« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月の14件の記事

日本沈没(’06)

「富士山の大噴火とともに、

  日本は一気呵成に沈んでいくんだ!」

これこれ! なんつっても、トヨエツのこのセリフを映画館で

聞きたかったのよ~。(* ̄▽ ̄*)

73年版『日本沈没』はほとんど観たことがないのと、原作も

読んだことがないオイラ。 唯一、ドラマ版だけはうろ覚えに

五木ひろしが主題歌を歌ってて、兄キがケルマディック

オイラがわだつみのプラモを買って遊んだ記憶がかすか

にあるくらい。(^^ゞ

そんなわけで特に比較対照が無いまま映画館へGO!GO!

どうやらコンセプトは怪獣の出ない怪獣映画

って事らしい。 現在の科学力と経済力・政治力、そして現在の

日本を舞台に「はい!1年後には日本は

沈没しちゃいま~っす♪ あなたなら

どうする? ん?」ってのを大胆にシュミレートした際

「こんな感じなんぢゃないかな~?」ってお手本の幾つ

かがここで提示されています。 生まれ育った国を見捨てて

新しい大地で新しい生活をおくるもよし、また逆に留まって

「最後まで諦めない!」と頑張るのもよし、それともあっさり

諦めて普段どおりの生活を守るのもまたひとつの手かもしれ

ません。

人物が多いせいか各キャラクターの描きこみがけっこうアッサリ

してるのが逆によくて、それぞれを客観的に見守ることができる

のは、この手の映画としては悪くない手法だと思います。

(べつに「ドラマパートが薄っぺらい」って意味ではない)

後半戦の大プロジェクトによる人間側の反撃も「実現可能か?」

はまた別として、けっこう素直に「成功して~!!!」って思える

のも、ぢつはあんまし個人個人に思い入れが無いから素直に

応援してあげたくなる・・・って変に納得してみたり。(^^ゞ

映像はじつに好みのいい画が惜しみなく見せてもらえて満足

にょ!(* ̄▽ ̄*) だぁ~って、陸・海・空・・・なかなか実際に

はお目にかかれない様な凄い乗り物が「これでもかっ!」って

くらい大活躍するんだもん♪ ヘリに輸送機にホバークラフトに

バイクに特殊作業船に潜水艦! のりもの王国

ブーブーカンカンですよ!(違います)

特に輸送用ヘリが色々な角度からいっぱい観れるのがよい!

ツインローターのヘリ、好き!(* ̄▽ ̄*) 

どれも捨てがたいシーンばかりだけど、選ぶのならやっぱ後半

の草彅くんとコウちゃんの最後のお別れシーンでありましょう。

コウちゃんがバイクで手前に走ってきて、後ろでは草彅くんを

乗せたヘリが飛び立って方向を変えるまでのシーン。 なんとも

絵になるこのシーンを1カットで撮ったセンスに拍手!ヾ(@^▽^@)ノ

バイクとヘリが

    同じ構図に収まってるってのが最高!

・・・えっ?人物? 人物なぞどうでもよかとです。(笑)

日本の大地がジワジワと海に没するのを衛星目線で見せるの

も背筋が凍る思いだったけど、普段見慣れた街並みが無残に

崩壊してしまっている図をバシバシ見せられるのも寒気がする

ほど怖かった。 これはやはり映画館の大スクリーンで観てこそ

意味がある映画といえましょう。 言っちゃなんですが、この映画

をTVのちんまい画面とショボいスピーカーで観ても、迫力は1割

も伝わりません。 当たり前です、そういう映画

なんだから。(笑)

とりあえず人物描写は抜きにして、スケールの大きい話しを凄い

映像と一緒に観たいって映画ファンなら、絶対に映画館で観て

おきたい一本なので・・・悩んでるあなた! 迷ってるなら

観ておきなさい☆(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花田少年史 幽霊と秘密のトンネル

平成版・あばれはっちゃくヾ(@^▽^@)ノ

・・・これが今回の映画の裏テーマです♪(嘘)

ドタバタで始まったかとおもいきや、ファンタジー? ホラー? 

いや、コメディーか??? 笑わせながらも泣かせることもちゃん

と心得てるし、懐かしい雰囲気でもありながら現代ならではの

問題も踏まえている。 子供の目を通しながら、実際に見てるの

はけっこう大人の世界だったり・・・。

なんだろう。 えらく欲張りに色々詰め込んだ映画ですね。 や、

なかなか面白くて最後まで飽きずに楽しめたんだけど・・・なん

かこう違和感を感じるのはなぜかな?( ̄- ̄;

あ、言い忘れてましたが、オイラは今回も当然ながら原作

読んでません。 だから原作との比較は

できませんのであしからず♪m(_ _)m

オイラの感想としては・・・TVドラマで撮った方がよかったんぢゃ

ないかな・・・って感じ。 「物語のスケールがどうこう」や「映像

がうんぬん」ではなく、ホントならもっと1つ1つを丁寧に描いて

欲しかったなと思うのです。 どの話しもすごくいいと思うし、

それぞれの話しが微妙に絡んでるのもわかるけど・・・これを

1本のストーリーとして描いちゃうにはあまりにも時間が短くて、

またもったいないと思うのです。( ̄- ̄; 

映画ならせめて、“聖子 編”、“壮太 編”、“大路郎&寿枝 編”

て感じにそれぞれ30分~40分くらいのオムニバスに分けて

くれたらもちっと整理して楽しめたかもね。 あまりに色々な

話しを詰め込みすぎて、それが全体をむしろ薄めちゃってる

のがマイナスポイント。

ガスター10! ・・・閑話休題。

役者さん達がみんな活き活きと演じてるのはいいね♪

何気にオールスターキャストだけど、やっぱり主役の一路役

の須賀健太くんが最初から最後まで元気に演じきったのが

評価高いと思うです。(^-^)b ワルガキではあるけど、でも

なんか憎めないキャラを堂々と演じてます。

でも・・・やっぱ最後には壊しちゃったギターの

エピソードを入れて欲しかったなぁ~。 声で

「ごめんなさい」って寿枝に謝ってもいいし、ツギハギでもいい

から直してあって置手紙がされててもいいし・・・ わずか10歳

でも、あれだけ両親の出会いを見てきたのなら、壊しちゃった

寿枝のギターに何の罪悪感も感じないってのはどうなのかな

~って思うのだ。

安藤希ちゃんが『さくや妖怪伝』のころのイメージとさほど変わら

ないってのはどういうことだ?∑( ̄▽ ̄; つか、20代

でセーラー服が似合うのってどうよ!

それはかなり反則技と言えましょう。 ・・・でもOK!(* ̄▽ ̄*)v

この学校のロケ地、いい場所見つけたものです♪ 学校の

向かいに海を見下ろせて、後ろは低めな山、横は懐かしい

雰囲気の民家が・・・ どうやらここはCG合成ではなく、実際

に存在してる場所らしい。 この映画の雰囲気に合ってて

特に印象的だったのがこの学校の全景でした。

さて今回のオイラ、安藤希ちゃんでも、篠原涼子でも、中島

ひろ子さんでもなく・・・もちろん鬼頭歌乃ちゃんやもたいまさこ

さんでもなく・・・ クールだけどぢつは家族思いの徳子姉さん

こと、大平奈津美ちゃんに萌え萌えでした。(* ̄▽ ̄*) 理由

はもちろん・・・ 眼鏡っ娘だからさっ!!!

なんかもう、彼女を見たいためだけにDVD買いそうで自分が

怖い!(^^ゞ そんな自分に一番フガフガでした。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (6)

つぶやいてみる♪

『ユナイテッド93』の方では真面目モードですね。(^^ゞ こういう

ことを考えるのもまぎれもないオイラの1つの姿ではありますが、

このブログは“まじめにふまじめ”が本来のテーマ

なので・・・ バランスをとる為に、今回は肩の力を抜いたお話し

をしたいなと。(^-^)b そんなわけで最近思ったことを色々と♪

**************************

つい先日のネットのニュースで「太陽系の惑星が9→12

増えるかも!」なんて楽しげな話題を見たばかりですが、

どうもこれに反発する人も多かった様で、場合によっては

「冥王星が太陽系の惑星の定義から外れる」って

可能性も高くなってきたそうな。 まぁ、確かに冥王星が惑星の

定義から外れたところで、タバコや米の価格が上がるでもなし

・・・生活に支障はないと思いますが、なんか淋しいですよね。

『宇宙戦艦ヤマト』の反射衛星砲のエピソード

とか、イメージ変わっちゃうもん。(笑)

**************************

友達と池袋のウルトラマンフェスに行く話しがまとまって、来月

の頭に行くことに♪(* ̄▽ ̄*) 子供達に混じってメビウスに

声援送ってこようかと!(笑) ・・・って話しが決まった翌日に

会社で思いがけないプレゼントをいただきました。 封筒の中

はなんとウルトラマンフェスの招待チケットの束ですよ☆

をを~! これってやっぱりオイラの普段の

行いがいいからでしょうか!ヾ(@^▽^@)ノ っつか、

これって毎日通ってもチケット余るんですけどぉ~。(^^ゞ

せっかくなんで、ウルトラマンや特撮にあまり興味のない友人

にも声かけて、いい大人が連れ立ってゾロゾロ行ってみるのも

楽しいか・・・と計画しとります。(^-^)

**************************

以前にこのブログに書いたものに「まとめ買いしたタバコ」

「キレンジャーカレー」があります。 どちらもまだ今だに

在庫が残っている状態。 まぁ、タバコは一日一箱としてるので

予定どおりの消化ですが、問題はキレンジャーカレーの方。

味がちょっとオイラの口に合わなかった様で・・・。(^^ゞ 辛い

カレーが好きなオイラにはもの足りなかったかな。 まぁ、

レトルトパックなんだし、あわてて食う必要も無いし、なんだ

かんだと言いながら来月には完食してることでありましょう♪

**************************

先日、上司とタバコ休憩してた時に「最近、でっかい

入道雲って見かけないね~」なんて話しをしました。

言われてみればここ数年「おわ!でかっ!∑( ̄▽ ̄;」

って思うほどの入道雲なんて見た記憶が無い。 まぁ、土地柄

もあるんでしょうが、子供のころはこの時期の入道雲を見上げ

ては、ジワジワ動くの見てワクワクしたもんです。(^-^)

あのころ見た入道雲はホント怖いくらい雄大だった気がします。

や、実際は今も変わらずモクモクしてるのかも知れないけど、

オイラがあまり空を見上げる事がなくなっただけなのかもしれ

ませんね。 子供のころは入道雲やヒコーキ雲、北斗七星や

カシオペア座を見てるだけでなぜかワクワクした。 あんな

純粋で新鮮な気持ち・・・ 大人になった今はどっかいっちゃ

った気がして、ちょっと淋しい気がします☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ユナイテッド93

史実を基に製作された映画は数多く、特に悲劇的な事件を描

いた映画は心に残るものものが多いことでしょう。

ただ、その多くはどこか遠くにある、あくまで“悲劇”として描い

たドラマであり、「感動した!」「泣けた!」とどこか自分を客観

的に置いて鑑賞するものがほとんどです。 その大きな理由の

1つが「その時代に自分はまだ居なかった」という事。

だからタイタニックや戦艦大和が沈むのも、零戦が散っていく

のも、武将や兵士が志半ばに倒れるのも・・・どんなに感情移入

できたとしても客観的な部分を残しているから余裕があり救い

もある。

ところが今回のこの映画、わずか5年前の出来事ですよ!

確かに自分は現地にこそ居なかったけど、朝のニュースで見た

あのショッキングな映像が今でも忘れられないほど鮮明に覚え

ています。 そう、この映画はわずかに5年前、言い替えれば

今現在の日常を描いてる! それがこの映画です。

観て、辛い映画・・・ こんなに映画を観続けるの辛かったのは

恐らく初めてです。 映画がつまらないとか、出来が悪いとかで

はなく・・・こういう事件がつい最近実際に起きていた事を知る

事、それを直視する事がなにより辛かったです。

実際はどうだったかはわかりませんが、恐らくこの映画の冒頭

にもある様に、空港のロビーで犯人達は周りで乗客達が何気な

い日常を送ってる姿も見ていたことでしょう。 愛する家族や恋人

や友人達に携帯で「もうすぐ帰る」「愛してるよ」と話してるのが

嫌でも目に入ったことでしょう。 そんなのを見て「おし!予定

どおりハイジャックして、飛行機落とすぞ!」なんてマトモな人間

が思えるのだろうか? 戦争や宗教って、そこまで人間を狂わ

せてしまうものなのでしょうか? 自分だけでは飽き足らず、見知

らぬ大勢の小さな幸せをも犠牲にしてまで行わなければ得られ

ないものって・・・いったいなんなんでしょうか?

映画が終わってもしばらく座席から動けませんでした。 怒りとも

悲しみとも憎しみとも違う・・・「辛い」って言葉しか出ません。

決していい思いする映画ではありませんが、この映画を撮りあげ

たスタッフ、事件を“再現”した俳優さん、協力した遺族の皆さん

・・・ この事件を映画という形で残したそのメッセージは、きっと

多くの人達に伝わったことと思います。

世界はこれからどこへ向かっていくのでしょう? 世界規模で、

この世に生まれてきた事と、これからすべき事を立ち止まって

考えねばならない・・・今はそんな選択の時代を迎えてるので

はないでしょうか。

今回の映画は人としての意味を色々と考えさせられる、“観て

おかなければならない映画”の一本と考えます。

(今回の記事は思う事が多々ある為、コメントを受け付けない

設定にしています。ご了承ください。)

| | トラックバック (11)

スーパーアニソン魂2006“夏の陣”

いよいよ今年のAJF東京公演も最終日! 今までの思い出が

走馬灯の様に・・・って3日だけですが。(笑)

ラストをドドンと飾るはもちろん『スーパーアニソン魂』

です。ヾ(@^▽^@)ノ 「アニソンをロボットやヒーローだけでくくっ

ちゃうのはもったいない!」との発想で始まったこのライブ。

アニキやミッチをはじめ、アニソンシンガーの皆さんが目指してる

のは案外こういうノンジャンルなライブなのではないだろうか。

出演は・・・水木一郎さん、堀江美都子さん、影山ヒロノブさんを

筆頭に、米倉千尋さん、石田耀子さん、五条真由美さん、桃井

はるこちゃん・・・昨日とはうって変わって女性陣が充実して華やか

です。(笑) 加えて、スパアニでもすっかりお馴染みとなった大物

山本正之さんと、スパアニでは初登場の森口博子さん(!)が

参加し、更にゲストに水島裕さんが現れる大盤振る舞い!

まさに新旧ジャンル問わず! 「燃え!」も「萌え~」も入り乱れ

アニソンライブの幕の内弁当って感じでした☆

1曲目がアニキのキャプテンハーロックだ! オイラにとって

名曲中の名曲です。 ライブでは静かな歌以外はなるべく手拍子

をする主義のオイラが、唯一“聴く”ことに徹する曲。 この一曲

だけでもこのライブに来た甲斐があったってもんです。(* ̄▽ ̄*)

アニキは『豪石!超神ネイガー~見だがおめだぢ』

も披露♪ なんと“秋田だけのヒーロー”であるネイガーが応援

に駆けつけてくれました!ヾ(@^▽^@)ノ カッチョええ~!

ミッチは今回は普段あまり歌わない曲を選んだそうな。 チックル

にマコにアクビ娘にペペロにサブマリンスーパー99・・・む、なんと

オイラの好みの選択であろう! これにミスター・ドリラーの曲

が入ってたら狂喜乱舞していたに違いない! 危なかった。(^^ゞ

毎年思うのだけど、ギター1本であそこまで会場を盛り上げちゃう

山本さんって凄いと思う。(* ̄▽ ̄*) そんな山本さんはオケでは

故・富山敬さんと、そして先日亡くなられた鈴置洋孝さんのお二人

を偲んで逆転イッパツマンに3番の歌詞を追加して歌って

くれました。 恐らくこのAJFだけの特別ヴァージョン! なんて

彼らしいニクイ演出でありましょうか。(T-T)

萌え系の曲はあんまし知らないオイラですが、ファンの人達が

楽しそうにジャンプしてるの、よいね♪ こういうのもまたライブ

ならではの楽しみなのでしょう。 ちょっとうらやましかったり・・・。

五条さんのプリキュアが物凄い盛り上がりでビックリ!( ̄▽ ̄;

けっこうみんな観てるのね~♪ 合いの手入れるのホント楽し

かったッス!

水島裕さんはアニメ版ではなく昔の特撮版レインボーマン

すでに歌ってた事を知ってビックリ! これは勉強不足でした。

「ガイア~~~ッ!!!」が聞けたのは嬉しいけど・・・

やっぱ特撮ファンとしては『ヤマトタケシのうた』を歌って

欲しかったなぁ~。(笑)

森口さんは歌が上手! 一曲一曲を丁寧に歌ってるの感じ

とれるのが素晴らしい! それになにより・・・可愛い!!!

もう、大好き!(* ̄▽ ̄*)キャ-

影山さんは3日連投に加えて、前の晩にはオールナイトで

ライブやっててほとんど寝てないはずなのに・・・元気だ!(笑)

「永遠のやんちゃ坊主」な彼は歌うのがホント楽しそう!

JAMやアコギの彼もいいけど、できたらそろそろパワーライブ

も久々に観てみたいと思うのです。(けっこう熱望)

そして、忘れちゃいけない! 3日間、司会進行で会場を盛り上

げてくれたショッカーO野さん、お疲れ様でした。m(_ _)m

彼の元気な声を聞くとやっぱりテンション上がってきます。

司会なのに・・・2階席でアンコール振ってるあたりが彼らしくて

イカす!(笑)

何気に米倉さんの曲が気に入ったんで、帰りにベスト版を買って

帰りました♪ 『WILL』が特にお気にぃ。 これでいつでも聴く

ことができますよ☆ ・・・って帰って袋開けたら、サイン色紙が

入ってました!∑( ̄▽ ̄; うぉ、ファンになっちゃうぢゃん!

(すでになってますってば)

そんなこんなで今年もオイラの熱い3日間が終わりました。

ありきたりの言葉だけど・・・ホント、楽しかったぁ~!(* ̄▽ ̄*)

ここんとこマンネリの声も聞くけど、誰かが「毎年続けるっ

て事が凄い」って言ってて、オイラその言葉に共感しまし

た。 そうだねぇ・・・10年、20年後も、やっぱりアニキやミッチ達

がこのライブで歌ってて、その会場にオイラもやっぱり来てて・・・

なんての、けっこういいなと思うのです。(^-^)b

とりあえず・・・来年も行くぜ~!ヾ(@^▽^@)ノ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

スーパーヒーロー魂2006“夏の陣”

AJFの2日目は、特撮ヒーローソングに焦点を絞った

『スーパーヒーロー魂』のライブが行われました♪

今回の相棒はもちろん、このブログでもすっかりお馴染みである

特撮ヒーロー大好き・こやま氏! 昨年に引き続き参戦です☆

ライブの始まるころは雨と雷が吹き荒れてました。

流石はスパヒロ・・・嵐を呼ぶぜ!燃え!ヾ(@^▽^@)ノ

特撮ヒーローと言えばもちろん串田アキラさん、Mojoさん

宮内タカユキさんが御三家ですが、今回はささきいさおさん

が真っ先に出演者に載っている! これはもう「タダで済む様な

ライブではない!」って気がしてきます。p(^-^)q

そして影山ヒロノブさん、遠藤正明くん、きただにひろしくんら

マンガトリオはもちろんのこと、今回はNoBさん、岩崎貴文さん、

サイキックラバーのお二人も参戦して、じつに男臭がプンプン

漂うような暑苦しい・・・否、熱い熱い熱~いライブとなり

ました。(^^ゞ や、マジで!(笑)

ついに歌が聴けましたよ! 生リュウケンドーだぁ!!!

こやま氏もオイラも、多分今回のライブで一番ボルテージが上がっ

たのがここ!ヾ(@^▽^@)ノ 更に生デカレンジャー

続いたおかげで2人とも血管切れそうなほどヒートアップしてしまい

ました。(^^ゞ もう凄かったです! あの、とてもぢゃないけど・・・

文章にできません。(笑)

なんかもう最初っから最後まで大好きなヒーロー達が頭の中回っ

身体じゅうから体液吹き出しまくってしまいそう

な・・・そんなヤバいライブでした。燃え!(* ̄▽ ̄*)/

いさおさん、なんとこのライブの後にNHKの生出演が予定され

てたそうですが間に合ったのだろうか?(^^ゞ それにしても彼の

歌声は昔とほとんど変わらない魅力的な声でしたよ♪ やっぱ

『ジャッカー電撃隊』は彼にしか歌えない! 最高でした☆

・・・そしてこの続きは、秋のスーパー戦隊魂2006

とへ繋がります♪ それはもう今から楽しみよぉぉぉ~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION LIVE

毎年春に行われる“スーパーロボット魂LIVE”とはまた

志向を変え、今回はゲーム『スーパーロボット大戦』より生まれ

た純粋にオリジナルソングのみを集めたライブ。

オイラはぢつはゲーム自体は1度もプレイしたことはありませんが、

今回一緒に参加した悪友デビデビ(仮)氏のお陰で歌だけは何気

に知ってるという・・・ まぁ、いつものパターンです。(^^ゞ

出演は・・・水木一郎さん、堀江美都子さん、影山ヒロノブさん、

MIQさん 4人の旗揚げメンバーが初心に戻って登場。 そして

福山芳樹さん、遠藤正明くん、きただにひろしくんの3人が

Men’s JAM Projectとして参加。 更に、普段はコーラス担当

アップル・パイも今回はボーカルとしても参加しました。

正直・・・ メンバー数は普段のライブに比べたら控え目ですね。

しかし、その分それぞれの見せ場が多いので古くからのファン

には嬉しくもあります。(^-^)

普段のライブではほとんど歌われない曲が多かったんで、歌う前

はみなさんちと緊張気味だけど、歌ったあとはすごくいい顔して

ましたよ。 なんか内輪だけの飲み会みたいな雰囲気

で、たまにはこういうのもいいんぢゃないかな♪

知らない曲や新曲もあったけど、どれも名曲だぁ~。(* ̄▽ ̄*)

アップルの名曲『ACE ATTACKER』と、アニキの『我ニ敵ナシ』

と『熱き血が勇気に』を歌ってもらえたのが嬉しいね☆

うむ、どんどん新しいメンバーが参加してくれて大きくなるのも

「進化」なんだろうけど、今回みたいなお馴染みメンバーだけ

でまたちょっと変わった事やるのも「進化」の1つなんじゃない

かと思います。 予想以上に楽しめたライブでした☆

初日にして早くも振り上げてた腕や肩が・・・。(^^ゞ 

でも、まだAJFは始まったばかり! 「明日もくっかんね!」と

会場を後にしたガンヘッド♪でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AJF アニメ・ジャパン・フェス2006

今年も行ってきましたぞ、AJF-東京公演!ヾ(@^▽^@)ノ

オイラの夏はここに集約されてると言っても過言ではないくらい

年に1度の大きなアニソン系ライブイベントです♪ キャッホ~!

今年は(も?)3つのライブに参加してきました。(^-^)b

 スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION

 スーパーヒーロー魂2006/夏の陣

 スーパーアニソン魂2006/夏の陣

いや~・・・ もうお腹いっぱいですよ。(* ̄▽ ̄*)

正直言って今年は書ききれないくらい感動が大きかった!

それでも書かねば、この感動が伝わらないのだ!燃え!(笑)

3日間、お台場に通うのは正直しんどかったけど、それを差し引い

てもあり余るほどいいライブだったので、今年も充実です!

AJFはこの後も大阪や福岡でも行われるそうなんで、あんまし

中身は言ってはいけないであろうから・・・そこら辺はちと自分を

ダマしダマし書き記そうと思います☆

ちなみに・・・期間が一緒で場所が近いおかげで、今や全国的に

有名になった同人誌系のイベントの方だと思って話しを振ってく

る人が何気に多いのですが・・・オイラが行ってる

はそっちぢゃないっす! 同人誌とか

売ってないイベントです。(苦笑)

まぁ、こういうのに興味ない人からすれば「どっちも同じ」って

言われちゃうんでしょうけどねぇ~。┐( ̄- ̄)┌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

劇場版 仮面ライダーカブト/GOD SPEED LOVE

「おみぇ~に食わしぇるサバはねえっ!」 ・・・ってことで

ボウケンジャーに続き、今度は仮面ライダーカブトのレポです♪

タイトルもズバリ劇場版 仮面ライダーカブト/

GOD SPEED LOVEですよ!ヾ(@^▽^@)ノキャー

ボウケンジャーの方でも書きましたが・・・これかなりいい☆

平成版のライダーの劇場版は「アギトが最高!龍騎、大好き!

・・・あとは、惰性かな。( ̄- ̄;」って感じでしたが、今回は久々

にハートに響く劇場版が登場した思いです♪

まず、この映画の注意点ですが・・・「毎週、カブト観るの楽しみ」

ってカブトファンの人達が観るための映画

ので、「話題になってるから映画だけでも・・・」なんて一見さんは

もちろん、「たまに観る」程度の人でもかなりキツいと言えましょう。

「観ようかな~?」なんて迷ってる人は、他にも夏休み向けの映画

が色々公開されてるんで他をあたってください。 だってこの映画

「うぉぉ~!待ってたぜ~!燃えっ!!!」

ってファンの為の映画なんだから当然♪(* ̄▽ ̄*)

60分程度の映画なのに人がわらわら登場して、それがまた

ポンポン変身したり、敵に寝返ったり、はたまたプロポーズ(!)

しちゃったりと大忙し! 加えてTV版の出演者のほとんどが

TV版のキャラを踏まえた上で微妙に設定が違って

たりする(当然ながら説明なぞありません)んで、かなり複雑

な作品となっております。(^-^)b

観始めて最初の方では「ああ、今年も例年同様、

パラレルの設定かぁ~┐( ̄- ̄)┌ 」なんて

思うわけですが、ぢつは・・・ おっと!これ以上は言えません!

気になる人はぜし劇場で確認ください♪

うぉぉ~! ホントはもっと色々書きたいのだ!ヾ( `Д´ )ノ 書き

たいけど・・・これから観に行く人がもしここ見ちゃったら楽しみ

半減しちゃうネタバレばかりなんで書けないのだ! 残念!!!

そんなわけで、ここでは見所を幾つかご紹介しましょう♪(^-^)b

まず、なんつっても今回の見所は天道総司/仮面ライダーカブト

の活躍につきるでしょう。 もう、なんちゅうか最初っから最後まで

天道オンステ-ジが繰り広げられてます。(笑)

TVでお馴染みのあのセリフやポーズが大スクリーンに炸裂する!

ファンならこんなチャンス逃したら一生後悔しますよ☆

そして天道はこの映画では、TVでは見せなかった表情も披露

してくれます! 彼の演技がうんぬんは正直言ってどうでもいい。

オイラは「あの天道が!∑( ̄▽ ̄;」って事に

無茶苦茶嬉しくて同時に感動すらしてしまいました。 そうなんだ、

オイラが見たかったのは彼のこういう人間らしさなんだよ。

この天道を知るか知らないかだけでも、今後のTV放送分を観る

目がかなり違ってくると思います。 少なくともオイラは天道のこと

今までの何倍も好きになったよ♪ヾ(@^▽^@)ノ

そして今回の映画、ちゃんとバイクが活躍してるのがいい!

だって仮面ライダーなんだもん、やっぱバイクアクションが

なくちゃだわ。(^-^)v オイラのお気にぃのガタックエクステンダー

こそ出番は無かったけど、今回はカブトエクステンダーが走って

飛んで大気圏突入まで見せちゃう大活躍! それはもう

「む! ZECTのバイクは化け物か?」 

赤い彗星も驚くほどです。(笑) さすがは劇場版! いい

見せ場をつくってくれたものです♪

ちょっと誉め過ぎたんで、では今度は「これはちょっと・・・」って

とこもつついておきましょうね。(^^ゞ

まずライダーが多過ぎ!TV版のメンバーが揃うのは

ありだろうけど、映画だけの新ライダーは3人も要らないです。

とりあえず、ラスボスとしてコーカサスは見た目にも映えるんで

OKとして・・・ まぁ、100歩譲ってヘラクスもありとしても・・・

やっぱりケタロスの存在に意味が無い気がする。( ̄- ̄;

せっかくいい男達がいっぱい揃って、TVとは違った衣装や立場

で登場してんのに、あんましホイホイ「変身っ!」ってなっちゃう

んで、観てる方が切り替え大変よ。(^^ゞ それもライダーが複数

でくんずほぐれつしちゃうんで誰がどういういきさつで何してん

だか・・オヂサンは映像とお話しを整理するのに

苦労まくりでしたよ。(笑)

まぁ、多少の矛盾点や「あれは?」って所もありますが、わずか

60分の中でこのスケールの大きいお話しをかなり頑張って

まとめたものだと思います♪ 音楽も合っててよかったよ☆

まさか吉川晃司の曲がこの映画のラストでこんなにしっくりくる

とは思いませんでした。 ごめんなさい!m(_ _)m

う~む、長々と書いてしまいましたが・・・ホントはもっと色々と

書きてぇ~のだぁ!!!(T△T) 

「天道の妹の出番が無茶苦茶少ない!」

とかね。(笑) まぁ、それはDVD化(当然ディレクターズカット版

も出るであろう・・・や、マジで熱望!)された時のためにとっておく

とします。 そん時はぜしここでおもっきし語りたいと思います☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

轟轟戦隊ボウケンジャー THE MOVIE/最強のプレシャス

今年も観てまいりました! 劇場版東映ヒーローフェア~♪

先に言っちゃいますが、今回はぢつによい! それも2本とも☆

とりあえず、ファンなら絶対に劇場の大スクリーンで観ておく必要

ありと言っておきましょう。ヾ(@^▽^@)ノ

そんなわけで、まずはボウケンジャーの方からレビューを♪

轟轟戦隊ボウケンジャー/最強のプレシャス 

意外に面白かったことにビックリ! 明石パパ、ミューズ、ハイド

・ジーンらゲストキャラを出演させて、かつボウケンジャー6人に

ちゃんとそれぞれ見せ場もつくって、映画用のスペシャルロボ

も登場させて・・・これを30分でまとめちゃうんだから凄い!

まぁ、当然あちこちボロはありますが勢いとスピード

押し切るのが戦隊の特権なんでOKでありましょう。

TVではネガティブシンジケートの3組が一同に会する事はまだ

ないので、前半の見せ場はこの3組のカラフルな豪華

共演であろうと思います♪ ・・・まぁ欲を言えばお気にぃである

風のシズカの出番が少ないって事ですが、とりあえず出演したって

だけでもOKとしましょう!(笑)

今回はボウケンレッド/明石と明石パパの親子の衝突が話しを

進めていきます。 明石パパ、ちょっと役をつくり過ぎな感があり

ますが倉田保昭さんが楽しそうに熱演しております♪ ボウケン

ジャーって仲間がなあなあなんでを入れる人が居ないから、

ぜしTVの方にももう1度出演して引き締めて欲しいものです。

ミューズ役は星井七瀬ちゃんてんだ! 冗談抜きでキュートな子

ですね~。(* ̄▽ ̄*) もったいない! もっといい役どころで出て

くれたら出番も多かっただろうに・・・。 ヒジョ~にもったいない!

なんかボウケンシルバーって「俺様!」なのに下っ端扱いされ

てない? や、本人がいいのならそれでいいんですが・・・。(^^ゞ

でもオイラが気になるのはやっぱりさくら姉さん。(* ̄▽ ̄*)

う~む・・・末永遥ちゃん、TVの画面よりもスクリ-ンでアップで

映る方が見栄えがいいぞ!これぞ映画のマジック!

というよりも、彼女は映画向きの女優さんなんぢゃないかと思う

今日このごろ♪(根拠いっさい無し!)

・・・そうか、さくら姉さんは虫系が苦手と。φ(。。 ) あたふたする

さくら姉さんなんてTVでは今のとこお目にかかれてないから、

彼女のファンはぜし劇場でご確認ください♪ ・・・ちなみに彼女

の水着姿はありません。 そういった点ではイエロー/菜月

ファンに軍配が上がりますが。(何の軍配だか?)

戦隊はたたみ掛けるようなアクションがやっぱ上手いね~☆

飛んで跳ねて走って回って・・・ワイヤーワークと集団格闘シーン

はやっぱライダーやリュウケンドーでは出せない独特の味がある!

ライダーが決めポーズの“静”の美学なら、戦隊は人間の動きの

美しさを追求する“動”の美学の番組と思います。 最近はどうも

CGばかりが注目されてる特撮業界ですが、忘れちゃいけません

ヒーローの醍醐味は体を張ったアクション

にあることを!p(⌒▽⌒)q

「話しがつまらん」だの「コメディーだ」だのと、この番組には憎ま

れ口を叩いてるオイラですが、一番大事な部分はゴレンジャーから

30年経った今も忘れず受け継がれている・・・それがなにより嬉し

かった今回の劇場版です☆

あ、オイラの“最強のプレシャス”はそれだったのか!

・・・なぁ~んて、最後は上手くまとめたつもり!(笑)

思ったよりもボウケンジャーのレポが長くなってしまったので、

カブトのレビューは別に分けて改めて書きます♪

| | コメント (2) | トラックバック (2)

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

なにやら沈んでいく船の上に立ちながら表情ひとつ変えずに

現れたスパロウ船長・・・ 前作の初登場シーンがぢつに印象的

で「この映画、一癖ありそう」と思ったら、観終わった時にはもう

見事なくらいハマってしまいました。(^^ゞ

映画のサントラを買うなんて久々だったし、いい歳して友達と

スパロウ船長ごっこしたほど気に入ってたものです♪

そしてこの夏、ついに『パイレーツ・オブ・カリビアン』の続編

『同2/デッドマンズ・チェスト』が公開!ヾ(@^▽^@)ノ んで、

先ほど観てまいりましたよ~ん☆

さて、率直な感想ですが・・・ なんか「あれ?」って感じ。

映像的にはかなり見事だし、見せ場とお笑いとドキドキの

シーンもちゃんとメリハリあっていい感じだし、音楽もまた

よかったけど・・・ なんだろう? なんか前作ほどの感動

や興奮が無かった気がするんだよね~。( ̄- ̄;

その理由が、まず上映時間かな。 オイラは普段ならちと

セコく「同じ金額払うんなら、上映時間が長い方がお得!」

などと考えてますが、正直言ってこの内容で2時間半はちょと

長いですねぇ。 微妙なシーンは思い切ってカットして、2時間

くらいでまとめれば“ジェットコースタームービー”って感じに

なったのに・・・ ちょっと残念!

それとスパロウ船長、前作ほどのキレが無かったのは何?

いくら今回はヤバい奴が相手だからって、ちょっとオドオド

しすぎでないかい? 彼の持ち味は、例え断崖絶壁に立た

されてもハッタリと強がりで切り抜けて・・・逃げるチャンスを

ひたすら狙う!って図太さが魅力だったのに、今回はなんか

“中途半端にワルぶったいい人”なのが

ガッカリ。( ̄- ̄;

やっぱり今回は前回以上に「子供達も観る」って事を意識

し過ぎちゃったのかなぁ? 前作の毒気がかなり削がれて

しまった気がします。

アクションシーンや戦闘シーン、クラーケンやディビ・ジョーンズ

とその僕たちの表現見てると「やっぱ『ONE PIECE』

実写で映画にできね~かなぁ?」なんて気に

なってきますね。(^^ゞ リアルな魚人海賊団とか、萌えそう!

前作同様、エンドロールの後におまけの1シーンがあります♪

まぁ、見逃してもさほど惜しくはないでしょうが、途中で「そういえ

ば、あれってどうなったの?」って部分が蛇足で解かるので、

細かい事を気にする映画ファンなら最後まで座っておきましょう

ね。(^-^)b ・・・とはいえ、そういうカットを最後に準備してあるん

なら、もちっとエンドロ-ルにひと捻りしてお客を立たせない

工夫してもよかったんぢゃない? それと、ほぼ平行して続編

も製作してるんだから、文章だけでもいいから「来春、完結!」

とか告知してほしかったなぁ~。 本編もそうだけど、全体的に

不親切って感じのする映画って感じでした。( ̄- ̄;

なんかちょっとスッキリしない感じだったけど、完結編となる

来年春公開予定の3作目『At World End(仮題)』では

その分もおもっきし大暴れして欲しいと思います♪

そうそう! もちろんジョニー演じるスパロウ船長も、本当に

「帰ってきた!」って思う様なハッチャケぶりを期待

しておりますよ~ん☆(熱望!) 

| | コメント (2) | トラックバック (14)

最近観た番組なぞ・・・

今日はちょっと色合いを変えて、最近観たTV番組を幾つか。

怨み屋本舗・・・ 「ジャスミンは大好きだが、木下あゆ美は

特に・・・」とか他人には言ってるオイラですが、なんだかんだ

言っても観てしまう番組のひとつ。(^^ゞ 「面白い」という言葉

はちと語弊がありますが、けっこうこの番組好きです♪

今週はあの強烈なオタクちゃん(?)が顔見せ登場! 原作

読んでないんで彼がこれからどう関わるかは知りませんが、

見た目からは想像できない運動神経はタダならぬ気配が

ぷんぷんします! 活躍して欲しいなぁ~。(^-^)

なんと今回はデカイエロー/ジャスミンと仮面ライダーナイト

の豪華競演! 『バンパイアホスト』以来ほとんど見かけ

なかった蓮ちゃんですが、よかった・・・生きてて。(^^ゞ

ところで、ドッグフードって栄養はともかく、塩味控え目なんで

味は人間的にはイマイチ・・・なんて話しを以前聞いたこと

がありますが、どうなんでしょうねぇ?(笑)

ブログに挑戦してみよう! ・・・NHKにて放送されて

いましたが、最終回を迎えました。(T-T) なんと番組タイトル

“中高年のためのパソコン講座”とあります。(!)

でもオイラみたいなブログを始めたばかりの人間にはかなり

勉強になった番組です。(* ̄▽ ̄*)

まぁ、実際は“おしん”こと小林綾子ちゃん見たさにってのも

ちょっと・・・や、半分・・・え~8割くらいでしたけどね。(^^ゞ

この番組でブログの基礎を身につけ、『ブログの女王』

で応用を学ぶというオイラのブログライフは一区切りついた

というところです。

朝は楽しく!・・・ お気にぃのいとうあさこさんが出てました♪

(* ̄▽ ̄*) う~む相変わらず元気いっぱいだわ☆

これでは朝から萌えてしまうではないですか!!

ホントは最後まで観たいけど、会社へ行く時間なので泣く泣く

TVのスイッチを切るオイラ。(T-T) ・・・まぁ、ぢつは録画して

るんで帰ってからゆっくり観れるんですが、人間の気持ちと

いうのはそう簡単に切り替われるものではないのだ!

(まじめな事言ってる様でいて、実際はかなりいい加減なこと

言ってます)

・・・とまぁ、相変わらず好き勝手な事を書き殴ってます。(^^ゞ

まぁ、たまには息抜きってことで♪(* ̄▽ ̄*)ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーヒーロータイム その5

ゴウラム、キタ~!!!ヾ(@^▽^@)ノ

・・・いきなし間違ってますが、今週のカブトでつい口にしてしま

いました。(^^ゞ だって~、だって~、ガタックのバイクがまさか

あんなステキ変形するなんて思わなかったからぁ~!

見た目はクウガのゴウラムですが、使い方はどっちかっつ~

とアギトのトルネイダ-に近いのがまたファンを泣かす~!

ああ・・・すいません、今週でオイラ一気にガタックを今までの

20倍は好きになってしまいましたよ♪(* ̄▽ ̄*) ええ、それ

はもう乙女モードに突入してしまうほどにっ!(笑)

しかも今回のお話・・・どうよ? ムチャクチャ出来いいよ!

とても劇場版を同時進行で撮ってるとは思えないくらい皆さん

熱演してるぢゃん! 特に天道! なんか今までにないほど

感情あらわにしてたよ! おいおい、なんか・・・つい泣けちゃっ

たぢゃないかぁ!(T△T) どうしてくれんだよぉ~!

や、違うんです!これは・・・目からよだれが!(爆)

なんかファイズ以降の平成ライダ-はなんとなく惰性で観てた

感のあるオイラでしたが、カブトは久々にきちんと座って

観ておきたい番組って感じになってきましたよ☆

それと、今週はリュウケンドーの方も書いておこうかな♪(^-^)b

OPとEDが新しい曲に変わりました。

OPは、単にオイラが慣れてないからか・・・まだちょっと馴染んで

ません。( ̄- ̄; 前のダニーの曲がえらくお気にぃだったから

なのもあるけど、もちょっと熱さが物足りないのだ。 でもまぁ、

一ヶ月も経てば鼻歌を鼻づさんでいることでしょう♪(^^ゞ

ちょっと気になったのがリュウジンオーもバイク系に乗ってた

シーンがあったこと。 出るのか? 新しいケダモノが?(笑)

今回のお話しはけっこう面白いところに目をつけたものですね。

まぁ、この作戦がどれだけジャマンガの利益になったのかは

問いませんが・・・Drウォームの戦法はいつもちまちました作戦

なのが可愛くて好きよ☆ ぢつはけっこう一緒に飲みに

行ってみたいタイプ。(* ̄▽ ̄*)

今回は婦警コンビにスポットが当たった一本。 女の友情って

特撮番組ではけっこう使われるけど、こういうの爽やかでよい

ね♪ 可愛いッス!

そんな婦警コンビは小道具が冴えてて、駐禁棒(正式名称?)

武士沢ブレード(このネタが通じる人が日本にどれ

だけいるかな?)なのがイカす☆ しかもあれだけ大威張りで

ミニパト運転してるのに若葉マ-クを貼ってるのがまた粋だ!

けっこう江戸っ子ですね♪(違うと思う)

そしてEDは・・・これでいいのか??? ホントに?f( ̄- ̄;

でも、レディ・ゴ-ルドのキュートな背中も見れるし、なんてった

ってDrウォームがいっぱい出てるのが嬉しい!ヾ(@^▽^@)ノ

そして、ヒーローは子供達と記念撮影♪ いいねぇ! やっぱ

リュケンドーはいい! 型にハマってない自由さが楽しい☆

やっぱオイラも言いたくなるなぁ・・・ 大きくなったら

リュウケンドーになりたいですっ!(爆)

| | コメント (2) | トラックバック (2)

M:i:3

始まって、いきなり

  イ-サン・ハント絶体絶命です!!

なんということだ! この映画、冒頭から「おっとお客さ~ん、

最後までガッツリ楽しんでってもらいますよ~ん♪」って感じ

でヤバい雰囲気がばっふんばっふん放出されてますよ!

まずは掴みはオッケ~♪(笑) そうそう、映画ってのは時間

が限られてるんだからしょっぱなからお客のハ-トをふん捕ま

えて鎖でがんじがらめにしちゃうほど目を引くもの出さなきゃ

途中で帰っちゃうもんね。(^-^)b

んでその後はお馴染みのあの曲! 燃える!!!

今回はちょっと低音部分を強調したアレンジですね。 さっきの

緊迫感に繋がる感じでぢつにいい! もう鼻血出そう!

なんかもうこれだけでも映画代の元取ったくらい堪能している

オイラです。(* ̄▽ ̄*)

・・・でも、落ち着け、俺! まだ始まって、わずか

数分しかたってないぞ!(笑)

そっからはもう2時間ちょっと、ハラハラドキドキしっぱなし!

悔しい!悔しいけど・・・面白いぢゃないか、これ!

きっと映画館で観なかったら無茶苦茶

後悔したと思うよ!

それくらい映像も音楽もお話しも、オイラのツボを突きまくった

強烈な映画です。

今回は長年腐れ縁の悪友と観に行ったんですが、いつもなら

観終わったらその映画の荒探しやツッコミで盛り上がるのに、

2人して今回は絶賛しまくりでした。(^-^) こんな事って年に

1度あるかないかの珍事ですよ!(笑)

しかし・・・トム・クル-ズって頑張ってるなぁ~。(* ̄▽ ̄*)

顔はアップになるとずいぶん歳を感じてしまいますが、体力は

まだまだあるらしくて、飛んだり跳ねたり吹っ飛ばされたり・・・

そいでもって、走る! 走る! 走る!!!

派手なアクションも満載だったけど、何気に一番印象的だった

のが上海の川辺の通路を人を縫って全速力で走るロングカット

だったりします。 (゜-゜)(。_。)(゜-゜)(。_。)ウンウン 最近のアクション

映画はアップの短いショットを繋げて動きを誤魔化してるのが

バレバレなものも多かったけど、この映画は「痒いところ

に手が届く」様ないいアングルをいちいち押さえてて

ぢつに素晴らしい☆ これぞ職人の技と言えましょう♪

映画的なスタンスとしては、心理戦の充実した1作目と、ツッコミ

どころ満載の超絶アクション重視の2作目を、ちょうど混ぜた

感じかな♪ ぢつにバランス配分のいい出来です。

時期的に『パイレ-ツ・オブ・カリビアン2』に食われる感じで

ちょっともったいなかったけど、でも、アクション映画好きなら

絶対に映画館で観ておきたい一本です! オススメ!!!

これぞ大人のスパイ映画ですぜ、

               ダンナぁ~☆

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »