている!」

今回の映画でそれを確信させてもらいました。(* ̄▽ ̄*)

言っちゃなんですが、今回の映画・・・“出来がいい”とは言えま

せん。 しかし、オイラはこの映画のインパクトを大きく評価して

あげたいね♪ 「今までに無いモンスター映画を

撮ろうぜ!」なんて思ったのかどうかは知りませんが、

少なくとも今まで築かれてきた数々のモンスター映画や怪獣映画

の基本なんぞはこれっぱかしも参考にしようなんて思ってない。

・・・そんな豪快で無茶苦茶なベクトルがなぜか揃っちゃったのが

この映画です☆

まずは「怪獣映画大好き!」って人は観ておきましょう!

この映画、きっと10年後にはマニアの間で『ガンヘッド』

『ノストラダムスの大予言』ダーククリスタル』

くらい話題が膨らむ一本になることうけあいです!(笑)

この映画のCMは観たことあります? CMのイメージ通り

なら「前田愛っぽい娘を怪獣から助けるために、

2枚目半の俳優が孤軍奮闘するパニックアク

ション大作で燃え!ヾ(@^▽^@)ノ」・・・って感じかな♪

実際は全然違いますが。(^^ゞ

まず俳優さん達に美男美女はまず出てきません! みんな

なんだかどこにでも居そうなくらいビジュアルは普通です。

・・・しかし、この「どこにでも居そう」ってのがむしろ重要で、気が

つけばすっかりこの一家に感情移入してしまうのがマジック!

そして“一家”と書きましたが、ぢつはこの映画の主役は個人

ではなく、ある家族が主役だったりします。(^-^)b この辺もまた

ありそうでなかった秀逸な設定と言えましょう♪

「シリアスな怪獣もの?」かと言えばそうでもなくて、中盤あたりは

真面目なんだかコメディなんだか、感動したらいいのか社会批判

なんだか、熱血なんだかアホなんだか・・・かなり判断に困る

ような展開が多いのもかなり異色! しかし、これが韓国流

のエッセンスなのかもしれないと(勝手に)思えば、ますますこの

一家が愛くるしく感じてしまいます。(* ̄▽ ̄*)

決してパク一家の奮闘ぶりはスマートなものではないけど

「愛する家族の為なら

   ナリフリや後先なんてかまってらんない!」

って姿はかなり胸を打ちますよ。 後半なんかみんなボロボロで

・・・それでも諦めずに“自分にできる最大限の事”を探してるの

って、なんかカッコよくない?(^-^)b

ただ、願わくば・・・ハッピーエンドにしろよぉ!(T△T)」

まで言わないけど、せめてもちっとホッとする様な終わり方をして

欲しかったなぁ。 いくらなんでも、あれぢゃ後味悪いよ。ヾ( `Д´ )

だって、これ映画なんだからさぁ、

       もっとこう・・・ま、いいか。(^^ゞ

内容の良し悪しはともかく、オイラはこの映画好きだよ♪

『バトルロワイヤル』『スターシップ・トゥルー

パーズ』みたいに、「後味悪ぅ・・・( ̄- ̄;」とか言いながら

もついついまた観てみたくなる一本♪ 多分オイラ、DVD出たら

買うね。(^^ゞ

| | コメント (6) | トラックバック (11)

スーパーマン リターンズ

Photo_11 本日、手元に届いたDVDです♪(^-^)b

なんかこのパターンは『オーメン』

でも見たような・・・気のせいかな。(^^ゞ

さぁ、今回の映画は『スーパーマンリターンズ』

です♪ いっきますよぉ~☆ヾ(@^▽^@)ノ

仮面ライダースーパーマンウルトラマンX-メン・・・今年

の夏の映画館は例年にないほどヒーローが充実してますね~♪

こう続くと観に行くのが大変だけど、やっぱりヒーローが大好き

なので頑張って時間をやりくりして観に行ってしまうのです。 

さて、そんな「ヒーロー大好き」「映画大好き」なオイラ

でありますが、なんと『スーパーマン』シリーズはぢつは1本も

まともに観たことがないという・・・自分でも意外な事実に気が

つきました。(^^ゞ ぢつにお恥ずかしい!

とはいえ「まぁ、基本的な知識はあるから、大丈夫であろう」

と思って臨んだ『スーパーマン リターンズ』でしたが、正直言っ

てちょっと後悔。( ̄- ̄; や、お話しは大丈夫ですよ。 べつに

前作を観てなくても最低限の説明はしてくれてるので「何これ?」

ってことはなかったのですが・・・前作からの繋がりや、前作達へ

のオマージュ的なシーンは、やっぱ最低限でも基本となる一作目

『スーパーマン』と続編『スーパーマン2/冒険編』

を観ておかなければ心底は楽しめない様なのです。

ぱっと見はなんでもない様なシーンのはずなのに、オイラの後ろ

で見ていた年配の人達が「あっ!」とか「おぉ~!」とか妙に感激

してたのは、きっと前作でも似たようなシーンや繋がる様な要素

があったからなのであろうと勝手に解釈。

悔しい! なんか、負けた気がしてならない!(T△T)

そうなんです。 “駄作”や“並み”程度だったらこんなに悔しい

思いはせずに済んだものを、この映画けっこう面白かったんで

前作をちゃんと予習復習しておかなかった自分の

ミスを悔やんでしまうのです。ヾ( `Д´ )ノギー

そんな反省をこめて「せっかくだからキチンと観よう♪」と買った

のが上のDVDなのですね~。(^-^)v

さて、今回の映画ですが・・・「悩みを抱えたヒーローが好き!」

って人なら観ておいた方がよいでしょう♪ スケールもデカいし、

映像も迫力あるし、映画らしい大胆なシーンもいっぱい堪能で

きる映画ですが、何気に一番印象的だったのは夕方の空

淋しそうに飛ぶスーパーマンの姿だったりします。

肉体的には“まさに超人”である彼も、ハートは人間と同じで

傷つきもするし悩みもする。 むしろ人間以上に人間的な彼

は不器用なのか口には出さないけど、後姿が妙に淋しく切な

さすら感じてしまうのです。(T-T)

「誰もが知ってるヒーロー」でありながら、その心中を打ち明け

理解してくれる者が居ない事の理不尽さ。 そして、その気持ち

を唯一知ってるのが、彼には触れる事のできない映画の観客

だけって構図が、なんかオイラのハートにキュンとくるの。

スーパーマンは「いつも明るく、爽やかな優等生ヒーロー」

ってイメージのあったオイラですが、この映画を観たらかなり

そのイメージが変わってしまった気がします。

まぁ、オイラの個人的な感想はともかく、実際はハラハラドキ

ドキがいっぱいの極上な娯楽作品です♪ヾ(@^▽^@)ノ

あんまし難しい事は抜きにして、色々な人達に観てほしい

いい作品のひとつですよ~ん☆(←説得力まるで無し)

| | コメント (0) | トラックバック (7)

オイラを野球に連れてって♪

こやま氏より緊急指令が入る。

「9日アストロ球場で待つ。返事はハイかYesだ!」

ビクトリー球団からの挑戦状ですか?!∑( ̄▽ ̄;

ってことで、その昔アストロ球団がビクトリー球団と死闘を繰り

広げた場所で有名なアストロ球場(世間ではインボイス

西武ドームと呼ばれてる)へ行ってまいりました♪(笑)

Dscf0001 そこで行われていたのが“西武ライオンズ

VS楽天イーグルス”の試合でした。

オイラは以前に「スポーツ中継が嫌いだ

~!」って記事を書いた奴なので「クックック! 返り討ち

にしてくれるわぁ!!!」って気合い入れて臨んだわけですが

・・・入場してDscf0085 10分後にはなぜか

ライオンズのタオルを首に巻い

てたり。(^^ゞ 単純な奴です♪

すいません! TV中継と違ってナマで観るプロ野球

ってこんなに面白いとは思わなんだ☆

これも全て、横で熱心に解説してくれてたこやま氏のお陰で

ありましょう。(⌒▽⌒)b

野球はルールこそ知ってるものの、あまり興味の無いオイラ。

そんなオイラの為に、所々にアストロ球団のネタを使い

ながら楽しく解説してくれるこやま氏ってちょっと尊敬です♪

でもこやまちん、真顔で「人間ナイヤガラ、しないっ

すかねぇ?」とか「ドリルを素手で掴め!」とか言う

のは、すでに解説ではない様な・・・。(^^ゞ でも、面白かった

んでOKです♪(笑)

Dscf0063 なんにせよ、初めて来たアスト・・・否、

西武ドームなので、せっかくなんで

あちこち歩き回ってきました♪(^-^)b

まず、このドームの造りがかなり興味深い! 東京ドームの

様に全体を包んでいるのではなく、側面はDscf0064

ほとんど吹き抜けの形をしています。 まぁ、

当然ながら空調などは効いてないわけです

が、自然光と風通しのよさ、そしてなにより

閉鎖感が無いのがよいなと思います。(^-^)b

特に“空気の抜けがよい”ってのは重要で、周りは通路沿い

に色々なお店が並んでいるのですが、多少匂いのある料理

も気兼ねなく置いてあるのが素晴らしい♪ ビールのつまみに

何気に磯辺餅を買ったんですが、これがすっごい美味しい!

食いしん坊なオイラには他にも魅力的なフードが誘惑しており

ましたが、これは次回もまた食べたい一品です♪(* ̄▽ ̄*)

それになんつっても喫煙コーナーがいい感じに設置されてるの

で、オイラの様な喫煙者にも優しいつくりが

とてもありがたいです☆(^-^)b ここ、けっこうポイント高いよ☆

ぢつは1つ密かに楽しみだったのが、5回裏と7回表で登場の

Dscf0036_1 “Blue Winds”のステージ☆

これは萌える! そして彼女達と一緒に

現れるマスコットキャラのレオ&ライナ

着ぐるみがなかなか楽しませてくれます♪Dscf0078

レオに至っては連続バク転とかまで見せ

ちゃうサービスっぷり! こっちはアクション

魂が燃えてしまういい演出です。(⌒▽⌒)/ 

西武ファンは1塁側、楽天ファンは3塁側に

分かれて応援するのですね。 この応援合戦がどちらも面白い

んで、ついついコアなファン達の集う外野席を見てしまうね。(^-^)

そしてここはその名も『西武ドーム』なので、当然ながら

ライオンズ側の選手にはビジョンが映ったりテーマソングが流れ

Dscf0074_2 たりします。 そしてなんとライオンズが試合

に勝つと花火が上がるという豪華

なサービスっぷり! ちなみに今回の試合

は・・・もちろん花火見ましたよん☆ヾ(@^▽^@)ノ

ラストの楽天の攻撃は「逆転?延長?」とDscf0077

ヒヤヒヤものでしたが、最後には西武ファン

のこやま氏もご満足。(* ̄▽ ̄*)

一方的な試合だとさほど面白くないけど、

今回みたいな感じのドキドキ感のある野球なら観てて面白いね♪

ちょっと「プロ野球も悪くないな♪」と思ったオイラです。

(“プレーオフ”とか“マジック”とかは今だ分かってませんが)

Dscf0012 うむ、すっかり返り討ちにあってしまった

オイラ。 でもかなり楽しかったんでOK!

ありがとう、こやま氏。 また機会があったら

ぜし誘ってくださいませ~。m(_ _)m

 PS:今回、こやま氏に初めてイラストの原画を見せて

   もらったのですが、これがまたよく描けてるのだ!

   PCに落としてもらったので横のアルバムに展示

   しました。 野球とは関連ありませんが、ぜし画伯

   の新作もご賞味してってくださいまし~☆

   ありがとう、こやまちん♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ウルトラマンフェスティバル 2006

先日、会社でいただいた招待チケットを持って「ウルトラマンで

飯が3杯は食える!」っていうウルトラマン好きの友達を連れて

『ウルトラマンフェスティバル2006』

に行ってまいりましたよ~ん♪(* ̄▽ ̄*)/Dscf0066

なんせ今年のオイラウルトラマンメビウス

に熱中してるので、今までにないくらい今年の

ウルフェスに期待・大! まずは感想・・・

  楽しかったっす~!(* ̄▽ ̄*)

会場の基本構成は・・・まぁ無難な感じで、入り口にメビウス

達が並んでてスーツや画像の展示がされてて、通路を進むに

つれ段々と時代をさかのぼり・・・初代ウルトラマン、そして

ウルトラQまで展示を観てまわるスタイル。 この展示がかなり

クセもので、平成ウルトラマンのあたりはスーツの展示とパネル

やモニターによる紹介程度だったりして「まぁ、こんなとこであろ

う┐( ̄- ̄)┌ 」なんて気を抜いてるわけです。 しかし、奥に

進んで作品が古くなっていくにつれて、徐々に小道具や年表

なんかも加わり、後半に至っては怪獣や宇宙人のスーツや

当時のおもちゃ、脚本や草案、初期デザイン画なんかまで

展示されててマニアなら「おお!凄い!∑( ̄▽ ̄;」

って見入ってしまう様な貴重なお宝が充実してきます。

はっきし言って後半は子供達よりもむしろ、一緒に来てる

お父さん達の方が興奮気味に真剣に見入ってる

Dscf0038_1 のがとても愉快でしたよ♪

アルバムの写真がやたらセブン関係

の物が多いのは、それくらい展示が

充実していたからなんですね~♪

 ・・・なんて言い訳してみたり。(^^ゞ

展示通路が終わると、その先は広場になってます。(⌒▽⌒)

最新作『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』

展示の奥には子供達が遊ぶスペースやDscf0053

ゲームコーナー、売店、があり、更に奥に

はメインとなるショーのステージがあります。

ショーは整理券で時間と座席が決まってる

ので、その待ち時間をここで過ごせるように

なってるんですね~。

ステージはWヒーローフェスみたいな派手さは無いものの、

光線技をスポットライトで演出したり、お客さんの後ろにもキャラ

を登場させて変化をつけてみたりと、なかなか面白い工夫が

されてて好感触です。(^-^)b そしてステージ上をウルトラ兄弟

だけでなく怪獣や宇宙人も所狭しと軽快に動き回るのが愉快♪

ストーリーはメビウスが地球に来る前の出来事を演じたもの

ですが、実際はお話しうんぬんよりも色々なキャラが入れ替わ

り立ち代りで活躍するのを楽しむためのステージですね。

なんつっても今回の映画では出演見送られたレオ&アストラ

兄弟や80&ユリアン達もちゃんと出番をつくってくれたのが

嬉しいわん♪(* ̄▽ ̄*)

ベロクロン、エレキング、ザムシャー、

エースキラー、モチロン、ヤプール

・・・怪獣側も何気に豪華な共演ですね。 この辺もTVや

映画では味わえない独特のキャスティングがステキ!

名シーンはやっぱしレオ&アストラのWキックセブン

アイスラッガーを逆手に持っての殺陣であろう☆

怪獣達はやられると後ろにスルスル~と歩いて退場するのが

可愛くて印象的でした。(笑)

Dscf0061 ラストは大団円! ステージには

ウルトラ兄弟がズラリV字に並んで

ポーズ! 燃え!ヾ(@^▽^@)ノ

 これを観るためだけでもやっぱ来た甲斐があったって

もんです♪

子供達には悪いけど、今回のイベントってどっちかといえば

“かつてはウルトラマンに夢中だった大人たち”

がいっちゃん楽しめる内容だったのではないかと思います。

それもまたいいよね♪ヾ(@^▽^@)ノ

来年もあるかな? ぜしまた遊びにきたいものです☆

| | コメント (2) | トラックバック (1)

スイーツドリーム

本日は一足遅い夏休みにつき会社をお休み♪

そんなわけで朝に『はなまるマーケット』をのんびり観る。

おお! 今日のゲストは中山忍ちゃんではねぃですか!

う~む、やはり普段の行いって大切なのね。(笑) ぢつは

オイラ、デビュー当初っからの忍ちゃんの大ファンだったり

します。(* ̄▽ ̄*) 大好き~! 激萌え~!

「なかなか物が捨てられない」と嘆く彼女。 本人が撮影した写真

にはレーザーディスクが!∑( ̄▽ ̄; それも、平成ガメラ

“特別編BOX”の1と3ってのがさりげない!

(゜-゜)(。_。)(゜-゜)(。_。)ウンウン それは痛いほどよく解かるッス☆

だって・・・オイラも同じの持ってるからさ!(笑)

そんな忍ちゃん、久々に連ドラに出演、それも今日から

放送スタートと聞いて早速タイマーをセットする☆

愛の劇場スイーツドリームこれは観るしか!

ああ、今日休んでてホントによかった。(T△T) 感激!

そんなわけで本日1話目を観ました♪

主役は『自決少女隊』でもなかなかの演技を見せてたアバレ

イエロー/らんるたん・・・もとい、いとうあいこちゃん。

共演は『魔弾戦記リュウケンドー』であけぼの町のアイドル兼

花屋さんの姉ちゃんを演じる佐藤寛子ちゃん。

加えて、最近すっかりバラエティに染まったとはいえ、まだまだ

腹黒い(お肌も黒いが)二枚目が通用する東幹久くん。

これだけでもオイラ的にはオールスターキャストなのに

忍ちゃんを出しちゃいますか? エラいぞ、TBS! 

もし、今TBSが「受信料くださ~い」って言ってきたら、きっと

素直に払ってしまいそうな自分が怖い!(笑)

昼メロの時間帯なので「奥様向けのお話しかな?」と思ったら

なかなか面白くて、普通にゴールデンで1時間枠で放送されて

ても何も違和感無い様なつくりです。 特に「毎回色々な洋菓子

が紹介される」ってことで、甘い物大好きなオイラにうってつけ!

んで爽やか系なタルいドラマかと思いきや、何気に的を得た様

な鋭い台詞も飛び出したりして・・・なかなか興味深いです。

特に忍ちゃんの「あなたは何ができるの?」

にはハッとさせられました。(・_・;)

まだ1話だけしか観てないし、きっかけは忍ちゃん目当てだった

けど・・・これ録画して観続けてみようと思います♪p(^-^)q

| | コメント (6) | トラックバック (3)

ゲド戦記

タイトルは『ゲド戦記』。 「さぞかしゲドとやらが剣を

振り回して大暴れする、痛快娯楽活劇なのであろう!」

なんて思って観に来る人は流石に居ないと思いますが、それを

差し引いても大賢人ゲドが戦うどころかほとんど活躍しません!

(^^ゞ これってタイトル変ぢゃないか?

例によって原作は読んでないのですが、情報によれば『ゲド戦記』

は数章からなる作品で、今回の映画化された基の話しは特に

ゲドが活躍しないお話しらしい。 まぁ、それは解かるけど・・・

でも「全話アニメ化する!」って事ならまだしも、この1作だけで

抜粋して、タイトルに『ゲド戦記』を名づけるのは詐欺に近い

思うがどうか?(笑)

とまぁ、最初に軽く噛みついてみましたが・・・ぢつはけっこう嫌い

ではないお話しで、世間で言われてるほど酷い出来ってもので

はなかった気がします♪(^-^)b

まぁストーリー的には多少のご都合主義も必要だし、「そういや

あれはどうなったの?」って部分も多々ありますが、魔法や剣を

使ったファンタジー映画としては、ちょっと前に公開された珍作

『ブレイブストーリー』よりは評価してあげたい出来と言えましょう。

動きのあるシーンは正直言って「これ!」って所は無くて、目新し

い部分もありませんが、そこはジブリの看板を背負ってるだけ

あって小細工と小道具、そして背景(特に建造物)の

描写を注意して観てるとかなり楽しめる作品となっております。

何気ないシーンだけど、前半にハイタカ(ゲド)とアレンが会話

するシーンがあります。 TVアニメなら止め絵で口だけ動かして

おけばいいシーンですが、この映画ではアングルにえらく拘った

ばかりか、風を吹かして髪やマントを軽くなびかせる演出が入り

ました。 これこれ! 悪く言えば自己満足なんだろうけど、お金

をかけた“アニメ映画”という意味ならこういうさりげ

ない演出で心理描写を描くのも何気に大切ですよ!(^-^)b

こういう形の無い“風”や“匂い”や“重さ”なんか描かせるとジブリ

の作品ってピカイチなんですよね~♪

今回の背景となる街の描写もなかなかありそうで無かったタイプ

でいい感じ。 詳しい説明は無かったけど「その昔は繁栄したで

あろう大きな神殿や宮殿がすっかり崩れ落ち、その廃墟を使って

今度は庶民的な街が造られてる」って雰囲気。 しかし、表向き

は活気があるものの、街のトーンは主にグレーや茶色のかかった

中間色で全てが描かれており、決して前向きで明るい雰囲気では

ないのが目からも感じ取れる様に描かれてます。 これが映画の

雰囲気を上手く表してますね。

『ユナイテッド93』『日本沈没』に続き、今回も「生きるとは?」が

大きなテーマとして扱われています。 日々を過ごす事にばかり

夢中になって、ふと立ち止まっては「自分はこれからどうしたら

いいんだろう?」「自分が生まれてきた意味は?」と考える・・・。

でも、その答えは案外と普段の日々の生活にこそあるのかも

しれません。 人間はそんな事の繰り返し。 でも、きっとそれが

“成長する”ことの1つなんだと信じたいです。

この映画「面白かったね」「つまらなかった」で終わってもいいと

思います。 表向きは娯楽映画なんだから間違ってないです。

でも、扱ってるテーマはきっと今の日本や世界でも通用する、

「考えなくちゃいけない事」を扱ってる気がします。

どちらを選ぶかは・・・その人のお好みでどぞ♪(⌒▽⌒)/

| | コメント (2) | トラックバック (2)

夏も終わりなので・・・

日中はともかく、最近の朝晩は涼しくなってきましたね~。

ジワジワと秋の気配が忍び寄・・・否、近づいてきてるのであり

ましょう。(^-^)b 暑いの大嫌いなオイラなんで、これからの

季節はぢつに待ち遠しい!

そんなウキウキ気分(死語か?)で出掛けてまいりました♪

池袋で開催された『ウルトラマンフェスティバル

2006』です。 9/3(日)で終了したので、ネタバレも

ありで後日レポ書きます! 乞うご後期待☆ヾ(@^▽^@)ノ

んでせっかく池袋に行ったんで、お気にぃのナンジャタウンへ♪

流石に夏休みも終わったんで人は減ったかと思うんですが・・・

通路やお店を増やした分、座席が減ったんで座ってゆっくり食う

場所を見つけるのにちょっと苦戦。( ̄- ̄; これはいただけない!

「座る場所が無いからここで買うのやめよう」って思っちゃうのって

本末転倒では? そんなわけで今回はケーキやシュークリーム類

は泣く泣くスルーすることに。(T-T)

しかし、ナンジャに来て餃子を食わないのは、TDLに行って

ミッキーに会わない様なもの! これだけは譲れん!( `Д´ )

どの餃子も捨て難いのですが、オイラが特にお気にぃなのが

華興さんの“華興餃子”です♪ 外はモチモチ!中は

ジューシー! 生まれてこのかた、実家の食卓で出る餃子

より「美味い」と思った餃子にまだ出会ってませんが、この餃子は

数少ないオイラが納得する餃子だったりします。(* ̄▽ ̄*) 

ナンジャを出た後、友達に連れられて・・・噂の執事喫茶

を初体験してまいりました。ヾ(@^▽^@)ノ う~む、予想してた

よりも若い執事さん達が多いのね。(笑)

ただでさえこの手のお店は女性の固定客が多いのに、オイラ達

みたいなオタ丸出しなムサい野郎達はかなり異質だった

はずですが、優しくユーモアも交えて接客してくれる執事さん達に

けっこう感心してしまいました。(^^ゞ ただ、ちょっとこの上品な

雰囲気に馴染めず、ガラにもなく緊張してしまったので正直言って

「楽しめた」って感じではありませんでしたが・・・まぁ、何事も経験

ってことでOKでしょう!(笑)

それにしても、紅茶って比べるとこんなに香りが違うのかって事を

教えてもらっただけでもかなり有意義な時間だったと思いますね。

ちなみに執事喫茶の待ち時間の間、隣の女性向け同人誌

のお店をのぞいてました。(^^ゞ 誰とは言いませんが、最近は

この手の本や話しも抵抗がない様にすっかり教育されてしまっ

たオイラです。 けっこう表紙見てるだけでも(笑えて)愉快♪

(もちろん実践はしませんよ。 オイラは本来ノーマルです!)

執事喫茶を出た後は「久々にいつものメンバーが揃った!」って

ことでパセラでアニカラ!ヾ(@^▽^@)ノ 今回も楽しかったです☆

オタソングとオタな話題でめいっぱいストレス発散させてもらった

よ~ん。 うむ、そのうちまたみんなで集まって遊びに行くとしま

しょうね~♪

そんなこんなで、この土曜日は波乱に満ちた愉快な一日を過ご

せたので、ちと日記風なレポを書いてみました~☆(⌒▽⌒)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »